代々木ではたらく

これからの働き方を考える

全てコンビニに集約してしまう、

こんばんは、よしけです。今日の東京はようやく春らしさがもどり、外を歩くのが気持ちよいお天気でした。4月も後半ですからね。暖かくなってほしいものです。仕事も忙しくなく、適量という感じでぼちぼちやっております。休憩を適度に入れたり、ゆっくり冷静に考える時間をとれるくらいの余裕がないといけませんね。とくに頭を使う仕事は暇なくらいが丁度いいと思います。そういうときにいいアイデアが思いつくわけですからね。

 

そんなわけで、今日はこれといってトピックはありませんので、気になったニュースを1つネタにしたいと思います。セブンイレブンが民泊事業やりだした件です。これは面白いと思いました。本当、セブンはいろいろやりますね。現状維持せずどんどん新しいことをやる姿勢がとても好きです。

 

セブン-イレブンに民泊チェックイン機を設置 6月15日よりサービス開始|セブン‐イレブン~近くて便利~

 

セブンの店舗内にATMみたいな端末をおいて、そこで鍵の受け渡しができるみたいですね。コンビニ店内が端末だらけになってきました(笑)。たしかに、鍵の受け渡しは結構ネックになる部分ですね。24時間受け取れて、信頼性が高く、住宅地に点在するとなればコンビニしかないわけです。日本がこれから力を入れるべき分野の一つは観光ですが、そのときに必ず必要になるのが宿泊施設です。これから、小さい宿泊施設はかなり増えていくんじゃないでしょうか。セブン頑張ってほしいですね。

 

コンビニが無人になるんじゃないかという話もありますが、僕は日本国内においてはまだ結構先なんじゃないかなと思っています。コンビニって本当にいろいろな役割がありますよね。宅配便や、公共料金の支払い、書籍、ゲーム、銀行、チケット発行、イートイン、とかとか。住民票とかもとれましたっけ?。確かに、全部を無人にすることは技術的にはできると思いますし、そうなっていくと思います。でも、だからこそ、そこに誰かいるという安心感も提供していくんじゃないかなと思っています。地域の安全をやんわり守るような感じで。作業は機械がやります。でも、接客や、コミュニケーションの部分は人間がやり続けると思うんですよね。僕がフリーランスの頃、コンビニの店員さんとしか会話しない日とか結構ありましたからね。本当にありがたい場所だと思います。これからの社会において、コンビニの役割ってどんどん重要になっていくと思います。店と呼ばれるもの全て、コンビニに集約してしまうんじゃないかとすら感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが一緒に働きたいと思わないと入社できない、

こんばんは、よしけです。今朝、東京は強めの雨がふっていましたね。午後は日差しがでてきて気持ちのよいお天気になりました。雨上がりの夕方は空気が澄んでいて街がきれいですよね。でもまだ少し肌寒いです。

 

3月後半から続けてきた採用面接が本日をもって終了いたしました。応募は20人くらい、そのうち、面接に来てくださったのは10人くらいでした。今年もいろいろな人に出会えて本当に良かったと思います。初対面で1時間くらい話しますから、僕自身とても勉強になりました。得るものがたくさんありましたし、会社をどう運営していけばよくなるかヒントをもらいました。

 

面接をする中で、実力度外視で印象がよくなる人が何人かいたので、紹介したいと思います。実はこれが結構ウエイトがあり、採用するかどうかに響きます。

 

・頼んでいないことをやって、もってくる。(1人)

・仕事以外に大切な趣味があり、語れる。(2人)

・初対面で1時間以上会話できる。(2人)

・面接の次の日にお礼のメールをくれる。(1人)

 

括弧内は「10人中何人いたか」なのですが、 4つのうち2つクリアしているひとはいませんでした。これで何が分かるかと言えば、自分の頭でちゃんと考えているかどうか。実力だけ高くても、採用に至るとはかぎりませんし、マニュアル通りの答えや、準備できること、こちらが予測できる範囲に収まっていたら頭一つ抜けられません。

加えて、同じ空間で一緒に働けるかどうかがもっと重要です。下手をすれば家族より一緒にいる時間が長くなる可能性もありますからね。付き合いやすいか、コミュニケーションをとりやすいかの方が重要です。1時間も会話すればぼんやり分かってきます。

グーグルでは、採用するとき、今働いている人と合うそうです。みんなが一緒に働きたいと思わないと入社できないそうです。もちろん何ができるかは重要ですが、最後は人と人の相性で決まるということですね。大変なときに助け合えるか、有益な情報を共有し合って、切磋琢磨できるかが大切ですね。

弊社としても、この点をとても重視しています。今、社員は5人しかいませんから、自然とコミュニケーションは密接になります。これは良い方向にも悪い方向にも行ってしまい、大人数の会社よりも人間関係のウエイトが重くなります。実力のある人よりも、ずっと一緒に働きたい人が仲間になってくれると嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

 

 

裏が出た瞬間10,000円とられ試合終了、

こんばんは、よしけです。東京は雨ふりですね。春のあたたかさは微塵もありません。寒いです。僕は数週間前から体調が優れず、今も喉が痛い状態が続いています。この寒さで悪化しなければいいのですが、、。みなさんも暖かく過ごしてください。

 

朝のニュースで、地方都市の知事が女性問題で取り上げられていましたね。最近の不倫報道などは本当にどうでもいいのですが、知事となると信頼性を失ったりして本当に大変なことになりますよね。名のある企業の代表とか、知名度のある人が問題を起こすと、一般人とは比べ物にならないほど叩かれてしまい、今持っているものを全て失ってしまうこともあります。僕も取引先の社長さんが逮捕されたのを見たことがあります。「会社つぶれたなと思った」と言ってました。社員が優秀でつぶれませんでしたけど、大変そうでした。孤独なんですよね。やっちゃう人たちは。だからってやっていいわけではありませんけどね。

で、僕は結構これが不思議だったりします。なぜやっちまうのでしょうか。ダウンサイドリスクが大きすぎて、その勝負にのるのはオッズに合わないというやつです。明らかに損する確率の方が高すぎます。続ければ続けるほどドン底を味わう確率は100%に限りなく近づいていくでしょう。「悪い」とされていることはほとんどそういう仕組みになっているはずです。

バレなければいい。その通りです。バレなければいい。でも、それを繰り返せば繰り返すほどバレる可能性が上がります。運良くバレなくても、継続していることで悪い要素もどんどん増えていきます。含み損みたいな感じですかね。そして、いつかバレます。強制ロスカットです。コインを投げて表が出れば1,000円もらえます。でも裏が出た瞬間10,000円とられ、その勝負は終了です。こんなバカなことやりますか?コインの表を出し続けることはできないのですよ。

叩かれたらボロがでるようなことはやらないにこしたことは無いです。今までつみ重ねてきたものを全て失ってしまいます。今までの自分を失うということは、今までの時間を失うということです。最高にもったいなくないですか?クリーンでいるのが一番。損することなんかありません。叩きたい放題ですよ。パン!パン!パン!

 

 

カフェのむこうの女が、35歳男はオワコンって言ってます。

僕、オワコンに近づいています。

僕、オワコンですかね。。

 

 

マニュアルのない仕事を自分の主観でつくれたら、

こんばんは、よしけです。気づけばもうこんな時間、時刻は23時をまわろうとしています。毎日毎日こんな調子で、早く家に帰るなんて全然できていません。部屋は荒れ放題、ポストは郵便物で山盛りです。困ったものです。

 

定時で帰宅するコツは「答えの無い仕事をなるべく受けない」ということを聞きました。答えのない仕事というのは、どこまでやったら終わりというものではなく、ほぼ無限にクオリティを高めることができてしまうようなやつです。このような仕事は締め切りがくるまで仕事がふくらみつづけてしまいます。昼も夜も関係なく、時間があればあるだけ仕事に向かってしまいます。どこまで質を高めればいいか?発注者と受注者で明確にゴールを決めないでスタートしてしまいます。こういった答えの無い仕事を受けていては定時で帰宅できません。

 

これ見たとき僕はちょっとショックでした。僕がまさにその状態だからです。僕の仕事は90%以上答えが明確でない仕事です。どこまでやればいいか決まっていませんし、いつまでやればいいかも決まっていません。帰れないわけですね。時間がいくらあっても足りないわけです。今の仕事のやり方をしている以上、僕は一生定時に帰ることはできないということになります。かなしいですね。

 

逆に、答えのある仕事ってどんなものでしょうか?答えがあるということは、マニュアルがあったり、前例があります。そういう仕事というのは、手順に従って進めていけば、答えにたどり着けるということです。誰でもできるということになります。その仕事って、僕がやる必要あるのでしょうか?誰でもできるということは、いずれ、機械や人工知能がやることになるやつですよね。その仕事を一生懸命やっていたら、定時で上がれない以上に悲惨な未来が待っている気がします。

 

じゃぁ、どうすればいいのでしょうか。 

答えの無い仕事は無限に作業が膨らむし、答えのある仕事は近い将来無くなる可能性があります。それならば、自分で答えをつくれる仕事が最強なのではと考えました。自分がゴールを決める。自分が品質を決める。自分が値段を決める。答えになる部分を自分で決めてしまえばいいんじゃないかなと思います。自分で基準を決めることができれば、どこまでやればいいか明確になり仕事が無限に発生することを防げます。また、自分がルールになるので、他人が同じことをしようとしたり、機械が代行しようとしたときに柔軟にやり方を変えていくことができるでしょう。マニュアルのつくれない仕事を自分の主観でつくっていくことができたら、最強かなと思います。

 

 

 

僕みたいにクソ仕事野郎にはもってこい、

大阪に向かう新幹線からこんばんは、よしけです。

今週はいつもより遅い時間の新幹線となってしまいました。19時20分品川発です。新大阪には21時46分到着予定です。なかなか時間がかかりますが、こうしてブログを書いたり本を読んだりしていると一瞬でついてしまいます。まったく、時間は1秒も待ってくれませんね。そうそう、今日はそれに加えて、書籍への寄稿の仕事もこの移動時間にやってしまおうと思います。文字の仕事というのは本当にいいですよね。パソコン1台あればどこでもできます。低スペックのパソコンでも大丈夫だし、最悪スマホでもポチポチできます。在庫もありませんし、変な投資も技術習得もいりません。超シンプルに脳直で価値が産める最強の業態ですね。でもそのかわりに自分の中身、頭の中身で勝負です。これはとてもシビアで、ごまかしのきかない厳しい世界です。だからこそ面白いのですけどね。文字通り日々の活動が物を言います。

 

話は冒頭に戻って、今日は週末にもかかわらず仕事が忙しく、新幹線の時間を後ろ倒しにしても全然終りませんでした。また、明日に持ち越しです。そんなバタバタな状況にぴったりのものを発見しましたよ。完全栄養のなまパスタです。ナチュラルローソンにありました。

 

basefood.co.jp

 

完全食はたまに話題になりますが、いかにも若手ブロガーが好きそうなネタですよね。みんなネタにしてください笑。僕は面倒くさいので詳しく紹介しませんので、リンクでも見てください。1日に必要な1/3の栄養が全て摂れるとのことで、3食これ食べていればおkとのことなのでしょうか。僕みたいにクソ仕事野郎にはもってこいじゃありませんか。しかもパスタ大好きですよ。若かれし頃は3食パスタでもいいとのたまっておりました。

で、このパスタが美味しいのか?と、気になると思います。僕は今日のお昼に、即席タイプのバジル味をいただきました。即席タイプでも、ちゃんと生麺が入っていて見た目はものすごく美味しそうでした。

f:id:noayos:20180415195639j:plain

味は、、、んーあまりおいしくないなぁ。というのが正直なところです。期待しすぎたところもありますが、食感も含め、そんなに完成度は高くありません。好みもあると思いますが、薄味好きな僕にとってはかなり塩味が強く感じました。白米をぶち込みたいレベルで。ただ、これで完全栄養なら悪くないかもしれませんね。次回は、即席タイプじゃなく、ちゃんとお鍋でゆでるタイプも試してみたいと思います。ソースをちゃんとつくれば、かなり美味しいんじゃないでしょうか。それ、ソースやんな!。ソースやで!。

 

電子書籍がなぜ嫌だったか、

こんばんは、よしけです。

東京は曇り模様でちょっと肌寒い1日でした。

 

社内で、「3万円以内で生活を変えるものは何か?」という話になり、電子書籍リーダーのKindleをオススメられました。僕は本が好きで、最低でも週に2〜3冊は買います。(読書スピードは遅いので「2〜3冊は読みます」ではないところがミソですが、、)まぁ、それなりに読んでいます。鞄の中は常に4冊くらい入っています。紙の本至上主義で、電子書籍は絶対にありえないと思っていました。ただ、食わず嫌いもよくないし「生活を変える」と言われたら試してみるしかありません。その会話の流れで、ポチりました。

紙の本のどこがいいかと言えば、電池いらない、パッケージ感、手に持てる、パラパラめくって雰囲気で読める、どこまで読んだか感覚で分かる、とかとか。まぁ、リアルに現物が存在しているから、日常の物理現象の中で他のものと同列に扱えるんですよね。全ての要素に手が届く、管理できる。それがとても楽であるし、特別な思考がいらない、気を使わなくていい感じ、自分に寄り添ってくれる感じがいいんですよね。なんかあまり上手く言えませんが。とにかく、人類という動物にとって、触れられる安心感があるのですね。

 

で、電子書籍がなぜ嫌だったか、というと、上記の反対のことが起こっているからです。なんか全部掌握できない感じ。バッテリーいつ切れるかわからない。どこまで読み進めたか分からない。裏で何が起こっているか分からない。いきなりサービス終了するんじゃないかとかね。なんか、物体として信頼性が低いんですよね。それってデータにお金払うのが嫌だというのと少しリンクしていますよね。

でも、今、僕はデータにめっちゃお金払ってます。映画もクラウドで管理しているし、ゲームも音楽もそう。もうほとんどデータで買っています。心理的な垣根は無いはずです。そう考えると、本だって全然電子でいいはずです。残る障壁は、「バッテリー」「どこまで読んだか」です。

 

バッテリーについて。

公式だと8週間持つそうです。まじすか?十分ですよね。僕、アップルウオッチ毎日充電してますよ笑。なんなんすかね。自分の中で矛盾が発生しています。8週間も持つならなんの問題もありませんよ。解決です。しかも僕、毎日パソコンに向かって作業しています。充電なんてちょっとUSB繋ぐだけです。そうは言えども、充電はやはりどこかしら気を使うっていう嫌な面もあります。そんなに省電力なら、ソーラーで動くようにしてくれませんかね。そうなったら完璧ですよ。

 

どこまで読んだかについて。

紙の本だと、どこまで読んだかって感覚でわかります。あれが良いのですね。紙の本好きの人は結構そういう人いますね。達成感でしょうか。でも良く考えると、それいりますかね?どこらへんまで来たかなんてあまり関係なくないですか?やはり、ただ達成感の自己満足だけだったのでしょうか?むしろ、6割読んだとき「あーそろそろダレ場かな?」9割くらいのところで「まとめに入ってる?」とか内容に関して変なバイアスがかかってしまいそうではありませんか?どのあたりまで進行してるか?なんて、知らなくてよかったのかもしれません。

 

おや?

もしかして、紙の本じゃなくても、僕いけるかもしれません。そんなわけで、読み放題のKindle Unlimitedに登録しましたよ。めっちゃ本読むでー!

 

 

 

自分に言い聞かせている、今です、

こんにちは、よしけです。

ようやく金曜日になりましたね。みなさん一週間お疲れさまでした。今週はどうでしたか?なにか面白い事件はありましたか?来週はなにをしますか?今週と来週の間が始まりますね。予習復習していきましょ。

 

あー、悩むなぁ。ってことありますよね。僕も常にそんな感じです。でも、表向きには「悩みなんてないよ」「悩むなんて時間の無駄だよ」って言っています。言っているだけでなく、本当にそう思っていて、自分をだます作業も完了しています。それなのに、あー、悩むなぁ。ってことが発生してしまいます。まったく、無駄ですね。で、なんでそんなことが発生しているかと言えば。本当のところは答えが出ているにもかかわらず、なんらかの事情で答えを出せないでいるということですね。本当にAかBで悩んでいるわけではないのですよ。100%Aなんだけど、ある障壁があってAと言えないという状況です。Aだと口に出せば、おいおい昨日と言ってること違うじゃんっていうことになります。そういう悩みとはちょっと違うただのカッコつけが発生しているわけです。まったく、とんだビビリですね、僕は。

そういう問題はだいたい時間の問題です。ある一定の時間がすぎると、スっと嘘みたいに解決してしまいます。本当です。なーんだやっぱり悩む必要なかったじゃんね、ということなんて山ほどあります。悩みなんて本当に無駄ですよ。

と、自分に言い聞かせている、今です。