代々木ではたらく

これからの働き方を考える

口頭でのバトルに負けないブログ、

どうもこんにちは、すっぽかしブロガーのよしけです。自分のことをブロガーだと思ったことは一度もありませんが、そう名乗ってみました。ブログの記事を過去の時間で更新できる機能を覚えてからというもの、デイリー更新の過酷な仕打ちから解放されて、悠々自適なブログライフを送っておりますわよ。と僕の大好きな肉級さんをリスペクトした語尾を入れつつ今夜も文章を書いていきたいと思います。

 

冒頭で告白した通り、更新日時は25日夜ですが、実際に書いているのは26日のお昼頃になります。コンビニ弁当をかっ込みながらキーボードをポチポチしていますわよ。文章を書くことはとてもいいなーと思う今日この頃です。僕はブログを書き始めて1年以上が経過しています。毎日書いているので400記事を越えました。最初の頃は本当にひどい文章で、200字くらいしかかけませんでした。小学校の頃から作文は大の苦手でしたからね。1年書き続けると、まぁそれなりに書くことに慣れてきました。少なくとも200字でギブアップすることはありません。でも、うまい文章やお金になる文章は相変わらずかけません。それらは僕が書いているのと同じブログでも、全く性質の違うものだと途中で理解し、僕が目指すところではないと分かりました。お金を稼げるブログというのは、やはりある一定のセオリーがあり、平均点をとるための勉強みたいな形式があるのですね。

 

多くの人は、ブログで稼げなかったりPVが少ないとモチベーションが下がってしまうと思います。そういう人もたくさんみました。もしかしたら、僕も稼ごうと思って始めていたら、心が折れてしたのかもしれません。でも僕は、ブログで1円も稼げなくても、1日のPVが1桁でも全然OKです。(むしろこのようなブログが万が一広く読まれてしまうと恐怖で生活できません。)僕は文章を書きなぐるように出していくことが今とても好きで、とても楽しいと思っています。だから続けられる。というか、続けてしまうという感じで書いています。クオリティのことは度外視です。すみません。

 

で、僕のブログのような無価値の文章でも、「書く」と「書かない」では雲泥の差があるということを最近少しずつ実感するようになってきました。文章を書かない人の喋り方と、文章を書いているひとの喋り方が明らかに違う現場を見てしまったのです。これはおそらく、本を読む人と読まない人の差よりも圧倒的に大きな差があるように思います。

文章を書かない人の喋り方は、時系列に整合性がとれていません。自分で喋っているにもかかわらず、数秒前の自分の言葉を参照できないため、一貫性を保つことがとても難しいのです。一見筋の通ったことを言っているようでも、その喋り言葉を文章に起こしてみると、超意味不明なことを並べてしゃべっています。

それに比べて、日常的に文章を書いている人の喋り方は一貫性があるように感じます。内容ももちろんですが、喋りの構成がしっかりしています。文章を書いていると、一連の流れを目で見て確認して整合性をとることができるます。これを会話でも無意識に行っています。会話の頭で話していたこと、中盤、終盤、で俯瞰して文字として頭に記録して、喋りながらチェックしているのだと思います。

 

多くの人は日常的に文章を書いていません。喋り言葉だけで生活しています。普段の暮らしの中で整合性がとれなくてもほとんど困らないわけですが、しかるべき場所に行ったり、発言したり、交渉する機会のある人は是非日常的に文章を書いてみてはいかがでしょうか。喋り言葉も俯瞰して整合性がとれるようにしておくと、口頭でのバトルは負けなくなると思いますわよ。

 

 

 

 

 

 

みんなの意見を第一優先、

こんばんは、よしけです。今日の東京は本当に気持ちいい天気でしたね。昨日が雨で、今日が晴れだと、ここまで空気が澄んでクリアに見えるのですね。僕は朝早くから東京の街の中をうろうろしていたので、だれもいない東京を朝日がスッキリ抜ける感じがとても美しいと思いました。雨に洗われた、新しい東京を見たような気がしました。

 

僕は今日は朝早くから現場での仕事にでかけました。もういいおじさんになってしまった僕は現場では監督という肩書きになっており、多少ダメなところがあってもみんながフォローしてくれます。なんてありがたいのでしょうか。アシスタントだったら怒られるようなことをやっても全く怒られませんし、はじっこのほうで1人でお弁当を食べていても、みんなの輪の中に呼んでもらえます。なんてありがたいのでしょうか。嬉しい限りです。そんなわけで、スタッフのみんなからいろいろよくしてもらえます。だから僕は今日は「みんなの意見を第一優先に」をテーマにしようと思い、現場に望みました。僕の意見は設計図にまとまり、スタッフみんなにあらかじめ配布してあります。現場ではそれぞれの持ち場のプロフェッショナルが集まっています。その分野に一番詳しい人、僕などでは足下にも及ばない知識を持った人が集まっています。その人たちが僕の設計図を見て、これはこうした方がいいああした方がいい。と意見を言って現場を進めてくれますから、僕はそれ以上の口出しをせず、聞いて、受け入れて、まとめて決断する役に徹することにしました。現場のプロたちの意見ですから、間違いないわけですね。そして、みんなの英知を結集して出した結果を最後に僕がみてOK!と言えばそれでまるく収まり、一番いいものができます。なんという、、なんというラッキーパーソン俺。みんなのおかげでいいものができたよ!。ありがとう!。本当にありがとう!。

 

僕が監督業として今後も生きていける道があるとすれば、現場では「みんなの意見を第一優先」。それを聞いて、受け入れて、まとめて決断。それ以外に方法はない。そう思った1日でした。現場の勇者は現場の最前線で常に戦っているのですから、そこを第一優先にするべきだと思うのです。素晴らしいビジョンを持ったカリスマ的な監督にも憧れますが、僕の役割はそっちじゃないなーと感じる今日この頃です。

 

 

 

今を生きる人間が主役、

こんばんは、よしけです。今日の東京は1日雨が降ったりやんだり、不安定なお天気でしたね。湿度が高く、じめじめ。やる気が全然出ません。弊社のキャットもぐったりしておりました。猫様は湿度が苦手ときいたのですが、本当なのでしょうか?それであれば対策を講じねばと思っているのですが。僕自身も湿度がとても苦手なので、僕は猫ってことになりますね、にゃー。

 

世の中が何やら騒がしいですね。日々いろいろな問題や事件がおこり、ニュースで報じられています。その話題に特に興味が無くても、直接メディアに触れなくても、なんとなく知れてしまうものです。たとえ知りたくなくても、自分にとって全くプラスにならなくても。ネットを使って仕事をしていたり、SNSで友達と遊んでいたりすれば、ネットから情報がしみ出すようにしてあらゆる情報が伝わってきてしまいます。僕は凄惨な事件や、誰かの不倫や、汚い足の引っ張り合いや、個人の恨み辛みなど見たくも聞きたくもないのですが、、。みたいやつが見る。見たくないやつはみなくていい。っていうのは商売が成り立たないのでしょうね。見たくないやつにもいちいち教えて回る。それがメディアってやつですか。まぁ、そうやって自分の欲していない情報を集められるのもネットのいい側面でもあるのかもしれませんが、いらない情報はいらないのです。なぜなら、いらないから。

  

そんなわけで、日々起る事件や事故を知ってしまうのですが、最近の事件で1つだけ書いておきたいことがありました。それは他人に事件を起こさせるのはとてつもなく凶悪だということです。自分では手を下さず、コントロールできる他人に実行させる。直接手を下すよりも数兆倍罪が重いと思います。危害を加えられた人はもちろん傷つきます。それに加え、実行させられた人間も同等かそれ以上に重く傷ついてしまうのではないでしょうか。自分の意志を曲られ、さらに他人を傷つけてしまったという事実は一生消すことができないでしょう。物理的な傷は癒えるかもしれませんが、心の傷はずっと残り続けてしまうかもしれません。どんなことでも、現場で起ったことっていうのは監督の責任なんですよ。どんなことでもね。ポストが赤いのも監督の責任。それが監督の仕事なんですよ。

 

で、この問題はこれだけではないと思っています。良いことと、悪いことの判断ができない状態、もしくは、良いことを良い、悪いことを悪いと言えない状態があるのがとてもまずい気がします。これをSNS上では「とても日本的」と表現する人がいました。それな!。これぞ失敗の本質です。もちろんこれは教育機関だけではなく、社会のなかで今もおき続けていることだと思います。むしろ社会人になってからの方が多いのかもしれません。上の人が言ったからやった、そんなの良い訳ですよ。バカを相手にしてはいけません。自分の足で行って、自分の目で見て、手で触って、その上で自分の頭で考えて下さい。親ガー、先生ガー、上司ガー。とか言っている場合じゃないっすよ。自分より年上や、経験値のある人間は、古い時代を生きてきたのですから、今を見て、今考えて、今やっていきましょうぞ!。時代はいつでも、僕たち今を生きる人間が主役ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし今日はもう眠い、

こんにちは、よしけです。今日はお昼ごはんを食べながらブログを更新しています。近所の飲み屋さんの日替わりランチです。蒸し鶏と夏野菜の甘酢おろし、サラダ付きです。夏野菜は、ピーマン、なす、パプリカ、トマト。それに柔らかい蒸し鶏と、大根おろしに甘酢で味付けしたソース。さっぱりしていて食欲を誘います。年齢とともにこういった野菜ベースのさっぱりしたご飯がとても美味しく感じるようになってまいりました。元から野菜とか和食とかが好きだった僕ですが、最近さらにそれが加速している気がします。幼い頃の癖や好みは、成長とともにだんだん薄れていくような気がします。味覚が変わったり、友達や家族によって趣味趣向が変わったり。社会の荒波に揉まれて、性格が変わったり。人はどんどん変わっていきます。

でも、年齢を重ねて高齢になってくると、幼い頃の癖や好みがまた強まってくるらしいです。面白いですよね。年齢を重ねれば、新しい経験や知識で埋め尽くされてしまいそうですが。いろいろやっても結局行き着くところはあまり変わらないのかもしれません。自分は自分。幼少の環境はめちゃくちゃ重要ですね。

 

今日の東京もいいお天気でした。晴天が続くと気持ちいいですね。明日も晴れるといいなぁ。

 

お昼を食べ終わって事務所に戻り、黙々と仕事をしていたら、今日も24時をまわってしまいました。仕事やりすぎなんですよね。。僕のスケジュールが異常な埋まり方をしているので、社員さんが心配してくれました。「無理をしないで」と、、。ありがたいです。でも、やめろ!って言われてもやるんだろうなーと思います。なんででしょうね。わからないですが、仕事好きなんですよね。どうしょうもないのです。これを他の人にも強要するようなことは絶対にしないように気をつけないといけません。無意識のうちにそういう雰囲気になってしまうかもしれません。。定時。定時。みんな定時で帰って。頼むから。僕がやってるのは趣味だから。

 

しかし今日はもう眠い。

 

 

 

経営者の仕事は現場での実作業ではない、

こんばんは、よしけです。気づけばもうこんな時間、日付をこえてしまいそうですね。みなさんお仕事は無事に終えられましたでしょうか。僕は月曜日からとてもバタバタしていました。まぁ、いつもこんな感じで仕事まみれの生活をしているわけですが、今日は特に大変な1日でした。数えてみれば案件数で9件。そこに電話やメール、来客、打ち合わせが入ってきます。これはいかんですね。我ながらよくやっているなーと思いますが、まぁ、普通に誰にも評価されないんですよねこれが、、せめてブログに書いて、10年後の僕に褒めてもらうことにします。

 

今日の東京は結構いいお天気で、風もなくとても過ごしやすい1日でした。昨日は肌寒かったですが、今日はいい感じでしたね。こんな日が続いて欲しいものです。

 

先に書いた通り、僕は経営者でありながらプレイヤーです。そして、プレイヤーとして動いている時間がとても長い状況が続いてしまっています。僕がまだ比較的若いからということ、後輩が育っていないということ、お客さんが弊社本体ではなく僕に紐づいていること、などが要因としてあります。お金を稼がないと会社が回らないということも大きい問題ですが、これは僕がビビっているだけなのかもしれません。

 

経営者は作業をしてはいけない。という問題について。

先日近所で開催された「仕事の幅を広げるにはどうしたらいいか会議」でも結構上位の話題になっていました。参加者の1人に、起業してから一切の実作業をしていないという人がいました。そうだよなー。経営者の仕事は現場での実作業ではないのです。お金を調達し、場所をつくり、従業員を集め、集客し、売ります。それが仕事。現場での実作業に時間をとられていたら誰がこれをやるのでしょうか?。何のために従業員を高いお金を出して雇用しているのか。

僕はやはり経営者に向いていないなと感じることがたくさんあります。それらしいことが全然できていません。極甘。最初のブロックに書いた、10年後の自分に褒められるどころか、逆にくそみそ言われてしまいそうです。んー。このダメスパイラル。脱出せねばならない。と。今日ももがいています。

 

いきなり自分の作業を全部断って、顧客を整理して、社員だけで実務が回る仕事を再度つくりなおすほどの体力は弊社にはまだありませんし、環境もすぐに整うわけではありません。僕の仕事を経営業務1本にすることはまだもう少し先になりそうですが、すこしづつ考える時間を増やして、すこしづつ整理していきたいと思います。徐々やり方、進め方が見えてきているところです。しかしながら、開業3年は1日16時間勤務、年間休日は年末年始入れて7日!とのたまうお師匠が多数いらっしゃるので、まずは教えを守り古典をなぞり現状打破を目指します。あ、俺、開業4年めや、、orz

 

 

推敲に推敲を重ねてつくっていくもの、

こんばんは、よしけです。日曜日の夜ですね。お休みももう少しでおしまい、今日は早く寝ようかなと思います。東京はなんだか涼しい1日でしたね。「涼しい」って言うと、暑さの中でも過ごしやすい気温というニュアンスがでてくる気がしますが、朝晩は「冷える」って感じでしたね。寒暖の差がまだまだありますから、みなさんもおからだに気をつけてくださいませ。でも、僕はわりと暑がりなので、今日くらいの気温がピリッとしていいなーと思います。暑いと何もやる気が起きませんからね。

 

今日は1日中事務所にいて、事務処理や細々とした仕事、途中だった経営計画書もじりじり進めておりました。ゴールデンウイークに仕上げる予定で、すぐにまとまるはずだったのですが。やはり今後5年の計画は適当には作れないものでした。経営理念と、行動計画、決算書の数字を転記して完成でしょ。くらいに思っていたのですが、それだけで終われず。弊社は何を大切にして、何をつくるのか、自社の分析、業界や世界の動向、顧客との関係性、組織の構成やありかた、役員社員の役割、評価、休日、給与、時間の使い方、教育について、開発について、もうまだまだ全然足りないくらい項目が増えてしまい、最初は自転車みたいな軽量の計画書だったものが、重厚戦車くらいのノリになってきてしまいました。5年の計画をつくるにあたり、いろいろな要素を盛り込んでいくうちに、どんどん要素が増えてしまいました。これでは何が重要なのかはっきりせず、読んだ人が混乱してしまう気がします。

このとっちらかって膨張してしまったものを整理整頓して、シンプルにまとめ上げる必要があると感じています。そこで、無駄を削ぎ落とし、短くまとめると「臨機応変」4文字に収まりました。すごいなーw。だめだなーw。まぁ、それは冗談として。これをわかりやすく構成し直すには、またとても時間がかかる作業のような気がしています。そんなわけで、少しつづ時間をつくり、じりじりと納得がいくまで調整をつづけようと思っています。ちょっと書いて、ちょっと直して、そしてちょっと寝かせて。しばらく経ったらまた見直すとおかしな点が見えてきます。しばらく経って見直してもおかしくない部分は、堅く完成した部分となっているはずです。

 

本当はブログもそういうふうに、何度も添削して推敲に推敲を重ねてつくっていくのがいいんじゃないかなーと思っています。そうしてつくられた記事が硬く強いブログをつくっていくのでしょう。ま、僕のブログはその手のものではないのですけどね。アップする前に読み返すこともほとんどないですから。ほぼ喋ってるままの感じでアップロードしています。そしてタイトルを考えるの面倒なので、最近は記事の一部をコピペしているほどですからね、、。日記なのでゆるしてつかーさい。

 

 

本屋さんだいすき2、

こんばんは、よしけです。夜が気持ちい季節ですね。土曜日の夜、みなさんいかがお過ごしでしょうか。昼間が暑くなってきたので、夜の涼しさが気持ちいいです。梅雨前のこの時期、さわやかで過ごしやすい、貴重な時間ですね。

 

僕は今日は事務所の掃除をしてほぼ1日が終わってしまいました。休日の誰もいない事務所が僕は結構好きだったりします。少し仕事をして、夜は新宿の本屋さんに行ってきました。電子書籍の導入も失敗に終わりまして、相変わらず大型書店をリアルスクロールすることに精を出しています。特定の本を探しにいくというよりは書店内を適当に歩いて、面白そうなものを適当に読んで、ちゃんと読みたいなーと思うものがあったら適当に買っています。この適当が許されるリアル書店が僕は大好きです。電子辞書よりも、分厚い辞書や大きくて重たい図鑑とかを適当に眺めるのが好きでそれに似ています。適当に眺めていると、自分の目的以外のものが見つかったりします。

電子はピンポイントで調べるのは向いていますが、新しい発見はありません。インターネットもそうですが、ベースが検索である以上、自分が知ってるものしか見つからないわけですね。

 

そんなわけで、今日も1冊の本を入手しました。この本は、行く前から知っていたわけではありません。適当に書店のフロアをうろついて、適当に立ち読みしまくって見つけました。知らなかった本の中身はやはり知らないことだらけで、本1冊読むだけで新しいことをたくさんしることができます。本屋さんって最高ですよね。

 

さてさて、富士そば食べて、きろにつきますよ。みんな、また明日ね。