代々木ではたらく

これからの働き方を考える

社内飲み会の作法、

プレミアムフライデーだったんですかね?もうなんだかよくわかりません。何の効果もなかったんじゃないでしょうか。それでも今日は週末、金曜日らしい時間の使い方をしました。知り合いの会社に新人さんが入社されたので、歓迎会と相成りました。とてもおめでたいですね。

 

開場はカニバー。以前僕のブログで紹介したバーです。お通しはボイルした山盛りの蟹です。それだけでも大満足なのですが、メニューは蟹ばかり。最高ですね。ペアリング蟹ビールも最高です。そしてお値段もとってもリーズナブル。お近くの方は是非行ってみてください。

works.noayos.com

 

 弊社は飲み会はほとんどありません。みんなが別々の仕事をしているため、なかなか就業時間も合わないということもあります。それに 会社の人と飲むというのはちょっと違和感があります。飲まないとできない話なんてあるのでしょうか?普段からコミュニケーションをとっていれば何にも問題ないはずです。

そんなわけで、弊社公式の飲み会というのは年に数回しかありません。知り合いの会社の歓迎会として開催された今日の飲み会はとても珍しい日だったのです。開始時刻は18時〜20時。定時内で設定されていて、時間になったら帰れるように開かれます。(でも今日は終了が22時になってしまいましたが、、)

 

飲み会は仕事か否かという話がよく問題になっておりますが、上司サイドが飲み会を設定したら仕事になるでしょうね。拘束力が強いため、参加を免れることは難しくなります。しかし、仕事としての性質が強いため、当然、定時内でやる必要があります。さらに給料が支払われる必要もあります。上司の方々は給料が出る時間の範囲内で簡潔に要望を部下に伝えましょう。

 

逆に、部下サイドから上司を飲みに誘う場合はどうでしょう。嬉しい上司さんもいるんじゃないでしょうか?笑。あなたは上司として認められたということになります。この場合上司は参加を拒否することもできるので仕事ではない気がします。部下に拘束力はありません。上司は大事な時間を部下に使うかどうか判断できます。もし、飲み会が実現したら、部下はめちゃくちゃラッキー。得しますね。自分より時給が高く、経験値も高い人を、同じフィールドに召喚できるわけですから。いろいろ情報を仕入れられるし、悩み相談をすることもできるでしょう。ただし、それに値する上司である必要があります。

 

飲み会の席で部下に説教ができるのは、部下サイドから打診した場合だけです。くれぐれも上司の皆さんは調子に乗らないようにしましょう。無理やり飲み会に部下を連れて行って説教垂れるのはいけません。部下から上だと認められたものだけが「上司」です。その称号は会議で決まるものでも、上の役職から与えられるものでもないのですよね。

 

会社の飲み会って何かと気を使うことが多くて、なんか純粋に楽しめませんよね。でもまぁ、上司と部下の関係がカチコチな現場もどうかと思いますが、、。お金がからむとシビアな考えを持つ人がいるのも事実。でも本当は上司と部下なんて、浜ちゃんとスーさんみたいな感じがいいなぁと僕は思います。

 

 

明日死ぬかのように、永遠に生きるかのように、

今日の東京はとても寒かったですね。朝、通勤の時間帯にはみぞれも降っていました。そのまま雪にでもなるのかな〜と思ったら、意外と曇りなんですね。それでは1曲行ってみましょう。FMラジオ風にはじめてみましたが、特に意味はありません。

 

大杉漣さんが66歳という若さでなくなってしまいました。

www.sankei.com

 

まだまだお若く、これからさらに俳優として大活躍していく人だと思っていたのですが、とても残念です。まだまだ楽しませてほしかった。収録済の番組や、進行中のドラマ、映画などがたくさんありますし、本当に急なできごとだったのでしょう。

 

僕は身近な人が亡くなってしまうことをあまり経験していません。だから、その時がくるのがとてもこわいです。いつか、家族や友達や、身の回りの人と別れなければならない時が来るでしょう。分かっていても、想像するだけでつらい。この世界には、同じ人はいません。僕も、あなたも1人しかいません。唯一無二の人なのです。その人を失えば、永遠に失ってしまう。まだまだ話したいことがたくさんたくさんあるのに。もう2度と話をすることができないなんて。ありえないですよ。だって今までずっと話ができていたじゃないですか。でも、いつかはその時がきます。そしてそれは明日かもしれない。もしかしたら今日かもしれません。この1秒後には電話がなって、、。それを心から実感しないまま、今日もダラダラと仕事をしています。

自分にだって同じことが言えます。明日死ぬかもしれないし、今日死ぬかもしれない。1秒後だって分からないのです。

 

自分がいなくなっても、身の回りの人は悲しんでくれるかもしれません。でも、しばらくすればみんな忘れてしまうでしょう。自分が生きていたことなんて、意味があったのだろうか?と思ってしまうかもしれません。大杉さんは数多くの映画やドラマを残してくださいました。「自分がいなくなっても、映画とかいっぱい見てねー!」って思っているとおもいます。今収録済の番組も、「最後に撮れてよかったって」思っているとおもいます。

映像や写真や文章など、何か自分の情報を残しておけば、自分がいなくなった後もその存在や、考え方などで世界とコミュニケーションすることができるでしょう。たくさん情報を残せば残すほど、その個人は強固に残り、対話できるレベルになるかもしれません。僕もブログをたくさん書いていこうと思います。

 

デカトンケイル : 攻殻機動隊 : CMSB

 

 

 

プロの現場、

今日は珍しく、社外での仕事でした。色々な分野のプロが集まり、1つのものを完成させていくという現場の仕事です。朝早くから都内某所に集合して、丸一日かけてある目標に向けてみんなで頑張ります。今日のこの仕事が計画されたのは、もう去年の秋頃のことでした。

 

そんなわけで、今夜はへとへとです。丸一日外にいると本当に疲れますね。緊張感もすごいし、普段とは違う仕事なので頭も使います。心身ともに疲労困憊です。朝も早かったですからね。早起きすることは若い頃は得意でした。なんなら、寝ないで行ったほうがいい、寝坊する心配もありませんしね。って感じでした。でも今はもうダメです。1回早起きするために、数日前から体調管理して、計算して、早起きできるサイクルに持っていきます。前日には起きる8時間前には就寝です。これでやっと指定の時間に起床する事ができます。プロフェッショナルの現場は1分1秒の遅刻が命取りですからね。

 

「プロフェッショナル」とはなにか?ってよく問われますよね。どこからがプロ?プロの条件は?お金とか情熱とか、商業だったらプロ?、自称プロ?プロ用の機材を使ったら?みたいな。結構色々な解釈があります。それでいいと思います。「プロ」という言葉を使うケースごとに定義していいと思っています。が、僕なりの考えは対価が支払われたらプロだと思います。お金じゃなくても、モノで支払われたとしても。そこに責任が生まれると思います。そうすると、「プロ」=「責任」なのか?っていう考えも生まれますが、ちょっと違います。責任が生まれるから対価が支払われるのではなく、対価が支払われるからそれに応える責任が生まれます。そういう意味で、下町ボブスレーはプロの現場ではありません。僕はそう思っているだけですが。

 

で、僕の思うプロの人たちに共通することがあります。それは、失敗に対するリカバリー能力が極めて高いということです。何かミスが起こったり、不測の事態が発生した時、パニックにならず、冷静に対処できます。また、発注者からの修正にも柔軟に対応できます。これはアマチュアにはなかなかできないことだと思います。誰のための仕事なのか?何のための仕事なのか?理解しています。

 

今日の現場でもそれを感じさせる出来事がありました。機材トラブルで、1時間ほど現場がストップしました。手持ちの機材では、修復できません。これは続行できないんじゃないか?、今日はここまでか?と思いました。現場に緊張が走りました。クライアントも不安そうです。ですが、スタッフのみんなが色々な手段を試したり、別のものを転用したりして、現場は復帰したのです。見た目は不恰好な設備となりましたが、目的のクオリティを出すには十分な仕様でした。これがプロのリカバリー能力だなと思いました。

 

アポロ13という映画を知っていますか?僕は大好きな映画です。

www.youtube.com

 

月面着陸を目指すアポロ13号。電気系統のトラブルにより、酸素漏れを起こし、月に着陸することができなくなります。さらに、電力の低下や、船内の環境悪化により地球に戻ることすら難しくなります。この絶体絶命の危機に様々な工夫で対処していきます。電力を節約するためにコンピュータの電源を落とし、操縦を手動にし、増加し続けるの二酸化炭素を処理するために、船内にある様々な材料を使って即席のフィルターをつくります。

どんな困難にも無理だと諦めずに、冷静に対応していく。これがプロフェッショナルだと思います。そしてその過程が自分にとってとても面白く、逆境を楽しんでいるかのように乗り越えてしまいます。それはエキサイティングなことなのです。一度その感覚を味わったら忘れられません。ですから、何か大変なことが起こっても、何か方法があるはず、どうにかできるはず、と常に工夫し、常に最適な解決策を探していくのです。そんな現場に不可能はないのです。何でもできるという意味ではなく、「無理だ」という諦めの結果に陥らない。プロの現場というのはそいういう現場なのです。

 

 

イケメンに投資しよう、

イケメン税という話がたまに話題に上がりますね。イケメンは得しているから税金をかけろ!というやつです。僕は概ね賛成ですね。イケメンはやっぱり得です。存在するだけだけで印象がいい。この人は何かやってくれそうだと感じます。信頼を得やすい。でも、その裏には並々ならぬ努力があったりします。その反対に、他人に不快な思いをさせる人はとても損していると思います。「なんか嫌だ」みたいな漠然としたことで判断されてしまいます。それはイケメンかどうかの問題ではなく、なんか暗いとか、喋り方がきついとか、そういう要素がとても大きいです。顔の良し悪し関係なく、他人を不快にさせないように振舞い、気遣うことはできます。

 

先日、他人に不快な思いをさせてしまう人は、損しているなと思うような出来事がありました。あまり具体的にはできないのですが。言葉の選び方にちょっと癖がある人でで、失礼な表現を使ってしまうタイプの人でした。本人は全く気が付いていないと思いますし、悪気がある訳ではないと思います。だけど、僕にはそれがとても引っかかり、良い返事をすることができませんでした。気遣いができない人と一緒に仕事をしたいとは思えなかったからです。自分のスキル以外のことで「一緒に仕事したくない」と思われてしまうのはとても損ですよね。本当はすごく仕事ができる人なのかもしれないのに。(まぁ、そういう人は得てして仕事できないですが。)

 

人は、自分のことは誰よりも自分が分かっていると思いがちです。自分が何をやっているか、自分の行動にどんな意味があるのか。自分でコントロールしている(本当は違うのですが)のですから分かっていると錯覚しています。でも、他人の誰よりも自分のことを分かっていないように思います。

1日の中で鏡を見るタイミングっておそらく数分くらいでしょう。でも、他人(同僚など)はそれよりも多くの時間対面していると思います。学校の友達や、会社の同僚、家族、など、自分よりもずーっと長く顔を見ているはずです。さらに他人は後ろ姿を見ることもできます。文字通り360度から見られる。写真に撮ってもらったりしないかぎり、自分からは見えない姿です。

さらに、他人は自分と対面するだけでなく、会話をします。誰も自分自身と対面して話し合ったことはないでしょう。他人はそれをやっています。「今日はなんか機嫌が悪そうだな」「いつもと顔色が違うな」とか、自分は普段通りだと思っていることも、敏感に感じ取っています。僕もよく電話口で「今日もしかして忙しい?」って聞かれたりして驚きます。声のトーンが本当に微妙に違っているのです。自分ではそれに気がつきません。

 

 

声が小さい人は本当の自分が見えていない可能性が高いです。

それは僕です。他人に声が届いているか分かっていません。どんなに小さい声でも、自分の耳には届きます。でも、相手に聞こえるように話すというのは、相手の立場になり、自分がどう見えているか、相手にどう聞こえるかを想像しないかぎり、届くボリュームで声を発する事ができません。僕はそれが想像できていません。それに加え、僕の声はノイズにかき消されやすく通りません。そのため、よく「今なんて言ったの?」って言われます。相手に届くボリュームを想像できないし、何回も同じことを言わされるのがとても嫌です。3回、4回目でやっと相手に伝わった時、僕はもう不機嫌になってしまいます。でも相手からしたらそれが初回の声なのです。不機嫌になる意味がわかりません。ここに温度差が生じてしまい、「なんでこの人は不機嫌なの?」って相手に思われてしまいます。相手から見た自分が想像できないために、不幸が生まれてしまいます。両者とも頭に「?」が灯り、この人なんなの?ってお互い思ってしまいます。

会話だけでなく、考え方や見た目、行動する上でも、同じような事が起こっています。相手が見ている自分と、自分が見ている自分が全く違うからです。

 

自分以外の全員が認識している自分と自分が認識している自分は違います。全世界76億人:1人で多数決の結果、自己認識している自分は負けます。本当の自分というのは、自分が全く知らない人間なのです。

 

イケメンに投資しよう。

今日はタイトルの回収が最後になってしまいました。ごめんなさい。人を不快にするだけで損してしまいまうのですが、逆に、イケメンは存在するだけで得します。それなのに、いまだ無税でのさばっています。こんな美味しい市場はありませんよね。仮想通貨はMAXで半分も税金がかかるのに、イケメンは無税放免状態です。これを逃す手はありません。イケメンの「得」の部分だけを抽出して運用すると何かすごい事が起こりそうです。なんとかなりませんかね。イケメンを紐で吊るして、女の子を走らせて発電するとかですかね。エネルギー資源への投資にあたりそうですね。

 

 

 

 

 

世界から戦争をなくす方法、

弊社に6人目の正社員さんが入社されました。今年1月にリクルートをはじめて、ようやく入社となりました。本日めでたく名前も決まりまして、「きなこ」といいます。早急に役職を決め、名刺をつくりたいと思います。初任給は5000円くらいでいいですかね。そんなわけで、皆様きなこをよろしくお願い致します。この春、弊社では人類の募集も行なっております。

 

f:id:noayos:20180219205944j:plain

 

きなこは保護猫で里親募集していた猫です。これからは弊社で、警備活動に勤しんでくれると思います。業務が忙しくなったら猫の手を借りて頑張ろうと思います。きなこは社内のコミュニケーションを円滑にして、殺伐としない仕事環境に一役かってくれることでしょう。夜、一人で徹夜の作業していても、きなこがいればなんとか頑張れそうです。ねこは夜元気ですからね。

 

でも実は、僕、猫アレルギーなんですよ。小学校の頃、すごい反応が出てしまって、それ以来猫にはあまり近づかないようにしていました。でも、友達が飼っていたりとか、猫カフェに行ったりとか、だんだんその距離を縮めていきました。今はそれほどアレルギー反応は出なくなっていたので、大丈夫かなと思います。

 

僕の仕事は、「はたらく環境をとにかく良くする」ということが一番の役割だと思っています。社員がはたらきたくなる環境をいかにつくるか。居心地のいい環境、出勤したくなる環境をつくりたいと思っています。ねこ社員はその一貫です。みんなの気持ちを引き出して、まとめてくれることを期待しています。その対価として、月給5000円は破格ですよね。超ハイコスパです。

 

極端な話&ちょっとひどい例ですが、「どうすれば世界から戦争がなくなるか?」という問いに対する、ある1つの解は「宇宙人が攻めてきたら人類間の戦争はなくなる」というものがあります。あれにちょっと似ています。色々な要素でごちゃごちゃしているところに、外部から刺激がくると、それどころではなくなる。というやつです。それの平和版。みんなが気にする対象があるというのは、考え方をまとめ、方向性を整理するためにはかなり効果的なことだと思います。子どもによって夫婦関係が正常化するような感じでしょうか。あまり突っ込まない方が良さそうな話題になってきましたので、今日はこの辺で。

 

きなこをよろしくね。

 

 

 

「鰆東風」って読めますか?、

今日の東京はわりと寒かったですね。朝ランニングに出たときは、2℃でした。風も強めで体感気温はさらに低かったんじゃないでしょうか。ここ数日暖かい日が続いて、もうマフラーいらないやと思っていたのですが、今日はまたしっかりマフラーを巻いて出かけました。寒い日と暖かい日が交互にやってくる様子は三寒四温といいますよね。3日寒い日が続いたら、次は4日暖かい日になる。1日つづ増えていって、だんだん春になっていくっていうイメージです。寒い日が3日ということは、明日もまだ寒いですよ。

でもなんかちょっと違うみたいですね^^:だんだん暖かくなる様子を表した言葉ではないみたいです。冬は常にそういう状態らしいです。詳しくはググってみてくださいませ。しかしながらこの時期、寒い日と暖かい日が交互にやってきて体調管理と服装の調整が大変ですね。みなさんも風をひかないようにお気をつけ下さい。僕はヤクルトの存在を再認識してから積極的にヤクルトを購入しております。効果は未知数!

 

日曜日の夜、いかがおすごしでしょうか。休日も終ってしまいますね。この時間はいつもちょっとさびしいです。貴重な時間をゆったりすごしてください。僕は今週も大阪行きの新幹線の中からブログを書いております。そんなわけで、今日の記事はゆるめにやっていこうと思います。今夜も少しだけ、おつきあいのほどよろしくお願い致します。

 

三寒四温という四字熟語は、わりと日常でもつかいますよね。特に今の時期はよくききます。日本語って独特の季節の言い回しがあって面白いですよね。季語っていうのかな。たとえば、僕の好きな春の季語で「東風」があります。「とんぷう」じゃないですよw。「こち」と読みます。なんだかかわいいですね。今の時期よりももう少し暖かくなったころの季語のようです。雨を降らし、氷を溶かして寒さを緩める、春を告げる風の名前です。なかなかいいですよね。そして、「東風(こち)」にはいろいろな植物や動物、時間、などを組み合わせて沢山の現象を表現することができます。たとえば、鰆という魚と組み合わせて「鰆東風」(さわらごち)岡山県でサワラ漁の頃に吹く風です。現地の漁師さんがつけた名前でしょうか。風に名前がついているって中二心をくすぐりますね。かっこいい。風に名前つけたくなりますね。

漢字ってとっても表現力が豊かで面白いですよね。でも日常ではなかなか使う機会がありません。でも、知らないだけでたくさんの季語があります。「東風」はこの本で知りました。「美人の日本語」です。日めくりカレンダーのように1年を通してきれいな日本語を紹介しています。僕の本棚にもありまして、たまにぱらぱらめくるだけでも楽しいですよ。

 

 

 

 

 

羽生氏について思うこと、

今日は本当に暖かでしたね。春ももうそこまできているようです。世間は二人の羽生さんで盛り上がっておりました。僕はどちらもほとんど興味がないのですが、若い人が素晴らしい成績を収めるっていいですよね。とても元気になるというか、勇気付けられます。彼にできるなら自分にも何かできるかもしれない!って思えてきます。

 

www.nikkansports.com

 

www.asahi.com

 

何か、達成困難なことがあって、「自分には無理だ、常識的にできない」って思っていることでも、前例ができた瞬間、できるようになることがあります。彼に、彼女にできたのなら自分もできるかもしれない!って。1人の天才が、他の人たちの成績を一気に底上げしていきます。

 

いきなりゲームの話になってしまい恐縮ですが、わかりやすい例があります。メタルギアシリーズという3Dのアクションゲームがあります。これはTVゲームだったのですが、携帯ゲーム機で初めて新作を出すときに、何故かカードゲームになってしまいました。メタルギアは3人称視点の3Dアクションが面白いゲームだったので、とても残念だったのを覚えています。何故こうなったかというと、携帯ゲーム機の小さい画面で3Dのアクションはできないだろうというスタッフの思い込みがあったそうです。でも、海外のメーカーが別の3Dアクションを開発しました。携帯ゲーム機の小さい画面、ローパワーでも、面白い3Dアクションゲームが作れるということを証明したのです。それが前例となり、その2年後、メタルギアソリッドポータブルオプスとして、3Dアクションのメタルギアができたということです。このゲームはとても人気になりました。

 

スポーツの世界でも同じように、前例ができるとあとが続くことがよくあります。新記録を出すと、それに続いていい記録が出てくるというのはよく聞きますし、野球の野茂英雄選手がメジャーリーグに行った後、次々と日本人メジャーリーガーが活躍しはじめたという例もあります。人間の力っていうのは割と相対的なものなのかもしれませんね。新しい力、前例に引っ張られてみんなの能力が向上していきます。

若い人たちが不可能に挑戦し、可能にしていく姿は特に強い牽引力があると思います。今後の人間のパフォーマンスを一気に押上げ、変えていく力を感じます。もしかしたら、自分たちでもできるんじゃないかって。超普通な一般人である僕も、少なからず、そして確実にその恩恵をうけて、元気や勇気をもらっています。超えられないと思っていた壁も、そのハードルの高さが分かっていなかっただけ、誰か最初の1人が超えていったら、その後はどんどん続いて超えられるようになるのかもしれませんね。10人のおっさん役員より1人の若者に引っ張られる方が、よりよい未来が来るような気がします。