代々木ではたらく

これからの働き方を考える

長期コスパ、

コスパがいい買い物とは何か?

期間の面から見るよい買い物を考えてみたい。

 

何かを買うとき、コスパという言葉を使う人がいる。僕はこの「コスパ」という言い方がとても嫌いなのだが、あえて高いコスパをたたき出す方法を少し考えてみたい。

なぜ僕が「スコパ」という言葉が嫌いなのかと言えば、長期間にわたるコストを考えていない場合が多々あるからだ。今、おなかいっぱいになればいい。今、元気になればいい。今、便利であればいい。今が良ければいいという考え方で「コスパ」が使われている。そんな場合が多いと感じる。短期間の効果をみれば高いコストパフォーマンスなのかもしれないが、長期間で見た時、トータルとして低コスパになっているのではないか?

 

長期パフォーマンス

短期間でのコスパを狙うよりも、長期間でのパフォーマンスを重視したい。そのためには長く使えるものに資金を投下すれば、トータルで高いコスパを見込めるのではないか?そういう思いから。常に使うものにお金を使っていこうと考えている。毎日使うものと言えばスマートフォン、歯ブラシ、靴、メガネ、時計、パソコンetc。常用し、かつ長期間使うものは多少高くても上質なものがいい。毎日使えばトータルのコストはどんどん低くなっていく。

 

最大の買い物

今、弊社では事務所を新しく作っている。人数が増えて、引っ越しを考えることとなり、物件を探した。希望する規模、場所などを考慮すると、相場としては月の家賃が30万円以上するのだが、スケルトン(コンクリートむき出し状態)の物件をで借りると20万円ちょっとで借りることができた。その物件を800万円ほどかけて内装工事をしている。10年そこにいるとすると、月30万円の物件なら3600万円、月20万円の物件に800万円の内装工事を入れた場合だと合計3200万円で、400万円浮く。

そして、さらにおまけが2個つく。

1つは、最初に800万円支払うのであとが楽だ。月々20万円払えばいい。30万円月に消える事を考えると2/3になるのは気持ちの面で余裕がでてくる。金利が安い今、融資を受けてつくる意味もでてくる。

もう1つは、完全に希望通りの内装にできるということ。既存の物件であれば、家賃と内装、立地をトレードオフしたり、何かを妥協しなければならなかったりすることがでてくる。しかしスケルトン物件であれば0から好きなレイアウトを組む事ができる。男女でトイレを分けたり、コンセントの位置、使いやすい部屋わりを考えた。色や、材質に至るまで全部決められる。これは既存物件では得られない体験だった。自分たちに最適な物件にすることができる。

 

貸す

長期間使えるものを手に入れたとしても、もし、自分が使わない時間が発生するのであれば、誰かに貸してしまうというのもいいかもしれない。そもそも価値が高いものであれば貸せるくらいのニーズはあるだろう。無駄になっている時間を逆に換金してしまうのだ。今後アプリなどで貸し借りがもっと簡単にできるようになっていくといいなと思う。今までの貸し借りは、友達や、知り合いなど信頼性の高い人たちの範囲に限定されていた。きちんとお金の管理ができている貸し借りならば、さらにたくさんのひとに間口が広がるだろう。これからはもっと多くのひとと共有していけるようになると思う。AirbnbUberなどが日本でもっと受け入れられて、同じようなサービスが他の業界でももっと広がっていってほしい。

 

 

 

決算月、

3期の終わりと4期の始まりの話。

 

大阪は穏やかでそれほど寒くない朝だった。AM8時半すぎの新幹線で東京に戻ってきた。都内もよい天気であたたかだった。秋は晴れるとよい。気温も湿度もちょうどよく、好きな季節だ。僕は春生まれなのでちょっと季節の雰囲気が近く、錯覚するのかもしれない。

 

今日は会社の節目について少しだけ書いて、PCを閉じることにする。

短い時間ですが、今夜もよろしくお願いします。

 

弊社は今月が決算月で3期が終わり、4期目が始まろうとしている。石の上にも3年をなんとかクリアすることができた。個人的には365日休みなく、1日16時間の勢いで働きまくった。そうでもない日もあるけど、そんなテンションでやってきた。これで無事に軌道に乗ったのだろうか。4期はもう少し休みをとって穏やかに仕事ができるといいのだけど。去年もそんな事を言っていた気がする。体をこわさなければ、この先もなんとかやっていける気がしている。

しかし、1日8時間の仕事できちんと利益を出して、健康的に暮らして行ける事業でなければ、成功したとは言えない。それを目指すために、それを守るために、これからも全力を尽くしていくつもりだ。

 

今週は、会社のメンバーと1人ずつ食事をして、いろいろ話をしようと思っている。今の状況だったり、これからやりたい事、会社にもとめる事、みんなとの関係性、などなど。先日の入社希望面接で学んだ事を生かして、雑談の中から大事な事を拾って行くスタイルでインタビューしてみたいと思う。みんなの意見をきいて働きやすい環境、いいチームをつくっていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

未来の話がしたい、

これからどうなるのか知りたいよね。

ビットコインが1BTC=90万円を超えそうだ。100万円いってしまうのだろうか。これからどうなっていくのか。分かったらとてもいいよね。

 

今日の東京はとても良く晴れた。穏やかなお天気で3連休を締めくくった。僕は日曜日の夜はだいたい大阪にいる。今日も夕方の新幹線に乗ろうとした。なぜか今日は新幹線が爆混みで1時間先の指定席も取れない状況だった。3連休で都内に遊びにきていた人が一斉に帰るのだろうか?自由席でもいいのだけどせっかくの機会なので、グリーン車に初めて乗ってみた。子供の頃から超憧れていたグリーン車。小学校のころ、父親が誰もいないグリーン車に一瞬だけ座らせてくれたことがあった。車内を通過するのもドキドキだった。床はふかふか、そしてほんのちょっとだけ暗い。座席もソファーのような感じ。未知の空気が流れていて少し怖かったことを思い出した。

 

東京から新大阪までのグリーン券の料金は10,480円。乗車券は8,750円。合わせて19,230円だ。通常よりも5,000円高い。おしぼりのサービスがあるのは知らなかった。あーいつものね、という感じで受け取っておいた。連休最終日、今夜もまったりおつきあいいただけたら嬉しい。

 

未来がどうなるか

世界がすごいスピード感でぐるぐる変わっていく中で、先ことを考えたいし、話したい。そう常々思っているのだけど、そうもいかない事案がいくつか発生して困っているので晒し、反面教師にしたいと思う。

 

見栄をはる

自分を必要以上に良く見せようとする人がいる。「僕は今までこんなすごい仕事をしてきました」「すごい人数を束ねてきました」「大きい会社で重要なポジションでした」とかとか。会話の中で出してしまう人がいる。しらんがな。それは会社の看板の力じゃないの?これから何をするかが重要なのであって、今まで何をしてきたかなんてこれっぽっちも重視してないし、問うてない。そんな話より「こういうことしようと思ってます」「こうできたらいいと思う」とかこの先の話をしてほしい。そういう話の中から、今までしてきたことがにじんでくるのだし、この先に活かせないような過去なら、どんな大きな事実も無意味なのだ。どうせ見栄をはるなら、高い時計でもしておけよ。そんなことより是非、未来の話をしてほしい。

 

いいわけをする

遅刻とか失敗をしたときに、「だって○○だったから」「○○がないとできません」とか言ってしまう人がいる。起こったことに対する言い訳なんてこれっぽっちも重視してないし、問うてない。電車が止まったなら黙ってタクシーを使え。そんな話より「こうなってしまったので次の手はこれです」「これがこうだとできます」とかこの先の話をしてほしい。言い訳は何も生まないし、ただのインフォメーションだ。起きたことを今説明されても困る。なんの解決にもならない。是非、未来の話をしてほしい。

 

過去の話でもりあがる

飲み会などで今までの話で盛り上がってしまう会がある。「あのときこうだったよねとか」「○○なつかしいよね」とか。それもストレス発散になってよいのかもしれないけど、昔話なんてこれっぽっちも重視していないし、問うてない。そんな話より「新しいあれ知ってる?」とか「これ一緒にやらない?」とか酒の力に任せてこの先のほら話をして欲しい。昔話からは何も生まれないし、ただ時間を消費するだけだ。是非、未来の話をしてほしい。

 

これから先の話ができる人と会話したいし、付き合いたい。

新大阪に向かうグリーン車の中から失礼しました。残りの時間は読書をして、少し眠ろうと思います。ソファー席とっても快適です。

 

 

 

ひさしぶりの面接、

春ぶりに面接をした。

僕は面接が結構好きだ。相手のことを聞きつつ、会社のことも話す。そこで初めて、うちの会社ってこんな会社だったのか、こう見られているのか、と気づくことがたくさんある。

 

3連休の真ん中。渋谷区は「ふるさと渋谷フェスティバル」が開催されていた。外を歩いていたら、小学生の吹奏楽パレードとすれ違った。歩きながら金管楽器を演奏している姿は、純粋にすごいなーと驚いた。僕にはできない。何かをする能力と年齢は関係ないよなーと改めて思った。それをやろうと決め、努力した結果が実っていた。

会社にもどっても遠くで音楽は聞こえていた。今日は小学生のパレードに元気をもらいながら、仕事をしていた。連休のまんなか、土曜日。今夜もよろしくお願いします。

 

ひさしぶりの面接

弊社に入社希望の人と久しぶりに面接をした。今どういう状態なのかを聞き、うちの会社がどういう状況なのかを話す。面接というより雑談にかなり近い。自己紹介とか志望動機、やりたいことを章立てて聞くことはしない。あれこれ会話していると自然に出てくる。雑談の中にその人の内面は現れる。雑談というのは簡単なようでかなり難しい。仕事上の会話なら目的や必要なことが分かりやすいが、雑談は明確なゴールがない。相手と自分の関係を見極め、会話を円滑に回す絶妙なネタを振り合わなければいけない。自然にできる人はかなりのクリエイティビティの持ち主だろう。そして、そういう時に出てくるものの方が素が出て信憑性が高い。「志望動機は?」とか聞くと教科書通りの答えになりがちだし、「なぜうちの会社を?」にはwebサイトに書いてあることを答えてきたりする。それではみんな同じ回答しか得られない。全くの無意味な質問になってしまう。

しかしながら、教会書的な「質問」と「回答」ではなく、雑談から引き出すやり方だと時間がすごくかかる。今回も3時間くらい話した。そうすると何回か同じ話が出てくることがある。それは、その人が特に重要視していることとして受け取ることができる。終盤には話が途切れがちになり、沈黙が流れたりする。そういう時に絞り出すように出てくる話題にも注意する。気が緩んだときどうなるか、ということも見る事ができる。長時間面接でしか得られない情報だ。

ただ、無駄に長時間やっているわけではないことを付け加えておく。相手が終わりたいという雰囲気になったところで終了。あえてこちらからは終わりにしないという姿勢だ。話したいことがあればとことんきく。

 

自分のデバック

春以来の面接なので、7ヶ月ぶりくらいだろうか。あのときの事もよく覚えている。僕自身初めての面接官側だった。何を聞けばいいのか、どうやって自社の説明をしたらいいのか。全て手探りだった。いい回答は、いい質問をしなければ得られないことを学んだ。教科書通りの質問には、教科書通りの回答しか得られないのだ。今回はそれが少し生かせたと思う。今回の面接をふまえ、次回はもっとうまくできるだろう。すこしずつアップデートしていこうと思う。

 

 

 

 

ひとりを愛そう、

僕はひとりでいるのが好きだ。

全て自分のために時間を使えるから。

 

3連休の初日、東京はとてもよく晴れて気温も上がった。春のようにあたたかく、お昼すぎには少し暑いくらいだった。弊社はカレンダー通りのお休みで、今日は社内に1人いただけだった。金曜日がお休みって結構いいなと思う。月曜日のお休みよりも幸せ感がある。今日はゆったり仕事をしていた。ネットでは、ユーチューバーのヒカキンさんが、新しい地図の草なぎさんとコーラ対決をしていた。これ、結構歴史的な出来事なんじゃない?。新しい地図が戦陣切ってネットに入って行ってくれるのが本当に嬉しい。時代を変える先頭に立っていてほしい。ネットで活躍したくてもできなかった人たちが安心してどんどん入って行ってくれるといいなと思う。

 

明日はまだ土曜日、まだ2日もお休みがある。少しまったりな金曜日。社内には僕ひとり、ブログを書いている。今夜もよろしくお願いします。

 

休日は社内に人がいないので、とても静かだ。それがとても心地よい。もちろんみんなで仕事をするのはとてもいいのだけど。たまにはひとりでじっくり作業をしたい。僕はフリーランスが長かったので、ひとりでいることに慣れている。ご飯はもちろんひとりで、映画もひとりで見にいくのがいい。帰り道でサントラを聞きながら、あれこれ考えるのが好きだ。ちょっと考えたら今度は他の人と話したくなるのだけど。ごはんも普段はひとりでいい。好きなものを食べられるし、時間もかからない。あれこれ考えたり、気を使ったりしなくていい。全部自分で決められる。

 

頭を空にする

普段とてもたくさんの情報にさらされる。他人とのコミュニケーションにはじまり、気づいたらスマートフォンを10分以上見ないことなんて無いんじゃないか?というくらいだし、TVを見る人もいるだろう。誰かが近くにいれば無意識のうちに気を使う。仕事も忙しく、常に連絡が飛んでいる。これをずっとやり続けていると、情報の多さにパンクしそうになる。というか、気づかないうちにフォローしきれなくなっていて抜け落ちてしまう。仕事のメールとかが抜けていると結構やばい。意図的にリセットして、一旦頭を真っ白にするタイミングが必要だと思う。

 

ひとりになる

そういうとき、ひとりになるのはとても重要だ。ひとりでゆっくりごはんを食べたり、ひとりで映画をみたり、ひとりで本を読んだり、ちょっと外を歩くだけでもいい。いろんな情報でごちゃごちゃになった頭をクリアにできる。雑音をとめる時間をつくろう。

 

おすすめ音楽

そんなとき僕がいつも聞いている音楽がある。「脳のストレス解消ヒーリング〜眠りのリラックス〜」とう アルバムでアップルミュージックやAmazonプライムでも聞ける。虫の鳴き声とか、水の音を使った音楽だ。昼寝の時に聞くと、脳が溶け出したかのような気持ちよさがある。 ヒーリング系はいろいろ聞いてみたけど、これが一番癖がなく体になじむ気がする。何か考えるときにもとてもいい効果があると思う。是非きいてみて欲しい。

 

 

 

 

社風はいつ生まれる?、

あなたが働いている会社はどんな雰囲気?

社風ってあるのだろうか?

 

今年もハロウィンで、渋谷の街が超低民度になったようだ。当然いいことではないのだけど、それも含め渋谷のエネルギーだなと、個人的に思っている。僕たち区民の税金がゴミの片付けに消えていると思うとちょっと微妙だけど、まぁそれも渋谷だよね。と思う。明日は文化の日でお休み。世間は3連休。今週は台風も来ないおだやかな週末になりそうだ。弊社内は休日前のやりきった感がすこし出ている。休日前は普段と少し違う雰囲気が流れる。それはお客さんの連絡頻度だったり、作業進行や納品状況が平日と少しだけ変わるからかもしれない。あなたが働いている会社は、休日前はどんな雰囲気だろうか?

 

休日前はお忙し?それともまったり?

今日はちょっと雲をつかむようなぼんやり話。今夜も少しだけおつきあいいただけたら嬉しい。

 

社内の雰囲気

休日前に関わらず、みなさんの会社はどんな雰囲気で働いているだろうか?ガツガツ?まったり?みんな忙しそうだったり、マイペースで働いていたり。個人による差はあるのかもしれないけど、会社全体でみたときどんな雰囲気なのだろうか?会社名とか、ロゴマークに合った雰囲気になってきたりするのかもしれない。○○の社員はこういう感じとか。××の社員はこんな感じとか。社外の人からの見る目やイメージがそうさせるのかな。会社ごとにイメージがついてくる。今日はそんなことをぼんやり考えていた。

 

働くうえで重要な事

そんなことを考えていたのは、うちの会社に入りたいという人から連絡を受けたのがきっかけだった。その人のことは少し知っていて、仕事もできる人だった。うちでも問題なくやっていけるだろう。ただ、仕事ができるかどうかはそれほど重要ではない。コミュニケーションができるかどうか、気遣いができるかどうかの方がはるかに重要なのだ。今いるメンバーとうまくなじむことができれば、仕事もスムーズに進む。個人のスキルよりも、連携を取り合うことで生まれる仕事の方がよい結果を残す。それは空気を読むとか、迎合するとかそういう類いのものではなく。相手の苦手を補い合い、得意を強化し合えるかどうか、ということ。

 

会社に集まる人

弊社は今5人。次に来る6人目はどんな人がいいのだろうか?どんな人ならなじめるのか?という話し合いになった。会社には似たような人が集まってしまうらしい。そう言われてみれば、今の5人もなんとなく似ているような気がする。そして、会社名や、ロゴのデザインにもどことなく雰囲気が合っているような気がする。ただそう感じているだけなのか、採用の段階で無意識に選んでいたのかは分からない。

毎日顔を合わせ毎日の仕事をしていく中で、だんだんとその行動がその会社独自のものになっていくのだろう。うちのメンバーも社名を旗に、行動や雰囲気にアイデンティティが生まれはじめているのかもしれない。

 

 

 

 

 

やってる感の醸出、

縦社会って「やってる感」が必要でつらいね。

 

久しぶりに出張仕事に行った。普段、出張の仕事なんてほとんどない。というか、頼まれても行けない。そもそも、完全にスケジュールが空いている状態は1月先くらいになる。1日の中でみても、沢山の仕事が平行しているおかげで、24時間のスケジュールがパズルみたいに複雑に組み合わさっている。1つの仕事を進行している間に、一瞬違う仕事を入れたり。進行を最適化するために、優先順位がころころ変わって行く。そんな毎日の状況で出張など入れる余地はない。1日に1つの仕事だけしかしないなんてありえない。出張してしまったが最後、いろいろな要素に振り回されることになる。無駄な移動や、相手の都合、天候、謎の待機など不確定要素が増え、自分で時間をコントロールできなくなる。10分あれば違うことができるのに。それが制限されるのは致命的だ。

 

今日は「やってる感」の醸出について。今夜もよろしくおつきあいくだしあ。

 

人の目にさらされるとパフォーマンスが低下する

出張の仕事が嫌なのは、拘束されて別のことができなくなることだけではない。もう1つ大きな理由がある。誰かの現場に行って人前で作業するのは、監視されている感じが嫌なのだ。普段は全くそんな環境ではなく自由に仕事をしている。誰にも口出しされない、自分にあったやりかたで最適に進められる。しかしその日は久しぶりに他社に行って作業をし、上の立場の人間の目にさらされながら仕事をした。そこで、この嫌な感じを思い出した。会社員は常に上下関係の目にさらされているのか!。これはきついね。これだけで、パフォーマンスが10%低下している気がする。そんなの気にしないほどメンタルは強くないぞよ。

 

やってる感を出す

誰かに見られながらの仕事は無駄なことを考えてしまう。このやり方でいいのか?もしベストな仕事をしていても、その組織のやり方に沿っていなければいけないのではないか?ちょっと手が空いた瞬間も怠けているように見えてはいけない。そんな思考に陥る。やっている感を出さなければ!と思い始める。謎のファイル操作、謎の時間のかかる作業、謎仕様の追加、本当に必要なことではない謎の行動を増やし、やっている感を醸出する。なんとこれに残業代がついたりするのだから面白い。会社員最高。

 

やってる感=努力(謎の)

結果よりもプロセス。努力さえしていれば評価されるという風潮が「やってる感」を必要とし、無駄な作業を増やしている。成果物で評価せず、年功序列のようにどれだけ会社にいたか、どれだけ残業したかで評価していたら、いつまでたっても「やってる感」を出すやつはいなくならない。とある広告代理店では、成果物に何も問題がなくても、とりあえずリテイクを出す。何回リテイクを入れてやった。みたいなことも行われていたと聞いたことがある。それは昔の話だと思うが、今もしこんな事をやっていたら即終了だ。

 

フリーランスはやってる

フリーランスの人で「やってる感」を出す人はほとんど見た事がない。フリーランスは成果のみで判断されることがほとんどだ。シビアな世界の住人は「やってる感」を出すことは時間の無駄だということを理解している。それに、本当に「やってる」から「感」を出す必要がないのだ。縦社会で必要だった無駄な労力がいらない。これは大きなメリットだと思う。それだけでパフォーマンスが10%アップしそうだ。

 

「やってる感」が必要な現場っていうのは本当に日本の生産性を下げていると思う。