代々木ではたらく

これからの働き方を考える

自宅に最適化されていく覚える家電、

こんばんは、よしけです。今日も東京はとてもあつく、外に出るとサウナにいるようなそんな肌感がありましたね。夜はわりと過ごしやすい感じでした。Tシャツサンダルで夜の街をぶらぶら歩くのが結構好きだったりします。ぼんやりした夏の夜がいいですね。

 

先の日記でも触れたのですが、引っ越したついでに、家電製品をいくつか導入しました。家電は投資だと思っているので、時間を短縮し、ストレスを低減し、健康を維持することを第一に考えて選んでいます。家事にへんなこだわりをもたないように、ある意味で思考停止的な生活ができるように。家に帰ってきてまで脳をフル回転させたくないですからね。ゆっくりできる空間のための投資でもあります。

 

で、今回はウオーターオーブンとロボット掃除機の2つを導入しました。僕の家電知識は10年前からストップしているので、現代の家電の進化っぷりにとても驚きました。10年前では全くありえなかった機能が満載だったから。いつになったら未来が来るのか?なんて思っていましたが、本当に進化しているんですね。これから先の家電の姿もちょっと想像できてきました。特に面白いなーと感じるところは、家電といっても思い浮かべる「機械」とはちょっと違うんですよね。今までの機械って同じ機種であれば全く同じに作られていて、使う人間が機械に合わせて使い方を考えます。どうやって使ったら効率がいいか、とか、どのタイミングでどの機能を使うか、とかね。人が考えて使っていたわけです。

でもこれからの家電って、同機種同一じゃないんですよねきっと。買ってきたときは同一なんですけど、その家ごとに家電が自動的にフィットしていく。まあ、簡単に言えばAIが乗っていて、使っていくうちに勝手に傾向を勉強して、そのご家庭に最適な家電に育っていくんですね。だから同じ掃除機を買っても、家ごとに全く違う動作をしているとかがあるんじゃないかなーと思います。「うちのロボット掃除機をいきなり別の家に連れて行って掃除させたらめっちゃ遅くなった」みたいなことが起こるわけです。従来の人間の手で扱う掃除機はそんなことはありえなかったわけです。

オーブンのような形の調理器だって、最初は料理がへたくそだけど、同じ料理を作り続けるとだんだん上手くなっていくんだと思います。工場で学習済みの最初からあるプリセットはともかく、各家庭それぞれの味の好みを反映した料理がつくれるようになっていくわけですね。

 

本当、攻殻機動隊タチコマみたいな感じで、機械が個性を持っていくっていうのは、こういうことから始まるんだなーと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

3連勤、

こんばんは、よしけです。今日も東京はとても暑い1日でした。毎日暑い暑い言っています。猛暑のさらに上級の暑さは「酷暑」っていうようですね。まぁ酷いものですよね。連日35度あたりまで気温あがっています。昼間に外に出なくていいように、朝、出勤時にお昼ごはんを買って出社してみたりしています。外に出るだけで体調不良になりますから。

世間様は、明日の月曜日が海の日でお休みのようですね。いいですねー3連休。僕はいつも通り3連勤です。というか休みの概念が崩壊しているので、やることがある限り働き続けています。世間が休みの方が静かで仕事が捗るんですよね。まぁ、休みなく働くことはとても危険なのでよいこは真似しない方がいいと思いますが。仕事好きなのでね。いくらやっても何にも苦にならないのですよ。暇潰せるし、お金もらえるし、最高じゃないですか。ただ、この感覚を共有できる人はなかなかいなくて、いたとしても一緒に仕事をするのが構造上難しかったりするのですよね。休みなく永遠に働き続けようという部分ではなく、好きなことを楽しくやるっていう部分の共有がね。結構難しいです。共有できる人がいれば即仲間に入れたいなーと思っているんですけどね。今後の課題です。

 

コンビニビールが楽しみ、

こんばんは、よしけです。今日も東京は猛暑でした。夜になっても全く気温が下がりませんね。豪雨の後は猛暑、今年の夏はなかなか荒ぶっていますね。しばらくは30度以上の日々がつづくようですので、みなさん体調にきをつけてください。水分をたくさん摂りましょう。

 

暑い夜がつづくなか、ちょっと嬉しいニュースが飛び込んできました。セブンイレブンが、ビールサーバーを始めるようですね。セブンはどんどん新しいことを仕掛けていって本当にすごいですね。先陣切っていく感じが大好きです。

mainichi.jp

コーヒーと同じような感じで、ビールサーバーが置かれるようです。値段も100円からと手軽すぎる金額。仕事帰りに寄るコンビニでおいしいビールがちょこっと飲めるのは結構嬉しいんじゃないでしょうか。これはやはりイートインコーナーと合わせて力を発揮するような気がしますね。お惣菜や、店内でつくっているホットスナック、おでんもありますからね。しかしながらセブンはあまり、というか今の所全然イートインコーナーがある店舗をみたことがありません。地方にはあるのでしょうか?地方のコンビニは車で来るのが基本で、ビールサーバーとの相性はあまりよくないような気がします。また、いくら手軽だといえ、コンビニのイートインで飲み会をするような感じになるのもあまりいいとは思えません。サイズもSとMでLは無いところをみると、もしかしたら1人1杯までとかの制限を設ける可能性もありますし、店舗によって取り扱うかどうかもあるかもしれません。そのあたりを今回のテスト販売で見極めたいのかなーとも思います。コーヒーと違って、タイミングやライフスタイル、店舗ごとの立地などにも大きく関わりそうですからね。都内や住宅密集地のコンビニなんかはとてもマッチしそうですけど。

 

コンビニがますます万能になってきましたね。僕、コンビニ大好きなのでこういう施策は本当に嬉しいです。今後もいろいろ仕掛けていって欲しいなと思います。

 

 

 

買いフォロワーの消滅、

こんばんは、よしけです。東京はとても暑い日がつづいておりますね。エアコンの効いた室内と、猛烈に暑い外を行ったり来たりするだけで、体がぶっ壊れそうな感じです。お腹痛い。そうそう、そういえば、いつかの夏、山手線の駅全てに降りるというアホなことをやっておりまして。まさにエアコンの効いた電車内と猛暑の外の出入りを数分おきに繰り返した結果、見事に体調を崩して寝込みました。みなさんも体調管理にはお気をつけくださいませ。来週はずーっと暑いみたいですので。

 

ツイッターが偽フォロワーを大量削除だそうですね。これによって「ユーザー数は減らない」というのはちょっと面白いですね。いかに無駄な存在だったかということがわかります。

www.nikkei.com

ツイッターのフォロー/フォロワーの比率というのはなかなか意味があるようで、この数字に命をかけている人たちも結構みてきました。数を稼ぐための荒技もたくさん開発されてきました。僕は全然わからない世界ですが、、。フォロワー数多くても、実際のツイート内容がクソだったら何の意味もなくないですかね?まぁ、その「人気」っていうだけで価値を見出す人というのが一定数いて、そういう人たち向けのアクションを考えている人にとってはとてもいい指標だったわけですね。TVCMみたいな感じでしょうか。そんなわけで、この数字だけを「買う」ことが1つの投資みたいな感じで機能していたのですね。僕も実際に投資として「フォロワーを買う」現場にいたことがあるのでよくわかります。「数万件買っときます?」みたいな感じでマーケティングの1つに組み込まれていたりしました。

 

中にはこんな人もいたようです。ニッコリしてしまいますね。

tablo.jp

 

で、その「買いフォロワー」がある程度消滅したことで、今後このイメージ戦略は使えなくなるわけですが、まぁ、抜け道はたくさんあるというか、やりようはいくらでもありそうですよね。ツイッター社の発表によれば、「12日から始める。文脈とは関係なく大量のコメントを投稿していたり、内容が不透明なネットのリンク先を貼り付けていたりするアカウントはすでにロックしているが、今後、一定の確認作業を経て原則削除する。」とのことですが、逆に文脈と関係ある少量のコメント投稿、内容が透明なリンク、とかをツイートしているアカウントは対象になっていないわけですね。(それが普通の使い方ですから当たり前ですが)。これができる偽アカウントを大量に作ればいいわけですね。「あとはわかるな?」って感じで。かなり質の高い商品になりそうです。この取り締まり合戦はいたちごっこになる様相を呈しています。ツイートする瞬間に指紋認証をや網膜認証を設けたりとかして生身の人間かどうかを判断するとかやりそうですが、それすら「あとはわかるな?」って感じでいたちごっこが加速しそうです。まぁ、「いたちごっこ」ってとても効率的な技術進歩の過程だと思うので、いいぞーもっとやれって感じですかね。

 

まぁ、何を目的にしているのかってことで、フォロワーの数をみてニヨニヨしたいのか?それとも自分のことをファンに欲しいのか?どっちやねん?って話ですわな。つべこべ言ってないでいいツイートをしろ。ですね。

 

 

 

 

 

マヌケシンカーの質問、

こんばんは、よしけです。今日の東京は朝方雨が降っていたような気がしますが、早々にあがり、そこそこいい天気になりました。でも、湿度が高くてエアコンの効いた部屋から外に出ると一気にメガネが曇ってしまいます。外に出た瞬間、メガネ曇ったオモシロ人間になってしまうので、同行している人がいると、俺「オロオロ、、」同「!!??」となって結構気まずいですね。全く、湿度が高いとロクなことがありません。

 

ここ最近の生活改善によって、朝7時に起きているため、21時頃からもう何も考えられないくらい脳の回転数が落ちてしまいます。もう難しいことが考えられません。朝のスッキリ脳の回転数が100だとすると、20とか10くらいまでパフォーマンスが落ちています。これ実際に数値で見れないから感覚でしかないですけど、実際そのくらい落ちていると思います。こんな状態で仕事しても、単純計算でも朝の5倍くらいの時間がかかってしまいます。まぁ、さっさと寝て、よく朝仕事を再開するのがいいですね、これは。

 

で、脳の回転数が落ちた状態でマヌケシンカーの今、1つ気になることを質問したいんですよ。あのですね。「被災地で救助隊の格好をした窃盗団がいます」っていうデマ(?)が話題になっていましたが、あれって何が目的なんでしょうか?デマを流している人は何か目的があると思うのですが、何か得するんですかね?多分僕より全然頭がいい人がやっていると思うので、いい感じに課金される仕組みとか、めぐりめぐっていいことがあるんじゃないかなーと踏んでいるのですが、僕には考えが及ばず、、ナイスアイデアが思い浮かびません。本当に単純に知りたいだけなのですが。何かとんでもなく参考になりそうで。

 

あともう1つマヌケシンカーの質問があります。社会人になって勉強をしなくなる人が結構いるらしいのですが、本当ですか?これもマジの質問です。本当ですか?聞いた話によると「月に1冊の本を読む人は100人に1人いるかどうか」とのことなのですが、嘘ですよねこれはさすがに。デマですよ。嘘乙。何か不安を煽るうたい文句的なやつですよね?いやいやさすがに、義務教育だけで一生暮らしていけるわけないですから。みんな勉強ちゃんとしていると思いますよ。さすがにこれは嘘決定です。

 

 

 

洞窟ワーカーと、少しビールの話、

こんばんは、よしけです。今日も東京はとてもいい天気で暑かったですね。こんな日は外に出ない方が良いのですが、丸一日屋外での仕事となってしまいました。僕にとって外で仕事するというのはとても珍しいのですが、たまーにあるんですよね。結構苦手です。基本的には洞窟ワーカーなので、狭くて暗い穴の中に入っているのが一番好きなのですが、、。でも、今日は一日中炎天下に晒されておりました。汗だくだくで、水をガンガン飲んでも全部汗で流れてしまいます。そしてTシャツには塩w。これがすごくダサい感じの見た目になってしまいます。

まぁ、たまにはこうやって太陽の光を浴びて、体に水をガンガン通すのも良いかもしれませんね。で、夕方にはもうすごく疲れるわけですが、これが意外と気持ちの良い疲労感なのです。普段の洞窟ワークとはちょっと違う疲労感です。体を動かした疲れ、肉体疲労というのでしょうか。対して洞窟ワークは、眼精疲労と考えすぎからくるストレス、肉体的というか精神的に来る感じです。たまにはこうして、外で体を使う仕事もいいものですね。そしてビールがより一層うまい。

 

最近はビールを毎日飲んでいる僕ですが、意外と売れてないのでしょうか?

www.nikkei.com

2000年を過ぎたあたりから、ずーっと減り続けていますね。ビール以外の選択肢が増えたっていうこともあるかもしれませんが、ちょっと寂しい限りですね。僕はお酒の中だったらビールが一番好きなので、夏に向けて盛り上がって欲しいなーと思います。クラフトビール大好きなんですよね。美味しい店あったら教えてください。

 

わかりやすいところで1件紹介。渋谷の道玄坂にあるHemel。ビール選ぶだけで楽しいですよ。ビールの天国ですね。行ってみてください。

hemel.o0o0.jp

 

 

 

近況雑記、

こんばんは、よしけです。今日の東京はとても暑かったです。本格的に夏が始まった感じがあります。学生さんはもう少しで夏休みですね。羨ましい限りです。

弊社は相変わらず本業のほうがバタバタで、連日打ち合わせが山盛りな状況です。この時期、昼間の打ち合わせは暑くてとてもしんどいので、789月は夕方か夜に打ち合わせをやることにしたらどうでしょうかかね。そのままビールコースに展開すれば消費にも繋がりますよ。

 

西日本の豪雨もようやく収束に向かいそうです。観測史上最強とはいえ、これからはこの規模の災害は常に念頭において雨季対策を考えねばいけないですね。

また、豪雨と並行して報道されていた、タイの洞窟に閉じ込められていた13人ですが、全員無事に救出されましたね。ワールドカップが終わる前に戻れて本当に良かったです。救出はとてつもなく難しいミッションだったとことでしょう。チームの判断、決断がバッチリはまった結果ですね。本当にすごいと思います。早速映画化が噂されているようで、おいおい早くねーか?と思いますが、熱いうちにという感じなんでしょう。もし映画化するなら、災害救出のケーススタディとして後学に役立つような作品になるといいと思います。物語やドラマ、お涙は無限にある他作品に任せて、危機に対する具体的な作戦や判断のプロセスを提示して災害対策映画として1ジャンルの走りとなってほしいなと思います。この奇跡的な経験値、アイデアを広く伝えるような映画ならみたいなーと思います。