代々木ではたらく

これからの働き方を考える

最近の松屋事情、

おはようございます、よしけです。東京は昨日あたりから朝晩の気温が下がり、突然秋が始まった感があります。空が高く、爽やかで気持ちいいですね。お盆休みは終わりかけていますが、ギリギリこの土日は穏やかに過ごせるんじゃないでしょうか。どこかに行く人は平成最後の夏楽しんできてください。僕はこの急激な気温の変化に対応できず、喉が痛くなり少し咳が出るようになってしまいました。体も重い感じがしています。週明けまでには良くなるといいのですが、、。

 

朝早く起きたので、近所の松屋さんに朝定食を食べに行きました。しばらく店舗のリニューアルで店を閉めていたのですが、最近また営業を始めていました。新しい店舗はセルフ化が進んでいました。これも少子高齢化の流れの1つだなーと感じました。

松屋は食券タイプで、席に着く前にメニューを選び、食券を買う必要があります。食券を買った時点でオーダーが厨房に伝わります(前からそうでしたが)。声を発することなく、完了するシステムは僕は大好きです。初期の松屋は、朝定食のチケットを買った後に小鉢の選択を自らの肉声で店員さんに伝える必要があったと記憶しています。これがなかなか面倒でした。寝起き&滑舌の悪い僕は小鉢の選択すらうまく伝えられなかったのです。

そんなわけで、食券ボタンを押すとオーダーが通るので、番号で呼ばれるのを待ちます。このタイミングで以前であればお茶かお水が出てくるのですが、出てきません。セルフサービスで、取りに行きます。そして、以前はプラコップだったのですが、なんと紙コップに変更されていました。洗う手間や、管理の手間を省いていますね。でも、お水や、お茶、ホットか、コールドか、など自分の好きな飲み物を選ぶことができるようになりました。これはいいですね。以前だと冷たい水が出てきて、本当はあたたかいお茶がよかったなーと思うこともありましたからね。コミュニケーションコストもかなり下がりますよね。僕みたいな「水ではなくお茶が飲みたい超絶ヤベーヤツ」がきてしまった時のトラブル回避にもなります。うまく手間を省きつつ、お客さんに合わせた飲み物も出せるというかたちになりました。

お茶をスタンバイしていると、番号で呼ばれます。これが肉声でなく録音されたアナウンスです。そして厨房のカウンターにお客さんが取りに行きます。基本的に厨房から店員さんが出なくてもすむように設計されているので、お客さんとの接点が出来上がった料理を渡す瞬間しかありません。本当に至るところで省力化しています。いかに少人数で働けるか、いかに楽に働けるか、いかに不確定要素を排除できるか。できる限り自動化機械化しています。僕が行ったタイミングは朝でしたが、2人の店員さんがいました。でも、この仕組みなら確実に1人でできるでしょう。いや、人間の店員さんがいなくても十分回るところまで、見えたような気がしました。

 

今後、ファストフードはこの流れがガンガン加速していくことでしょう。日本の人口が減っていくに従い、お客さんが少なくなり、売り上げも落ちて行きます。でも、給料を下げるのは難しい。店員さんの数は少なく、より働きやすい環境にしていくことが今後どの業界でもより必要になるでしょう。新しいテクノロジーや様々な工夫が、取り入れられていくでしょう。便利な未来の社会。とても楽しみでもあり、ちょっと寂しくもあります。だって、食器がプラスチックとか、紙とかあまり嬉しくないですよね。椅子が固定されていたり、テーブルの調味料が固定されていたり、誰がつくった食べ物かわからない食事ってなんだか寂しいですよ。便利だけど、豊かではない。そういう世界のような気がします。

 

 

金が尽きるのが先か、マシなビジネスモデルにたどり着くのが先か、

こんにちはよしけです。東京は今日もいいお天気で暑いですね。お盆やすみ真っ最中ということで、皆様いかがおすしでしょうか?僕のお盆は、ゲーム映画読書ざんまいやー!と思っていたのですが、なかなかそんなわけにはいかず。会社的には「今週1週間は休み」という体裁にしてひっそりと仕事をしておるわけです。社員さんはお休みですが、僕はガンガンはたらくという感じです。社員みんなのスケジュールはGoogleカレンダーで共有され、僕がどれくらい働いているかみんなに知られてしまうので、お盆はカレンダーに記入せず空白勤務にしようかなとも思いました。社員さんに無駄にプレッシャーを感じて欲しくないからです。でも、事務所にいるのにカレンダーに記入しなかったり、へんな時間に働いていることを共有しないと、カレンダー共有の信頼性が落ち、変な疑念が生まれてしまいます。それに、なんでステルスで働かなければいけないのか、なんで僕が社員さんに気を使わなければならんの?って思い直し、カレンダーがっつり記入でお盆プレイを敢行しました。

お盆休みに一人で働くって、それってどうなの?プレイングマネージャーは褒められたものではないことなど100も承知で、実務から解放されない管理者は全く評価に値しないと僕も思っております。が、まぁ、現実はそうもいかないものでして、、僕の無力さを本当に毎日感じている次第です。社員にいい給料を出したい、休日はきちんと休んでもらいたいと、ただただ思っているだけなのですが、そのためには僕が間を繋がないといけない状況があるのです。休日に動く、理不尽な仕事にも対応しなければ行けない、弊社はまだまだそんなレベルなのです。これってビジネスモデルが破綻しているよねって話でもあるのですが、それを少しずつでも改善できるように、日々走っているわけです。金が尽きるのが先か、マシなビジネスモデルにたどり着くのが先か。常に綱渡りの状態です。

M:Iフォールアウトをみた話、

こんばんは、よしけです。今日の東京は午後に瞬間的な雷雨があったため、夜になっても湿度がとても高く、むしむししております。とても不快ですね。南国のような感覚があります。台湾とかね、あのあたりの感じ。カビがにょきにょき生えそうな感じがします。食中毒にはご用心ということで。都内は月曜日にもかかわらず、お盆の休み感と、それに対抗するように仕事をしている人たちでなんともいえない雰囲気が漂っております。電話にでるの?でないの?打ち合せやんの?やらんの?みたいな笑。

 

先日、ようやくミッションインポッシブルフォールアウトをみることができました。なかなか良くできていて楽しめました。もうなんというか水戸黄門の域ですね。お約束の美学がとても気持ちいいです。何度見ても楽しめるって凄まじいコンテンツですよね。バイオリズム掴まれている感じがします。しかしながらトムさんももう結構なお年頃で、やられ描写に痛々しいものがあったり、体力が衰えてきた的なネタも少し折混じるようになりました。ターミネーターシュワルツェネッガーさんも近年はそんな感じでしたよね。でも視聴者にとってイーサンはずっとイーサンでいてほしいという感覚もあります。いつまでも活躍していてほしいものです。そんなわけで、サントラを聞きながらカフェでパソコンを打っていますと、僕はイーサンなんじゃないかという雰囲気になってきますね。映画っていいものですね。

 

ハリウッド映画のようなコンテンツは、全世界の人に理解してもらう必要があります。文化の違いや、言語の違い、教育レベルの違いなどに極力影響を受けないようにつくる必要があります。そのため、最大公約数てきな平たい表現になってしまう部分もあるかもしれません。でも、そういった違いに影響を受けない、演出、伝え方、イメージという共通の言語で語られたストーリーっていうのはとても勉強になるものがあります。この表現ならば全世界に通用するのか。と。こういう言い方、こういう見せ方をすればだれもが共感できる。それが、全世界に展開しているハリウッドの映画の見所であり、学ぶべきポイントかなと思います。世界に伝わる表現。これからの時代に確実に必要になるスキルの1つだと思います。

 

 

 

 

 

 

手元にお金しか残らないとやばい、

こんばんは、よしけです。みなさまお盆休みいかがお過ごしでしょうか?都内はいい天気ですね。なんとなく夏の終わりの雰囲気もで始めた感じがあります。今年の夏は天気に振り回された夏でしたが、ようやく落ち着いてくるのでしょうか。

news.tbs.co.jp

今まさに、帰省ラッシュからのUターンラッシュで高速道路の渋滞に巻き込まれている方もいらっしゃるかと思います。みなさんお気をつけて。僕も子供のころの記憶にあります。夏の終わらない渋滞。でも、あれがなんだか悪くない記憶としてあるんですよね。どこか遠くに行ける、いつもと違った景色、家族みんなでまとまった時間を過ごした思い出として残っています。関越トンネルっていう10Kmあるトンネルがあるのですが、その中で数時間におよぶ渋滞に巻き込まれたときの異世界感は特に強烈なインパクトとして記憶しています。どこまでも続くオレンジのライト。今その10Kmのトンネルに入っても、全然長く感じないんですよね。子供の頃って時間がすごくゆっくりだったんだなーと思います。夏休みの40日ってもう永遠の時間に感じましたからね。自由研究とかやりましたよ。毎日アサガオの花を数えたりね。

 

そんななか、僕は相変わらず誰もいない事務所でひとり働いているわけですが、こんなニュースを拝見いたしましたよ。

www.nikkei.com

期間のある契約で働く期間工や、パートさんの募集で追加金などの特典がつく動きが出ているようですね。どういう背景があるのか定かではありませんが、人口減少による働き手の確保の難しさは1つの理由としてあるでしょう。この問題はまだあまり目に見えてきていない気がしますが、この先確実に発生する事項として備えた施策かと思います。あと、少しでも優秀な人間を確保するためにも必要なことなのでしょうね。

 

働き手としても、より多くのお金を得られることに越したことはないのですが、1つ気をつけなければいけないのは、手元にお金しか残らないのはヤバイということです。いくら給料がよくても、その仕事がなくなった瞬間何もできなくなるのでは意味がありません。とくに設備産業はこの傾向が強いですよね。人間より機械が重要っていう。この期間工も2年11ヶ月が満期とのことですが、これマジですか?その後どうなるんですか?僕にはよくわかりませんが、、正社員になれる人ってどれくらいいるんですかね。手放しに正社員がいいかどうかも、まぁ、本人次第ってことになると思いますが。

正社員がよくて期間工が悪いというわけではなく、その中で次に繋げられるものを得られるかどうかが重要かと思います。他に転用できる技術とか、コネクションに優れた人と友達になるとか、誰とでも一瞬で打ち解けるコミュ力とか。何かお金以外で自分の中に蓄積する能力を得られるように動く必要があります。お金は使ったらなくなりますが、能力はいくらでも使うことができますからね。無限に換金できるわけです。特に若いうちは目先のお金よりも自分のスキルを磨いていくことが大切です。年齢とともに体力は衰えますから、能力が同じならば当然若い人に仕事が行きます。そうなると、どこかのタイミングで詰んでしまいますからね。能力あげることにまずポイントを振って、いい感じに仕上がったところでお賃金を回収していけばいいのかなーと思います。その方がトータルの歩留まりは良くなると思います。その間もすこしづつ能力にポイントを振ることを忘れなければ、どこかで詰むこともありませんね。

 

ここまで書いたところで、弊社の社員に「お金以外の能力」をつけることができているのか?と自問しました。少なくとも弊社は自らの手で新しいものを生み出す必要がある業種なので、1人1人の中に自立する力が蓄積し続ける環境であるとは思います。この要素をさらに伸ばすとともに、自ら考えたことを世間に問える力、その結果を受け取り、次に活かす力が自然とついていく環境を加速させていこうと思います。結果を次に繋げる力があれば、無限のサイクルを回していけることでしょう。

 

 

 

 

〇〇になりたい!、

こんばんは、よしけです。もう全然毎日更新から遠ざかり、まぁ気が向いたら更新となっております。日記はやはり毎日書かないと意味がないなーと思いつつ。一度書かない日ができてしまうと、なかなかデイリー更新んに戻すのが大変ですね。致し方なしです。

さてさて、今日の東京は2、3日前の台風の風もおさまり、よく晴れております。弊社は代々木公園に近い立地のため、セミの声がよく聞こえます。世間様はお盆休みに入った人も多いいとみられ、都内は普段と違う場所や時間で混み具合が変わってなんか街が変な感じがします。タクシーの運転手さんも苦笑いしておりました。なんだか年々メジャーな連休時にちゃんと休む人が多くなっている気がしますね。それはそれでいいことなのですが、ガツガツした人が少なくなっていくのかなーという謎の寂しさもあります。弊社もこの11日(土)から一週間、夏休み進行となっており、社内は静かなものです。僕は仕事ふくめ、事務処理などいろいろやることがあり、ほとんど毎日出社する予定です。まぁ、誰もいない事務所っていうのもいいものですよ。冷静に自分の仕事ができますね。

 

いきなりの話題ですが。自分にあった仕事ってなんなのでしょうかね。よく聞く話で「自分がやりたいこと」と「自分ができること」は違う。というものがあります。この職業がやりたい!と思ってもできないことがあるということなのでしょう。え、でもやりたいと思ったんだよね?なんでできるようにしないの?とも思いますが、向き不向きというものもあるということでしょう。適性がないというか。

例えば、僕がマラソンの選手になりたいと思っても、生まれつき肺活量がめちゃくちゃ低い場合。これは明らかに適性がないです。でも、その状態で僕がマラソン選手になりたいと思うのかなー?と疑問なんですよね。「〇〇になりたい!」っていう気持ちって、その分野で褒められたり、人よりできたり、何かいい思いをしないとそう思えないと思うのですよ。それがない状態で自分から「〇〇になりたい!」って思わないんじゃないかなーと思います。

そんなわけで、「〇〇になりたい!でも自分には適性がない」っていう人って、何か矛盾している気がして、誰かの言葉を無理やり自分に当てはめているとか、努力しないことの言い訳にしか聞こえないんですよね。やりたいんだったら、やればいいじゃんって。だれも邪魔していないからね。まぁ、全然そういう人を批判する文章にしたかったのではなく、自分が楽にやれることをやっていくのがいいんじゃないのー?と思った次第です。適性がない状態でやっていくのってめっちゃ辛いし、エネルギーロスが半端ないので「〇〇になりたい!」なんてもう思えなくなると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

小田原で新幹線缶詰の巻、

こんばんは、よしけです。久しぶりのブログ更新となってしまいました。1年以上毎日書き続けて、書く癖がついたかと思いきや、仕事の忙しさに負けてしまいました。1週間書かないだけで、ブログへの熱量が急激に冷めて書く癖は完全に抜けてしまいました。なかなか続けることが定着するのは難しいものなのですね。でも、ブログや書くことが嫌いになったわけではなく「書くことが好き」という気持ちは定着したと思います。やはりこうしてたらたらと書きなぐっていくのは楽しいものです。まぁ、気が向いたら書くブログとしてやっていきますよ。

 

で、久しぶりにキーボードを叩いたのは、ちょっと時間がとれたからなのですが。今、熱海から横浜あたりに豪雨が来襲していて、小田原で新幹線に缶詰となってしまったからなのです。東京から名古屋まで打ち合せに来ていた帰りで、まさかの立ち往生。でも、いいですね、パソコンとネットがあればどこでも仕事ができる身なので、何とも思いません。むしろ時間がとれてラッキー。ブログの更新に着手もできちゃいます。こういう行動が限定された場所っていうのは何かとはかどるものなのです。

 

で、(で、で繋ぐの好きですね僕)こういう突発的な事態が、これからの日本では頻発するようになると思うのです。災害も増えるだろうし、いろいろな不確定なことが起き、缶詰になる。自分の力ではどうしようもないことが起ります。そのときのことを考え、最低限の準備をすることは必須になるでしょう。そのとき、どこにいるか。今、そうなったらどうするかをたまに思い出すように考えるといいと思います。地下鉄のホームで、会社のデスクで、コンビニで、道路で、とっさにどこに身を寄せればいいか、周りに何があるのか。ちょっとだけ考えてみるといいとおもいます。僕はたまにやります。今、地震が来たらあの影に入ろうとか。柱にくっついたら安全かな?とか。考えます。

 

3.11の地震のとき、僕は半年くらい鞄の中にノコギリを入れていました。(まぁ、ノコギリだけでなくいろいろ入っていたのですが)常時それって結構ヤバいやつだとおもうので、水だけでも常時入れておくといいと思います。水はいろいろ使えますからね。食事はできなくても、水があればしばらく生きていられますし、手を洗ったりもできます。そんなわけで、僕は常時未開封の水を鞄にいれています。きれいな水が手元にある。それだけでも安心感がありますから、有事の際に慌てないですみます。まぁ、水があるくらいではどうにもならないことが発生することがあるかもしれませんけど。その時はその時ですね。

 

 

 

 

 

 

 

今日のこと、

こんばんは、よしけです。ここ二週間ほどとんでもない仕事量になってしまいました。長期的な大型案件が走り、中型案件が複数走り、過去の改定なども何本も走って、それらが全部並走しているという凄まじい状況。さすがにまいりました。また、良かれと思ってやってきたことが裏目に出たりして、なかなか辛さのある日々です。やはり僕は一人なんだな、、と孤独も感じます。最初から孤独ですから。再認識するだけではありますが。これを乗り切ったらいいことがきっとある、そう思いもしますが、もういい大人です。この先のことはちょっと見えてしまったりもします。怖いですね。まぁ、今日はこうやってブログを書いて、みなさんと話ができたので、よかったです。また明日です。