代々木ではたらく

これからの働き方を考える

1歩進む3つの作戦、

お正月に決めた今年の目標は、ぜひ今月中に第一歩を。

 

1月5日。1日1日を大切に。

今日から弊社も仕事初めとなった。会社メンバーが地元のお土産を持ってきてくれるのが楽しい。日本各地のお菓子が集まってきた。他の会社やお店も、今日から仕事初めってところが多い様子で、商店街がにぎわい、ご飯屋さんも通常営業を始めたようだ。ご飯難民の僕はとても助かる。今年は、ご飯屋さんとカフェを開拓しまくろうと思っている。早速お昼に新規のレストランに行ってきた。ハワイ系のお店だ。飲食店のつくりかたを勉強していこうと思っている。

 

昨日は闘志を燃やした記事を書いてしまったので、今日はゆるめの記事を書こうと思う。金曜日の夜だしね。いつも見に来てくださって本当にありがとうございます。それでは今夜もおつきあいのほどよろしくお願いします。

 

今年の目標は今月のうちに。

みなさんの2018年の目標はなんでしょうかね?お正月のテンションで「今年はやるぞー!」って感じですばらしい目標をブチあげるわけですが、これがだんだんやる気がなくなり、いつしか忘れてしまうもの。1月中に少しでも進められない目標は1年あっても達成率はかなり低いのではないでしょうか?逆に、30日以内に1歩、いや1mmでも進められればその達成確率はかなりあがると思います。そんなわけで、すこしでも進める方法をいろいろ考えてみましたよ。

 

なんでもいいから1歩進める3つの作戦。

1、とりあえずググるだけ

2、細分化する、レベルを落とす

3、外堀を埋める

 

以下、細かく御託を並べていく。

1、とりあえずググるだけ

とっかかりはまずこれ。パソコンでもスマホでも。いつも使っているもので、とりあえずググるだけググってみる。それで一旦おしまい。「今年はランニングするぞー」っていう目標なら、ランニングシューズをググってみるとか。それだけ。少しだけそこに意識を向ける。それだけ。その他はもう明日でいい。寝る。次の日はその知識をベースに、ウエアとかをググってみる。それでおしまい。寝る。次の日はプロテインでもググる?そんな感じでラフに知識を増やしていく。1週間もすればかなり準備が整っているはずだ。走り出すのは時間の問題。目標達成だ。

 

2、細分化する、レベルを落とす

いきなり大きな目標を始めるにはハードルが高い。「今年は英会話教室に通うぞー」っていう目標なら、まず本屋で英語のドリルでも買ってみようか。CD付きのとかもあるので、だらだら流しておくだけでいい。あれだ、スピードラーニング。実は僕はスピードラーニングを1年以上やってる。で、どうなったか?ってのは今日はおいといて。それもハードル高いって言うなら、映画を字幕で見まくる。同じ映画を見まくって見まくって無意識に台詞が出てくるまで。僕はこれもやっている。好きな映画を仕事しながら裏でずーっとかけている。それもアカンって言うならさらにレベルを落として、英語の音楽を聞く。それを1曲まるまる歌えるようにしたらどうか?英語の歌を歌えるなんて結構かっこよくない?いいと思う。iTunesだと音楽を聞きながら歌詞を表示できる。Youtubeでもだいたい表示できる。これはかなりいい。メロディがあると自然に英語が入ってくる。音楽として頭に入れると覚えるのも早い。歌えるようになったらもう英語でしゃべってる。目標達成だ。

 

3、外堀を埋める

何か踏み切るのが大変なとき、どうしようか迷った時、周りから埋めて行くのはどうだろうか?僕は今アップルウオッチを買うことをめちゃ迷っている。「いらないっしょ」「今まで困ってないし」「普段時計してないし」「充電する機械が増えるし」とかNGな理由が山ほどある。でも「新しいデバイスには触れておきたいし」「持ってないヤツが文句言えないし」と揺れている。やろうと思ったことは全部やろうと決めたじゃないか、と思い返し、重い腰を上げている。それでもポチれない僕はアップルウオッチのアクセサリーを次々に買っていくことにした。迷ったときに無理矢理でも前進するために、外堀を埋めて後戻りできないようにしていく作戦だ。これで確実にアップルウオッチを買うことになる。目標達成率は90%を越えただろう。明日、アップルウオッチを買いに行くぞー!!目標達成だ。

 

雑な記事になってしまったが、こんなことをグダグダ書いていると、行動だけ促進して中身の無い見切り発車と言われるわけだ。でも実はそれを言っている人はみんな「中身」のある優秀な人たちだったわけで、本当に中身のない僕みたいな人はまず行動で全然問題ない。犬も歩けば棒に当たるスタイルで、何もなければ歩け。そうすれば確実に何かにあたっていく。そこから次を考えても遅くない。何も進めない地蔵よりも5000兆倍いい。

 

みんなも今年の目標はぜひ月内で。ね。

 

 

 

組織を辞めたい人に捧ぐ、

1月4日。今日が仕事はじめだった人も多いだろう。お正月の雰囲気は一変し、朝の街は仕事に行く人たちが多かった。弊社は世間の目を気にしつつ、いい感じの落としどころとして、5日から仕事始めとした。すぐに土日になるので気分がいい。明日からまた日常が戻ってくる。僕にとって今日はお正月気分最後の日、今夜はまったりカフェからブログを更新している。店内は年始の挨拶でにぎやかだ。

 

2018年の仕事を始める前に、今一度、働くことについて考えたい。ここ最近、仮想通貨が元気すぎて労働の価値が暴落しているという話をあちこちから聞く。仮想通貨買ってしばらくほっとくだけで月収、いや、年収ほど稼げてしまう。僕は仮想通貨ウエルカム派なので、元気なのはとても嬉しいのだが、これはみんなのパワーを集めた元気玉的なものだということも忘れてはいけない。含み益は誰かの元気の結晶だ。ちょっと横道にそれたが、働くことの意味を見失いかけつつある気がするので、この機に働くことについてゼロベースで考えてみることにした。本質見失ってない?ってことで。

 

それでは今夜も宜しくお願いします。

 

今までの働き方の問題

社会に出て仕事を始めるとき、何を基準にその仕事を選んだだろうか?もしかしたら、仕事を選ぶというより会社を選んだという人も多いのではないだろうか。給料は高いか?休みは多いか?自分にできる仕事か?などを基準に選んだのかもしれない。会社に入った後は、社内評価や上司からの評価、売り上げなどの数字を上げていくことを目標に仕事をしてきところもあったのではないだろうか。しかしそれらは本来の目的ではないはず。その先にいるお客さんや、本来の価値を軽視し、会社の中での自分の評価はどうか?とか、上司の評価はどうか?ライバルには勝っているか?ということを優先してしまってはいないか。右肩上がりの時代ではそれでもよかった。よかったというより積み上がる利益でそれが見えなくなっていた。そんなことどうでもよかった。

しかし、右肩上がりの時代が終わり、利益の山が崩れ、隠しきれなくなった問題が最近いろいろなところで露出しだした。表面上の数字だけを見た偽装や、上司や会社の目や、自分の生活のための長時間労働。社内政治。閉じた組織でおこるセクハラやパワハラなど様々な問題。だれもお客さんのことを見ていない。ここ数十年の働き方は、お客さんよりも組織に注力しすぎた。しかし、平成はもうすぐ終わる。そんな腐りきった組織は生き残ることはできない。

 

これからの日本は人口問題が大きく横たわり、簡単には成長できないことが確定している。そんな中でいかにロス無く、効率的にエネルギーを価値に変えていくかが重要になるだろう。組織の中で力を制限され、縛られるわけにはいかない。お上の顔色をうかがい、表面的な数字を立て、偽装していくことに無駄な労力をかければ、成長は無い。

もし仮に、組織の中で成功し評価されたとしても、それで得られる対価は本当に少ないだろう。1万円の昇給にどれほどの労力をかけ、ロスを生み出せばいいのか。(対して会社側にとっても人を雇用するリスクがガチガチで成果に対してまともなリターンを出すこともできないという悲劇、これは早急に変えなければ本当に組織は崩壊する)

 

組織人としてではなく、一人の個人としての活動を。

 

これから大切なこと。

「これから大切なこと」というのは今までも大切だったにもかかわらず、無駄なことに幾重にも覆われて、見えなくなっていたことだ。みんなを喜ばせるために自分ができることはなにか?。それをシンプルに取り出し、純粋に心血を注いでいこう。幸いなことに、組織という無駄な装置を介さなくても、個人個人が直接社会に参加して、直接力を発揮することができるようになっている。会社という中央に管理されなくても、独立したそれぞれの個が必要に応じて結びつき、社会をかたちづくる。そんな環境はもうずっと前から目の前ある。

 

これから先の価値を生む順番 

1、社会の中で自分がどう生きるか、何が得意か、何が好きか

2、自分の特技で相手に喜んでもらう

3、それが社会に価値を提供する

 

これからの働き方の流れは、まず自分がどう生きるか、何が好きか、何がやりたいか。そこから始まる。自分の得意なことを熱っぽくやる。それが誰かに伝われば興味をもってくれる、そして喜んでくれる。その流れが結果的に社会対する自分の価値になっていくだろう。 数字的な結果を追うより、まず先に自分の「心」がどこにあるかを見つけ、相手の「心」にぶち当てていく。心を揺らすことができればその後に結果はついてくる。この流れは古くからのビジネスの流れでもあったはずだ。シンプルな働き方を取り戻そう。

 

個がシンプルで心ある働き方を取り戻すことができれば、その先に、組織としてシンプルで心ある働き方を取り戻すことができるかもしれない。もしかしたら「失われた」過去を取り戻せるかもしれない。

 

 

お正月雑談、

今日はただのお正月雑談です。

 

1月3日。今日の東京は朝から風が強く吹いていてとても寒かった。初詣の行列もピーク時の1/5以下になっていて、もうサックりと参拝できる。僕は毎日神社に行くので、空いてくるとありがたい。地方に帰っていた人たちもだんだん都内に戻ってきている様子で、街を歩く人も増えてきている気がする。お正月の静かな期間ももう少しで終わるかな。今夜はまったり雑談を書いて行こうと思う。特に面白い話もないと思うのだが、暇つぶしにでもお付き合いいただけたらと思う。今夜もよろしくお願いします。

 

弊社のお正月は4日まで、合計1週間ほどのお休み。こんなに事務所に人がいないのは設立以来初めてなんじゃないかってくらい人がいない。今年はスケジュールの管理が功を奏してがっつり休みをとることができた。今までが異常だった。去年までは仕事納めが1月1日の朝5時とかだったから。それでまた1日の夜から仕事を開始していた。それと比べればまぁ、少しはマシな会社になってきたんじゃないかと思う。自分がやるならいいけど、人にそれをやってもらうわけにはいかないからなー。今までゲリラ戦やってきたけど、よい環境にしていかなければ。

 

2018年は社会が大きく変わると思っている人が多いみたい。僕もそう思う、去年もそう思った気がするけど。2017年は仮想通貨とか、それを使ったVALU、CASH、Timebank、いろいろなサービスが話題になった。1年前は全く知られていなかったわけだけど、1年かけて認知度が上がった。今年はもっと変なサービスがガンガン立ち上がってくるだろう。とても楽しみ。いまいち突き抜けられなかった変革が、なし崩し的にどんどん変わって行くと思う。んで、最近知ったのだが、キングコング西野さんのレターポッド。これは熱い!。

 

www.youtube.com

 

 

集めたお金勝手に寄付しちゃって大丈夫なんでしょうか。換金機能実装する前に終了するんじゃないでしょうかね、これ。前述した他のサービスも含め、お金を簡単に動かすシステムをネットにつくって中抜きする仕組みになっている。お金をあちこちに簡単に飛ばせるから、サービスが注目を浴びているうちは膨らみ続けて、儲かる人もいるんだけど、全体で見るとそこに入れている金の総量は数%抜かれて行くわけだから、やり続けると少しずつ損していく感じになるんじゃないかなーと思う。みんなの持ってるお金を場に引きずり出して、ちょっと抜いていいタイミングで再配分。いい商売。

しかしながら、古いOSで動いている日本を変えていくには、こういう元気でやんちゃな企画をボコボコぶち当てて揺さぶって行くことが必要だと思う。法律や税金の仕組みが全く追いつかなくなるほど、新しいことをやりまくってぶっちぎっていかなければならない。年度内には副業も解禁される。すでに社会の仕組みが全く追いついていないので面白いことがたくさん起こると思う。新しい日本をつくっていこう。

 

僕はコンビニのおしるこを食べますので、今日はここまで。

 

toyokeizai.net

 

 

 

 

 

 

 

ブロガーがユーチューバーに負ける理由(前半)、

ブロガーがユーチューバーに負ける理由は、

先に結論から書いておくと、「百聞は一見に如かず」だから。

 

みなさんお正月を楽しんでいますか?

僕は1月1日の夜東京に戻り、事務所で一人仕事を再開した。誰もいない会社で静かに仕事をするのが好きだ。電話もかかってこない。メールも来ない。1年中でこんな穏やかな日はない。超貴重で最高に贅沢な期間。誰にも邪魔されずに好きなことができる。今日も僕のブログに来てくれて本当にありがとう。それでは今夜もよろしくお願いします。

 

「ブロガーがユーチューバーに負ける理由」っていうもうブロガーにとって失礼きわまりないタイトルにしてしまったことをまずお詫びしたい。申し訳ありません。僕はブログが大好きで最高なメディアだと思っている。だからこそ自分でも書いているし、ブロガーの皆さんを心から尊敬している。だからこそ、これからもよりよくするためにどうやって進んで行けばいいかを考えたいと思っている。勝ち負けの問題でもないことも理解している。今回のネタはちょっと極端に言い過ぎなところもあるかと思うが、まず一旦ざっくりと考えを投げておきたい。もう散々議論されたことなのかもしれないけど、、。

 

僕がブロガーがユーチューバーに負けると思う理由はいくつかある。これは文字と映像における問題にも置き換えることができる。

1、百聞は一見に如かず

2、文字が読めない、読まない

3、言語の壁

4、参入障壁

 

1、百聞は一見に如かず

 まず一番大きい理由がこれ。意味はご存知。百回聞くよりも、1回見た方がよくわかるということだ。文字でいくら的確に詳細に書かれていても、映像で「これです!」って見せられるパワーに全く勝てない。小説など想像力を必要とする内容ならまだしも、多くのブロガーはお役立ちネタや、経験、物の紹介などをやっている。これらを伝えるためには明らかに映像が向いている。

 

2、文字が読めない、読まない

いくらブログが好きでも、3000文字とか読みたくない。マジで。長文書いた自慢とか本当に痛い。というかただただ残念な自己満足だ。受け手のこと本当に考えているのだろうか?今、ほとんどの人はスマートフォンでインターネットをしている。こんな小さい画面でグダグダ3000文字とか読みたいのかいな?。僕はほとんど飛ばしていて、見出ししか読んでない。本や雑誌が売れないのを見ても分かるだろう。

反面、映像は音声がついている。文章は目で追わなければいけないが、映像は音声だけを聞くこともできる。画面を見ていなくても、何かをしながらコンテンツに触れることができるし、適当に流しておくということもできる。

 

3、言語の壁

日本語でブログを書くということは、基本的には日本人にしか届かない。これから日本人が少なくなっていく中で、この先アクセス数の母数は縮小していく。文字はそれを解読できる人、その地域にしか届かない。日本だけでいいとしても、言語レベルが同じくらいの人しか理解できない。良質の文章でもバカは理解しない。そして、ほとんどのブログは子ども達には届いていないのではないだろうか(今の子どもはGoogleの検索ボックスじゃなく、Youtubeの検索ボックスを使っているという話を聞いたことがある )。一方、映像はイメージだ。身振り手振り、具体的なものが映っている。言語が違ってもなんとなく分かるため、全く違う土地の人に届く可能性がある。もしかしたら宇宙人でも理解できるかもしれない。

 

4、参入障壁

ブログの参入障壁は限りなく低い。スマホ1台あればできる。メールを書いたりラインをしたりする延長上にある。(稼げるようになるには頭が必要だが、それ以前の話をしている)映像は簡単になったとはいえ、まだ少し壁がある。カメラの知識、編集の知識や、声だし、顔だしの壁。その他、一旦アップしたら基本的に修正できないという壁。まだ簡単に映像を適切に扱える人は少ないだろう。これが映像有利になる理由としては微妙なのだが、できる人にとってはいいアドバンテージになるし、まだまだやりようがいくらでもある。

 

これからの映像配信と検索

Youtubeに限らず、これからの映像配信はガンガン増えていくだろう。それに伴い、大量の映像の中から目的の内容を探すこともスムーズになっていく。映像内に映っているものの検索、内容の検索、何を話しているかの検索もできるようになるはずだ。ネットで何かを検索したら、最適解として映像がヒットしてくるようになるだろう。

 

次の作戦

えー、でも映像やりたくない。という声が聞こえてきそうだけど、それはそれでいいと思う。その戦略にも当然活路がある。反論、異論はいくらでもあると思うし、僕はブログの良いところをもちろん分かっている。だからやってる。ブログが全て映像に置き換えられてしまう訳ではないし、文字、文章の文化は絶対に消えることはない。映像の弱点と、ブロガーがどう戦って行くかについても書こうと思ったのだが、すでに2000字越えているのでまた今度にしようと思う。とりあえず今回は、ブロガーがユーチューバーに負ける理由がなんとなく分かってもらえたらいい。それではまた。

 

 

 

2018年の目標(1月18日更新)、

あけましておめでとうございます。2018年、ことしもよろしくお願い致します。

一年の計は元旦にあり、ということで早速今日は、今年の目標を考えていきたいと思う。最低限この目標を考えて、活動していれば2018年を良い年にできるだろう。何かに迷うことがあったらこのページを見て、初心に戻り何となく過ごしてしまうことを阻止しようと思う。行動を促す目的があるため、内容はなるべく自分でコントロールできるもの、継続していくものを上げている。個人的な内容でちょっと恥ずかしいのだが、ここで公開させていただき、後戻りできないようにしておこうと思う。

 

途中経過を随時更新し、進行状況の確認、見直しを図っていく。()内は達成状況。

また、内容の追加も随時行う。

  

仕事

□会社年間売上1億円(現在0円)

□個人月間売上目安300万円(達成月□□□□□□□□□□□□)

□海外クライアントの仕事を開拓(0件)

□正社員を7名にする(現在5名)

□アメリカ本土での仕事(0回)

□アジア大陸での仕事(0回)

▪️給料の見直し固定給アップ(1月実施)

□職場でいきものを飼う

□一度任せたことに口を出さない

□後輩の育成

□実験場の設立

 

学習・投資

□書籍100冊(12冊)

□英語リスニング300日(18日)

□大前健一読破(0冊)

□ジム・コリンズ読破(0冊)

□個別株式で5%の利益(現在2.67%)

□先進国インデックスに月3万投資(投資月□□□□□□□□□□□□)

□海外視察

□動物の言葉を理解するアプリをつくる

 

 

プライベート・休息

□入籍

■ブログ更新365日継続中

■ランニング300日継続中(14日)

■神社参拝300日継続中(16日)

ツイッターフォロワー1000人

■週間睡眠平均6h以上継続中(直近1週間7777787h)

□国内旅行3カ所(現在0箇所)

□海外旅行1カ所

□ゲームのエンドロールを見る(10本以上□□□□□□□□□□)

□映画館で映画を見る(月5本達成月□□□□□□□□□□□□)

■フィットネストラッカーをつける(AppleWatch)

バンジージャンプ(2017年12月30日達成)

□スカイダイビング

□スキューバダイビング

□気球に乗る

マンボウを食べる

□北海道でラーメンを食べる

□福岡でラーメンを食べる

□欲しいものリストから何かもらう 

■新規カフェの開拓継続中(3店舗)

■新規飲食店の開拓継続中(17店舗)

 

思考

□人は城、人は石垣、人は掘、情けは味方、仇は敵(武田先生)

□明日死ぬかのように生き、永遠にいきるかのように学ぶ(ガンジー先生)

□考えや神経を研ぎ澄ませておく(シャネル先生)

□神をめざす

 

 

1月1日以降に発生した目標

□ユーチューバー活動

■夜のオンラインゲーム禁止継続中

■2年間での健康ABテスト継続中(Aは2017年に完了済み)

 

 

ブログを続けるたった1つのコツ、

まぁ、ひどいタイトルですねw。

僕はこんなタイトル大嫌いですよ。

まったく根絶やしにされてほしい。

 

時間というものは情け容赦ないもので、いよいよ2017年も終わりですね。好きなご飯でも食べて、好きな音楽でも聞いて。今日くらいはゆっくりとした時間を眺めるのもいいですね。みなさん1年お疲れさまでした。今年はたくさん仕事をして、たくさん遊んで、よかったこともわるかったこともあったと思います。僕もそう。でも少しだけよかったことの方が多かった気がします。御の字ですね。

 

今日はまったり、音楽をかけてコーヒーをいれてパソコンに向かっております。最近のお気に入りBGMはトロピカルハウスです。寒空の下で聞く南国リゾートのような音楽もなかなかいいですよ。ギャップにシビれます。それでは今日もよろしくお願いします。

 

おかげさまで今年4月半ばに始めたこのブログも、1日も休むことなく毎日書き続けて、毎日更新することができました。260記事くらいかな?。仕事のこと、暮らしのこと、いろいろ書いてきました。2018年に入っても何も変えず、何も変わらず、これからの日本で働くこと、暮らすこと、どうやったらうまくいくのだろう?とみんなでディスカッションするような感じで書いて行こうと思います。個人的な話では、僕の会社は4期目、メンバーは5人です。会社を運営するなかで感じたことや、日々の出来事なども面白く書けたらいいなと思っています。

 

僕がこのブログを続けるにあたり、参考にしたことがいくつかあります。その1つは、ラジオ。僕は子どもの頃からラジオが好きで、世代的には「やまだひさしのラジアンリミテッド」「桑田佳祐やさしい夜遊び」「福山雅治魂のラジオ」「伊集院光深夜の馬鹿力」あたりが大好きでした。その他も1日中ラジオを聞いているのでたくさん聞いています。で、特に参考にしたというのはピストン西沢さんの「GROOVE LINE」毎日夕方の2時間半ぶっ通しでしゃべりまくってる。よくまあ毎日しゃべってネタが尽きないよなーと思うのだけど、これが超適当な番組なのです。ネタはかぶりまくるし、喉がかれて声が出なくてもそのまましゃべる。同じことを毎日毎日やっているのです。でも、続けるコツはこれだと思うのです。毎日同じことを繰り返す。同じ時間に同じテンションで。調子が悪くても、忙しくても、気が散ってても。とにかく毎日やる。それだと思うのです。適当でいい。それ意味あるの?ってことでも、続けることで強力な意味がついてくる。初めは自分だけの日常だったものが、だんだんと誰かの日常になっていき、いつの間にか、みんなの日常になっていくのです。「笑っていいとも」みんな好きだったよね。「こち亀」みんな好きだったよね。「ちびまる子」「サザエさん」「ドラえもん」ずっと同じ。そこにいてくれる。地元のぱっとしないラーメン屋、まだやってるよ。行ってみたくなるよね。僕はブログでそこを目指したいと思っています。長寿番組や、老舗のご飯屋さん、長く続いているものには共通点があります。それは、「同じことをやりつづける」ということ。変わらず、変えずにただ1つのことを突き詰め、磨き続けていく。「ひとつのメニューだとお客さん飽きちゃうから」って言って変えたり、いろいろやるっていうのは実は提供側が飽きちゃってるんですよね。だから磨きがかからないままで終わっていく。長く続いているものは磨き上げられているからこそ、定番、王道になっていくんですよね。ファイナルファンタジードラゴンクエスト、ゲームだって同じですよね。

 

そんなわけで、来年もどうか、どうか、ひとつよろしくお願いします。

みなさんよいお年をお迎えください。 

 

よしけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る前にやること、

12月30日も終わりそうだ。泣いても笑っても2017年はあと1日しかない。もう1日しかないと思うか、まだ1日あると思うか。そういえば、1ヶ月ほど前、「もう一ヶ月、まだ一ヶ月、」という記事を書いていた。その記事の中で、来年の目標を1つ先取りしてやろうと宣言していた。そう今日は僕がバンジージャンプを飛ばなければいけない日だったのだ。

 

works.noayos.com

 

みなさん大掃除を終えて、お正月の飾りをスタンバイし、こたつでみかんを食べているころでしょうかね?。今夜もここに来てくださって本当にありがとうございます。とっても嬉しいです。今回は、より個人的な回になっており恐縮ですが、今夜もひとつよろしくお願い致します。

 

スプラトゥーンが好きな僕のために彼女がくれた派手な靴下。

f:id:noayos:20171230194746j:plain

 

バンジージャンプは見事成功した

僕は神に見放されず生き残った。2018年も激務に従事することが決定した瞬間だった。ジャンプする直前は最悪な気分だったが、無重力状態になる1秒間くらいは他の何にも代え難い不思議な感覚があった。これがすごく気持ちよい。飛行機で雲の上にスポッと顔をだしたときのような。あとで写真を見たら僕は手足をすごく伸ばしていた。いつか宇宙に行こう。そう思った。ただ、あまりにも一瞬で終わってしまったので「人生変わりました」みたいなことはおこらなかった。あと、大学生の集団がキャピってて羨ましかったです。バンジーはワイワイやるもんなんですね。僕はおっさんお1人様でしたのでね。孤独でしたよ。

 

いつかは来ない

「いつか宇宙に行こう」なんて思っても、そのいつかは来ない。バンジーを飛ぶ事ができたのも、「いつか行こう」って思ったのではなく、「12月30日」に行こうと思ったから行けた。そこに向かって具体的に動くことができた。「いつか」なんてぼんやりした未来が来ることはない。ずっと未来のままだ。締め切りのない仕事が終わらないのと同じ。目的がなければ到着することはない。改めて目標設定の重要性を感じた。当たり前なんだけど、それがなかなかできない。というわけで、僕は55歳に宇宙に行こうと思います。これは来る未来ですね。

 

2018年の目標

みなさんは2018年の目標はもう決めただろうか?もしもう決めているというならば、99%以上の確率で達成できるだろう。今夜と明日で考えて、決めることができれば、同じく高い確率で達成できるだろう。とにかく数字を交えて具体的にすることだ。僕も目標を立てて、1月1日から順次実行に移して行くつもりだ。何をすればいいか迷ったり、どこへ向かっているか分からなくなったら、それをまた見返せばいい。それだけやっとけば何もかもうまくいく。そういう目標をつくっている。

 

明日の目標

目標目標うるさいのは重々承知なのだが、さて、明日は何しようかな。本読んで、ゲームして、ブログ書いて、風呂入って、友達と家族に会って。それでいい。それも十分に目標だから。子どもの頃、親によく言われていたことがある。「寝る前に明日着る服を用意しなさい」。それに尽きる。ほんそれ。それさえできれば、全てが連鎖的に好転していくのだ。