代々木ではたらく

これからの働き方を考える

偽装結婚指輪、

今日はちょっと息抜き、雑談をしよう。

 

今日も東京は朝からとてもよく晴れた。久しぶりにぐっすり眠れた僕は早朝のランニングに出かけていた。朝6時。空気が氷のようにつめたい。5分もすれば頭痛がしてくるほど。最近、僕はランニングをしながら探しているものがある。リースだ。クリスマスの輪っか。玄関とかに飾ってあるあれだ。なぜかとても惹かれる。子どもの頃はクリスマスツリーしか知らなかった。12月に入るとわが家でも小さいクリスマスツリーを出していた。あれが何とも言えない幸せな雰囲気を醸し出していた。匂いと色と光が混ざって別の波になったような何とも言えないボワっとした空気感がまるくそこにあった。そんなクリスマスツリーよりもちょっと上品で、おしゃれに見えるクリスマスリースにいつからか惹かれていた。ランニングで見つけたリースは今日で25個となり、写真をまとめた。ここにはアップしないけど。いつかどこかで。

 

リースから、友達の輪、指輪までリングで繋げて話をしようと思っていたのだけど、まったくスムーズに展開できず、ガタガタになりましたので、無理矢理コーナリングを決めていきたいと思います。それでは今夜も宜しくお願いします。

 

この間、久しぶりに懐かしい仲間に再会した。大学の仲間だ。僕は社会人になってから大学に行ったこともあり、ほとんどが5歳くらい年下の同級生だ。それでも僕よりも先に結婚していくし、先に子どもが生まれていく。彼らに会っていると、「俺、なにやってんだろう、、」って気持ちになる。のは完全に嘘だ。全然気にしてない。人生なんてそれぞれだ。僕はまだ結婚もしないし子どももいないけど、その分別の多くの経験値を得ている。何が正解だなんてない。それは僕の仲間も良く理解していて、全然違う価値観でも認め合い、尊重し合っている。だれもバカしたりしない。にそれぞれ全く違う境遇でも仲間はずれにしない。この繋がりが僕は好きだ。

 

その中の1人がこんな話をしていた。「結婚してから、信頼を得やすくなった」それはなんか聞いたことがあるよね。一人前の男として世間から認められるっていうやつだ。こいつには家族がある。1人の女性に認められ旦那さんとなり、子どもを育てて親になっている。一家を養っている。他人からそう思われる。超スゴイ!。そう考えると、独身の僕とは雲泥の差に見える。やはり所帯をもつということは信頼性を高める上で1つの担保、保証になるようだ。簡単には逃げないというのも分かりやすく伝わるのだろう。彼曰く「結婚しなくてもいいから、結婚指輪をつけとけ」という。「それで信頼性が上がるぞ」とのことだ。マジかよ笑。まぁ、分からんでもないけど。僕たちの会話なんてそんなもんだ。

 

偽装結婚指輪について、Twitterでこんな内容の投稿も見た。「独身の女性は結婚指輪つけとけば、クソみたいな男を避けられる」んーなかなかいいんじゃないこれ。はあちゅうさんの件で、僕は心に火がついてしまった。クズみたいな人間を徹底的に駆逐したいと思っている。どんな理由であれ犯罪は犯罪だ。弱い立場の人は少しでも自分の身を守るすべを身につけて欲しいし、僕にもできることを実行していきたいと思う。

 

 

 

#metoo、

metooというハッシュタグをご存知だろうか?僕も今回初めて知った。とてもよい動きだと感じたので多くの人に知ってもらいたいと思う。「私も証言したい」という動き。立場の弱い人を束ね、背中を押していく。buzzfeedによる、作家・ブロガーのはあちゅうさんの記事から知ることができた。

 

www.buzzfeed.com

 

はあちゅうさんは記事の中で、自分の受けたセクハラパワハラを証言している。自分のつらかったことを思い出すことは、さらにつらいことだけど。世の中に出して、広めて、知ってもらわなければ、変わっていかない。そう思い公にしたのだという。

 

セクハラ、パワハラを受ける多くの人たちは社会的に弱い立場にあることが多い。加えて、声を上げると加害者よりも被害者の方がダメージが大きくなってしまう可能性がある。そのため、公にすることを踏みとどまってしまうという。しかしmetooのハッシュタグでみんながつながれば、1人で悩んでしまう人たちがみんなで支え合いながら、声を上げていくことができる。ハリウッドから始まったこの活動がたくさんの人に勇気を与え、救いになるだろう。はあちゅうさんの行動に僕も賛同したい。1人でもセクハラ、パワハラで悩む人、嫌な思いをする人が少なくなるように。

 

はあちゅうさんの記事を読むと、もうアホすぎてこの場で加害者について話したくないのだけど、セクハラを受け続けてしまう人を1人でも救うという観点から書いておきたい。セクハラパワハラをする人間は本当に器が小さく未熟。かわいそうになるほど。本来は相手にする価値がない人種だ。なんで深夜に若い女性が近くにいないと仕事できんのだ?なんで部下を呼び出さないと動けんのだ?なんで紹介してもらわないと彼女ができんのだ?だれかを見下し続けないと自分を保てないのだろうか?こんな人が近くにいたら、是非そっとしておいてほしい。まともに相手にしてはいけない。これで仕事に不利になるような会社はそもそも正常な運営ができていない。そっとじでいい。ただの陰湿な島国の悪習だ。クソみたいな環境にいつづけて時間を無駄にしてはいけない。僕たちがやらなければいけない仕事は全く別のところにある。仕事とはいいものを世に出し、みんなを幸せにすることだ、クソの相手ではない。そっとじ、そっとじ。さよなら、さよなら。

 

 で、最後にやっちゃう側にひとこと。立場が上になるとね、そういうことも通っちゃうことがあるんだけど。まぁやめておきなさいよ。確実に、確実に自分に返ってくるから。クリーンでいることが最強だよ。嘘がない。裏が無い。それだけで信頼性なんてどんどん上がるんだから。これ最強だよ。仕事ができるなら鬼に金棒、もう負けることなんて無いから。本当、クリーンでいろよ。僕の知り合いの経営者も数人塀の向こう側へ行ったから。そして本当に取り返しのつかないことになっているから。家族も巻き込んで人生終わるから。信頼性を築くのはとても時間がかかるけど、失うのは一瞬とよく言うけど本当にその通り。一瞬で終わるからね。あれを見てから僕はもう完全クリーンで行こうと心に決めたよ。失うものが多すぎる。オッズに合わないんだよ。好きだろ?オッズ。それに反することなんだよ。セクハラやめろや。オラ。

 

 

 

 

イカダをつくれ、

「うちの会社、人手不足なのに人員募集しないんだよ。」近所の商店街を歩いていたら、そんな声が聞こえてきた。若い男性3人の会話。最近こういう話はネットでもよく聞く。あるあるなのだろうか?。なぜ人員が不足しているのに増やそうとしないんだろう。

 

今日の東京はよく晴れた。風もなく穏やかな天気だった。仕事は相変わらず山積していて、引っ越しから1週間、未だに家で寝ていない。今日こそ家で寝たいところだけど、、どうだろう。やることは無限にある。土曜の夜、就寝前のまったりタイム。今夜も宜しくお願いします。

 

働き方改革とやらが良くも悪くもナナメに浸透し、認知度は結構高いと思う。仮想通貨人気も手伝って、労働と賃金の問題に対する感心が少しづつ大きくなっていると感じる。仕事の環境を良くしていこうと考えている人も多くなっているのではないだろうか。僕もその一人。環境はとても大事だと思っている。ストレスがない環境、幸せに働ける環境こそが、成果を上げる大きな要素だと思うからだ。まず働く人が幸せでないと、お客さんを幸せにすることはできない。

 

先の、街ですれ違った3人組の会話に僕はとても違和感があった。「人手不足なのに人員募集しない」人手不足なのに、募集しないって、矛盾しているよね。人手不足っていうことは、仕事に対して働く人が少ないってこと。それだけその会社にとって仕事がたくさんあるっていうことだ。普通に考えて儲かってるはず。たくさん受注しているのだから。それなら人員を増やして処理できればもっと仕事を増やせるはず。人を入れればもっと儲かるはずなんだけど、なぜか人を入れない。なんで??「仕事がないから人員募集しない」だったら分かるけど。

 

思いつく理由は以下

A)経営者の搾取

仕事量に対して、人員が少なければ少ないほど会社は儲かる。給料を出したり、社会保険を最低限に押さえられるから、採用を最低限に押さえている。この先どうなるか分からないという心理から来る防衛策だろう。

 

B)社員が怠けている

仕事量は適正なのにもかかわらず、社員の力不足で仕事が回っていない。人手不足だと思っているのは社員だけ。

 

C)儲からない業態

上記ABは問題ないにもかかわらず、その会社の取り組んでいる事業が時代遅れになっていたり、お客さんの期待に答えられていない。その仕事内容では会社を維持する利益が上がらない。

 

A)B)C)どれもなかなかまずい状況だけど、一番やばいのは、C)だと思う。これはなかなか気づくことができない。ゆでガエルのようにゆっくりと死んでいく。じわじわと落ちていくため、何が原因なのか分からない。そして、それに気づいたときにはもう軌道修正がほとんどできない。男性3人組が話していた状況もこれなのではないだろうかと思う。いくら頑張っても儲からない業態。これは完全に経営者の責任だ。社員としてできることは、泥舟に乗っていることに気がついたら、すぐにその船をおりた方がいい。(AにもBにも同じことが言える。)時代の波に乗れない船にいつまでも乗っていたら、嵐が来た瞬間沈没するだけだ。安心のできる新しい船に乗せてもらうか、いっそのこと自分で小さいイカダをつくるのもいい。自分でつくるイカダは、全ての材料と構造を自分で理解しているため、カスタマイズでき、壊れても自分で修理できる。僕のおすすめはこちらでし。自由を愛するタイプの人にかわいがってほしいでし。

 

 

 

 

 

忘年会参加上等!、

全てが丁度いい。自分にとってちょうどいいことが起こるものだ。

 

東京は毎日寒い。曇り空がよけいにそう感じさせる。いい加減冬の服を買え、アウターを用意しろという天の声が聞こえる。仕事は年末の山場を迎えている。引っ越してから1度も家で寝ていない。この1週間事務所で寝続けている。しかしながら睡眠時間は確保できているので結構元気だ。まぁ、年末感だわな。そして今年の年末は、弊社のある渋谷区に大貢献するような仕事ができた。これはかなり嬉しい。納税の喜びよりも遥かに嬉しい。っていうとなんか違うけど、またなにかの機会にお知らせしたいと思っている。

 

週末の今日、世の中は忘年会真っ盛りでしょうかね。昨日の忘年会バッシング記事から一転、手のひらクルーして忘年会を持ち上げていきましょう。今日は弊社も忘年会で、好きな人を好きな店に呼んで大好きな鍋料理を超コスパで食べまくりますよ!笑!それでは今夜も宜しくお願いします。

 

丁度いいことが起こる

脳直で文字を書いていたら、今日のテーマを忘れていた。「全てが丁度いい」だった。だいたい丁度いいことしか起こらないものだ。という話。自分の身の回りで起こることは身の丈にあったこと、それもその時ベストなタイミングで起こっていくものだ。そして、全てはプラスの方向に進んでいく。

例えば、僕の場合で恐縮だけど、「会社をつくりたいと思っていたら超美味しい仕事をもらえた」とか「昔の会社の後輩が上京してきた」とか「いいクライアントさんを紹介してもらえた」とか。超いいタイミングでバッチリなことが起こっている。だろ?え?そんなことばかりじゃない?そうそう。今上げたことは誰が見てもプラスのこと。でも、見え方によってはマイナスでも、あとあと考えればプラスだよねってことが多いいんじゃないかな?ということは結局プラスなことしかないということになる。

 

一見マイナスなこと

例えば、仕事で体を壊して入院しました。これは確実にマイナスだ。でも、あとあと考えると、あのとき体を壊して入院したからこそ、日々の忙しさから離れ、自分一人で深く思考できるきっかけを得て、世界平和を夢見た結果、1BTC=1万円の時ビットコイン買いました!。みたいなことが起こる。これ確実にプラスでしょ?それでいいのだ。神さまがビットコインを買えということを極めて自然なかたちで教えてくれている。それならさっさと「ビットコイン買え」って書いた紙を天から落としてくれればいいのに(笑)でも、それじゃぁ怪しさ満点でしょ。

 

まぁ、自分の人生にはいいことしか起らないから大丈夫。そう思っていればいいことなんてこれから山ほど起るよ。バッチリのタイミングで、バッチリのことが。起った瞬間はマイナスでも、それだけ切り取ったらマイナスでも。少しだけ時間が経てば、少しだけ視野を広げれば、全てはプラスの方向に動いているのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘年会不参加上等!、

 朝晩は本当に寒くなった。弊社メンバーの1人が体調をくずしてしまった。事務所の引っ越し作業と、少し重めの仕事が重なってしまったことも要因だろう。ゆっくり休んでほしい。みなさんもカゼひかないように、あったかく夜をすごしてほしい。僕は今日も近所のカフェで、ほうれん草カレーを食べながら、ブログを更新することにした。

 

忘年会、すきでない

忘年会のシーズンで、街を歩けば忘年会にあたる。みなさんはいくつの忘年会にいくだろうか?所属してるコミュニティが多いほどたくさんのお誘いがあるだろう。僕は大人数の飲み会があまり好きでない。この間参加した忘年会も、なかなか好きになれない空間だった。古い仲間との飲み会は楽しいはずなのだけど、あまり、いや、もう全然楽しくないんだな。古ければ古い仲間であるほど。あのときは仲が良くても、あのときは同じ目線でも、あのときは気持ちが一緒でも。時間が経てば経つほど全く違う場所にいて、全く違う考え方になってしまう。それを楽しめればいいのだけど、僕にその器はない。そして、必ずマンツーマンで語っちゃう人間につかまる。酒入ると説教マン。あれは良くない、見苦しい。気分がいいのはしゃべってる人間だけだ。

 

パーティーのひみつ

ここで1つパーティーの秘密を暴露したい。パーティーというのはだいたい開催者が得するようになっている。会場をおさえ、方々に連絡し、格安の参加費で人を呼ぶ。一見とても手間とお金がかかるように見える。他人に美味しいご飯をだし、出会いの空間も提供する。それでも全然得なのだ。ちょっと名の通った人や、元気な会社などが開催するパーティー、忘年会とかもそうなんだけど。主催者の呼びたい場所に、呼びたい人を、呼びたい時間に集合させる。加えて、食べたい料理を出す。するとどうなるか。年末の用事が数時間で終わってしまうのだ。これ、めちゃくちゃ効率的だからな!マジで。そういう人たちっていうのは、お金より時間の方が大切なのだ。当たり前のことなんだけど、お金は無限沸きする。稼げばいいだけだから。でも時間はどんなに頑張っても有限。増やすことができない。数時間のうちに年末の挨拶と、営業活動と、リスペクトを集めることができれば、時間のコストが半端無く安く済む。当たり前だ、本来バラバラに対応しなければいけない時間を同時に同じ場所で一気に燃やしつくす。それに加えて知り合い同士繋げて、信頼性の高いエコシステムも合わせて構築する。こんなめちゃくちゃ美味しいイベントならいくらでも金をつかって開催するのだ。

 

僕はフリーランスの時、これに気づいた。僕自身、参加者になって、業界内の忘年会、パーティーにいろいろ参加していた。なんでこの会社はほとんど無料の参加費でこんなうまい飯が食えるのか?ある日気がついた。これで得するのは誰なのか。正直なことを言えば、僕はそこに参加して得られたものなんてほとんどない。ほとんどというか、何もない。マジで。そんなわけで、忘年会に参加するくらいなら、走れ!!!!!、

 

 

 

リカレント教育、

僕はラジオ人間で、1日のほとんどラジオを聞いている。特に、朝はラジオが似合う。早朝の街を歩いて、松屋の朝定食を食べにいき、神社に参拝する。さわやかな音楽とDJの明るい声。今朝は「リカレント教育」が話題に登っていた。僕はこの言葉は知らなかった。リカレント?循環?

 

今日はめずらしく朝にブログを書いている。朝の通勤時間、ちょっと話しませんか?。それでは今日もよろしくお願いします。

 

リカレント教育wikiってみたら、「生涯学習」ということだった。

生涯学習 - Wikipedia

 

一度社会に出て、仕事をしてから、また学習するために学校に戻る。

僕がまさにそうだった。専門学校を出て、3年仕事をしてからまた大学に入り直した。24歳から28歳まで大学で学んだ。大学がめちゃくちゃ良かったかと言われれば、うーんという感じだったけど。大学そのものよりも、周りの環境が激変し、僕も変わっていった。そういう意味ではとても良かった。会社員から大学に入り直さず、そのままだったら、、行き詰まってただろうな。

ということもあり、僕はリカレント教育はとても推したい。

 

常に学び、頭を鍛える

ネットの時代は、力の強さよりも頭の強さ。この時代の特徴、そしていいところは、1人でも大勢を相手に仕事ができること。100人、1000人、1万人、ユーチューバーや、ブロガーなどが分かりやすい例だ。彼らは力が強いのではなく、頭が強いからこそ、1人でも世界と戦える。頭の良さは超強力なレバレッジを生み、これから何かを興していくときに欠かすことができない要素だと思う。狩猟より農耕型。1人で1匹の獲物を追いかけるより、1人で畑を耕す。効率のよい作物を育てれば、定期的に安定した収穫ができる。そのためには頭を鍛えまくり、時代の波を見つける目、そして、それにすぐ乗れる状態でいたほうがいい。

 

100年現役

平均寿命が伸び続け、仕事をして収入を得なければいけない期間が長くなっている。若い頃勉強したことだけで、何十年も仕事をしていくっていうのがそもそも無理なのではないだろうか。5年、10年もすれば時代は変わり、経済状況も、技術も、がらっと変わってしまう。自分の勉強したこと、常識だと思っていることなんてすぐに古くなってしまう。学校を出て社会人になれば、勉強から解放されたと思ってしまう人は多いんじゃないかな。社会の更新スピードはどんどん上がっていく中で、勉強を継続しない、できない人は光の速度で取り残されていくことになるだろう。

 

リカレント教育

社会人に学校に入り直せ、なんて思わない。(僕はやってしまったけど、、だからこそ言える)それ、めっちゃ時間かかるし、非効率なこと山のごとし。何年もかけなくても、十分に同じ効果を得られる環境はたくさんある。そういう考え方があるということだけ、頭に入れておくだけでも効果がある。本屋にいけば本がたくさんあるでしょ。勉強会だってたくさんやってるでしょ。仕事だけ繰り返すのでなく、その繰り返しの中に学びも一瞬入れれば、ただの循環する輪ではなく、上昇する螺旋階段みたいな構造ができあがる。1段ずつでいい。のぼっていこう。

 

 

 

 

ご機嫌でいること、

常にご機嫌でいたいと思う。いつも楽しく。

今日はまた雑談みたいなブログになってしまっている。ごめん。それでもいいよって方だけでいいので、今夜も宜しくお願いします。お忙しいところ申し訳ない。

 

事務所の引っ越しを終え、間髪入れずに自宅の引っ越しも敢行した。こういう面倒ごとは一気にやってしまった方がいいのだ!とかなんとかいいながら。しかしながら、いろいろな手続きの類いは全くの手つかず。これから少しづつ処理していく羽目になっている。なにも年末の忙しい時期に引っ越ししなくてもいいじゃないか。と自分を呪っても後の祭り。フルリノベーションした新事務所はとても過ごしやすい。まだ1週間経っていないのに、既に長年ここに住んでいるような雰囲気を醸し出している。明るすぎない照明。いい感じだ。先の京都旅行のとき、清水寺のおみくじで凶を引いていたことがのどに刺さった骨のように感じていたが、そろそろ消化を始めている。引っ越し含め、健康運や金運など全てがダメだったことにビビっていたのだ。まぁ、それは「ちょっと浮かれすぎるなよ」「環境変わるけど自分を保てよ」ということだったのだろう。

 

近所のカフェがいい

このブログのタイトル通り、事務所は相変わらず代々木にある。と言いたいところだけど、ちょっと変わってしまった。住所から「代々木」の文字は消えてしまったのだけど、場所はほとんど変わらないし、代々木公園にさらに近づいた。この地域はやたらとカフェがある。本当にやたらとある。意識高すぎなくらいある。カフェばかりの地域なんて結構いけすかないのだけど、一度入店してしまえばこっちのものだ。自宅から歩いて事務所に向かう道。5分もないくらいなんだけど、分かっているだけで4、5件のカフェがある。今日の朝もそのうちの一軒に入った。ビターなコーヒー。テイクアウトで。でもすぐは出てこない。5分10分は待たされるだろうか。スタバとかより全然待つ。まぁ、その待ち時間もいいんだけどね。ストーブにあたったりして。で、待っている間、コーヒーをくるくるいれながら店員さんが話しかけてくる。「外寒いですか?」「朝は寒いですね、でも陽があるから日中はあったかいですよ」「コーヒーであったまってください」「ありがとうございます」まぁ、なんてことは無い会話。でも。ね。店員さんの優しさがにじむ。些細なことなんだけど。コーヒーをいれている間のちょっとしたことなんだけど。店員さんのご機嫌が伝わってきて、僕も少し元気がでる。

 

ご機嫌でいること

このお店はコーヒーをいれる待ち時間が長い。その時間を退屈させないようにしてくれているのだろう。この気遣いが、店員さん個人だけでなくお店の印象の善し悪しに確実に影響してくる。お店の顔はいつもご機嫌でいることが最高のサービス。お客さんを安心させ、リピーターにする。これはお店に限ったことではない。どんな仕事でも、いつでもご機嫌な人に人は集まる。しかもご機嫌でいることはタダ、無料、自分のさじ加減次第。ブスっとした顔でいても、にこやかな顔でいてもタダ。それなのに、にこやかでいるだけで、印象はよくなり、リピーターは増え、新規のお客さんは増え、協力者が現れ、そんな状況ならさらに機嫌はよくなる。ご機嫌がいい人を嫌い人はいない。常にご機嫌でいることは、いいスパイラルに乗る最初の一歩目なのだ。

 

尊敬できる人はもれなくご機嫌

尊敬する人、すごい人。ああなりたいと思える人。気づいたらみんなご機嫌な人だった。人間なんだからご機嫌じゃないタイミングもある。でも、思い浮かべる顔はみんな元気で、笑顔。ご機嫌な印象が残っている。そういう人にはまた会いたいと思うし、ああなりたいと憧れる。意図してそうしているのか、もとからそういう人なのか。それは分からないけど、やはり僕が尊敬できる人は、もれなくご機嫌な人だ。僕もいつもご機嫌でいようと思う。

 

ご機嫌ご機嫌うるさかったねw。また明日^^ノ。