代々木ではたらく

これからの働き方を考える

新社会人の皆さまへ、

こんにちは、よしけです。

4月最初の月曜日ですね。今朝、僕は大阪から東京にもどってきました。駅には新入社員さんと思われるリクルートスーツを着たひとたちがたくさんいましたね。本当に春なんだなーと思いました。新しい会社、新しい世界を楽しんでほしいですね。僕は学生の時よりも社会に出てからの方が全然楽しいです。比べ物にならないくらい楽しい。果てしなく自由な世界が広がっています。会える人の数も、幅も爆発的に増えました。できることの数も、幅も爆発的に増えました。

流れに身を任せるもよし、自分でイカダをつくって漕ぎ出すもよし、自分の人生を自由に使うことができます。誰にも縛られることはありません。こんな楽しいことはありませんよ。なにやってもいい。どこに行ってもいいのです。僕は新社会人の人たちに「がんばってださい」とは言いません。いいこともわるいこともあると思いますが、自分の人生をいっぱい感じて生きていってほしいなと思います。そうすれば、楽しいことが無限に訪れると思います。

 

でも、初めてやることは恐怖であふれているものです。恐怖を感じるということは、知らない世界、新しい世界の証拠でもあります。僕は、あえてそこに足を踏み入れていくといいんじゃないかと思います。僕も毎日が恐怖です。本当に怖い。社会人になって10年も経ちましたが、未だに怖いものだらけです。電話がなるのが怖いし、打合せに行くのも怖いです。初めての人に会うのもドキドキします。会話も緊張します。仕事がちゃんとできるかどうか怖いです。納品できるかどうか、喜んでもらえるかどうか。本当に怖いです。年々、その恐怖が増えているようにも感じます。本当ならば、社会に慣れ、仕事になれて行くのですから、平気になって行くはずです。でも、逆に、だんだん怖さがが増している気がします。

それは多分、年齢を重ねるにつれて増える責任量と、抱えていく守るべきものが知らずのうちに大きくなってしまっているからかもしれません。気がつくと、失敗が怖くなっている自分がいます。こうして頭の硬いおっさんが完成してしまうのです。ダメですね。リセットリセット。頭を軽くしていきましょう。

 

新社会人の皆さまは、まだまだ柔らか頭をキープできていると思います。その柔らか頭はとても貴重なものです。できればずっとその柔らかあたまをキープして欲しいです。いつも新しいものを探して、感じて。今の自分の感覚を信じて仕事をして行ってください。10年、いや5年、3年、先の先輩よりも遥かに「いま」に適応した頭を持っているのですから。

この世界ではあなた自身が主人公です。

 

 

 

 

1日をなんとなくで終らせないために、

ついに4月になってしまいましたね。時間の流れは早いもので、1秒たりとも待ってくれません。しかし、昨日まで年度末でひーひー言っていたのに明けて今日、年度始めの日曜日。すでにちょっとゆったりした空気が流れています。こんな雰囲気のまま、冷静に1年を過ごしたいものです。新しい年度になった、春になったということで、僕もまたひとつ新しいことを試していきたいと思います。まずは、ブログの冒頭で名乗るということを習慣付けたいと思います。

 

こんにちは、よしけです。

今日もよろしくお願い致します。僕がブログを書き始めたのは2017年の春です。4月の半ばくらいから書き始めたので、もう少しで丸一年が経ちます。毎日欠かさず書き続けてきました。僕はどちらかといえば理系で文章を書くことが大の苦手でした。ブログを書くことももちろん大嫌いです。今もとても嫌ですね。1年前書き始めたときの文章はひどすぎて見れたものではありません。でも、それも日記であり、大事な記録だと思うので消さないで痴態を晒し続けようと思います。

 

ブログを書き始めた当初は、ブロガーの皆さんの記事を参考にしたり、どうすればPVにつながるのかを考えたこともありました。でも今は一切考えません。何人読んでいるかなんて全く関係ありません。よく、PV数やブログ収入がモチベーションになるとか聞きますがそんなことを言ったら僕のブログは即終了します。そういうものをブログに求めなくなりました。PVや収益が上がるブログと僕のブログは全く性質が違うということが分かったのです。分かったときはちょっと残念でしたが。多分これからもずっと、僕がブログをどんなにうまくかけるようになっても、PV数は上がらないし、収益も生まれないでしょう。でもいいのです。毎日思ったことを書き続けます。収益を上げるより、ネット上に、今の気持ちを残し続けることの方が遥かに意味があると思っています。1日をなんとなくで終らせないために書いていきます。後で読み返したとき、その日の気持ちがよみがえるように。1日1日に名前をつけていき、忘れることがないように。これからもブログを書き続けていきたいと思います。

 

 

今日は日曜日なので毎週恒例の大阪への旅です。この週末の旅も1年間続けてきました。実は今月で終わりです。ちょっと悲しいですね。1回1回を大切にしたいと思います。新幹線からブログの更新をお届けしました。 また明日ね。

僕たちの間に生じるチームワーク、

我々の間にチームプレイなどという都合の良い言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレイから生じるチームワークだけだ(荒巻大輔)

 

弊社の自由度が裏目に出て、ちょっとまずいことがおこりました。メンバーの遅刻です。本来、遅刻は自由かどうかは関係がありません。約束をするかどうかの自由はありますが、約束した後、それを果たさない自由はありません。できない約束はしてはいけないのです。弊社は今、休みを自由にとることができますが、出社する予定の日・時間に来ないのはNGです。出社時間を申告すれば問題ないということにはなっています。事前に申告してあればOK。連絡すればいいだけの話です。逆に、事前に連絡があれば、かなりの自由を認めています。出社時間も、休日も、仕事内容も、僕やメンバーが状況を共有していれば、フォローしあったり、融通しあったり、協力したりできます。それが組織の良いところだと思っています。誰だって好きな時間に働きたいし、好きな場所にいたいし、休みたい日に休日が欲しいです。それをみんなで共有し、フォローし合うのです。遅刻や無断欠勤はこの仕組みを毀損してしまうため、絶対にダメなのです。おそらく、遅刻したメンバーはこの自由の意味を分かっていなかったのでしょう。表面上の「好きなときに休める」という事実だけ受け取っていました。その下で動いている意味を理解していませんでした。弊社における自由の意味は、怠ける自由ではなく、成果を上げるために必要な自由です。実はルールでガチガチの組織よりもシビアで難しい世界です。僕もそれをきちんと伝えられていませんでした。反省しています。

 

弊社は上記の通り、いろいろを自由にしています。会社組織はルールがあるのが普通かもしれません。あれこれ縛って「これこれこういうふうに働いてください。」っていう。朝は10時に来ましょうとか、これは上司に確認してからとか、紙に残してとか、茶髪NGなんてとこも、、他いろいろたくさん。僕はこれがあまりいいとは思えませんでした。全部上が管理してしまうと、個人の思考を止めてしまいます。そこには時間的な無駄や、金銭的な無駄、個人の能力の無駄がたくさん発生しているように見えました。本来の仕事は「ルールを守り、我慢をして、やりたくないことをする」ことではないはずです。

 

それならば、ルールで固定しないほうがいいのではないか。個人に考えてもらい、自由に動いてもらった方が、結果をだせるのではないかと思いました。一つの脳みそが考えることよりも、複数の脳が同時に考え、動いたほうがより効率的ではないでしょうか?。パソコンの性能の歴史みたいに。前のパソコンは一つのCPUの処理能力を高めていく方向でした。周波数が増えれば増えるほど処理能力が高くなっていく感じです。しかし、今は1つづつのCPUの能力はそれほど高くなっていせん。その周波数の進歩ではなく、複数のコアが同時に処理していく方法へ進化しました。その方が、結果的には効率的で処理能力が上がっていったのです。

 

会社や組織も、小さい場所からそうなっていくと思っています。1人のカリスマ的なリーダーが引っ張っていくのではなく、コミュニケーションをとりながら、みんなで考えて、みんなで動いていく。そのとき必要なのは、みんながストレス無く動きやすい環境をつくること。自由の意味が理解できるメンバーを集めること。それと、ざっくりとした方向を示すこと。決めるルールはことはそれくらいでいいと思っています。Amazonのアカウントをクレカナンバーを入れた状態で共有したいくらいなのです。個人のスタンドプレイが最も力を発揮しやすい状態を保ち、みんながみんなを支えていく組織をつくっていきたいと考えています。

 

年度末がおわりますね、

一週間終りましたね、いやいやお疲れさまでした。とてもつかれており、今日はあまり仕事ができませんでした。早く帰って寝たいです。今週末は一週間が終ったというより、一ヶ月の終わり、いや、1月から続く、年度末進行の終わりといった達成感がありますね。まだ、この土日も仕事があるものの、もう山場は越えました。今シーズンの年度末の仕事は本当に大変でしたが、とても実りのあるものになったかと思います。仕事内容についても、新しいチャレンジが沢山ありましたし、売り上げも上々でした。3月の売り上げは月の目標も達成することができました。月の目標というのは、1年の売り上げを12で割って月の平均を出し、その額の2倍が目標です。売り上げるほど、平均も上がってしまい、地獄になっていく凄まじい目標です。数字で言えば、たとえば月に平均500万円売り上げていたら、1000万円の売り上げです。2倍売ると、月の平均が上がり、つぎの達成目標が自動的に上がります。これはなかなか難しい目標ですが、今月はなんとか達成できました。がんばりましたね。

 

しかしながら、頑張らなくてもまわる組織にしていきたいこと山の如しです。 そのためにはもう少し法人の体力をつけなければならないなーと思います。まぁ、気を張ってもいいことはありませんので、とりあえずビール、行きましょうか。

 

ドM、

自分はつくづくドMだと思います。多分僕は、きついことの中にしか新しい発見が無いと思い込んでいると思います。自らキツイことに足を突っ込んでいく感じがあります。過去そんな経験があったのでしょうか?自分でもよく分かりません。

僕の尊敬する人がこのようなことを言っていました。「大人になると、嫌いなことの中にしか、驚きや感動を発見できなくなる」好きなこと興味のあることはだいたいやっているし、知っている世界だから、驚きや感動のハードルが高いです。それを感じる絶対数も少なくなっています。でも、知らない世界なら新しいトピックにあふれていて、些細なことでも驚き、感動できるでしょう。いままで避けていたことの中に金脈が広がっているかもしれないのです。それを無意識のうちに求めてしまうから、今日もドMなきつい仕事に足を突っ込んでしまいます。

 

どうでもいいこと、

大体のことはどうでもいいと思っています。何がと言われるとパッと出てこないのですが。まぁ、大体どうでもいい。他人のこともマジでどうでもいいです。怒ることもありません。怒るって興味がないとできないのですが、他人に対して興味などありません。他人を変えるより自分を変える方が楽なんて、ポケモン赤緑で嫌という程教わりましたしね。

 

喫煙可能の飯屋に入ってしまっても、まぁ、別に仕方ないか、くらいです。僕は生まれてこのかたタバコを吸ったことがありません。吸いたいとも思わないです。でも、他人が吸っていてもどうも思いません。副流煙を吸いこまされても、まぁ少しなら大丈夫でしょうという感じです。僕の自宅で友達がタバコを吸っても別にいいですし、お酒の席で誰かが吸っていても平気です。その場が終わった後、自分の体に残ったタバコの匂いを感じると、ああ、今日はこういう日だったんだなと思います。そういう意味では、ほんの少しだけプラスの感情がある気がします。よく恋愛ドラマとか小説で、年上の彼氏のタバコのフレイバーがなんとかいうあれがありますが、なんとなく気持ちが分かりますよ。なんかいいんだろうなーと。

 

もう一つどうでもいいことがあります。服装です。これはちょっと良くないなと思いつつ、どうでもいいということにしてしまっています。僕は完璧主義なところがあるのかもしれません。服装だって本当はちゃんとしたい。かっこいい服をきた時の満足感は格別ですよね。気分が良くなって、街に出たくなります。その気持ちが良く分かります。でも、ちょっと忙しくなるとちゃんとできなくなります。その途端、もうどうでも良くなります。僕のいまの所持服は3着くらいしかありません。靴下も7割くらいは穴が空いています。ズボンに至っては1着しかありません。これは流石に危機感を感じています。だって毎日同じズボン履いてますから。やばいですよね。いや、冒頭から言ってる通り、僕はどうでもいい。どうも思っていません。でも、毎日顔を合わせる人に申し訳ないと思っています。多分、いや、絶対気づいています。いくら僕に興味がなくても、流石にずー〜〜ーーーっと同じズボンですから。いつから?3ヶ月くらい一緒ですよ。本当に申し訳ないと思っています。本当です。

 

もう一つどうでもいいことがあります。食事です。お腹いっぱいになればいいでしょ。と。1人でする食事なんてどうでもいいです。でも、そのかわり誰かとの食事はめちゃくちゃいいものを食べます。あ、言い過ぎました。普段と比べていいものを食べるという意味です。金額で言えば10倍〜20倍くらいは違うでしょう。1日に3回富士そばを食べてもなんとも思いません。しかも同じメニューです。美味しいですからね。富士そば。でも、ここ最近ちょっと変わってきています。引っ越して成城石井が近所にあるのです。ここのお惣菜が本当に美味しくて、富士そばの頻度が激減しました。成城石井のお惣菜は本当に美味しくて、生き物を食べている感覚があります。コンビニの弁当とは雲泥の差がありますね。どうでもいいと言いつつ、おっさんになってきたこともあり、食事は気になるようになってきました。仕事のパフォーマンスにも直結しますしね。

 

というわけで、今夜は成城石井のチーズタッカルビをいただきます。うんメー!

 

最後にもう一つどうでもいいことがあります。住環境です。僕は今都内のワンルームに住んでいますが、自宅にいるタイミングは寝る時くらいしかありません。最低限、寝られればいいのです。広い部屋や、ふかふかなソファ、大きいテレビ、犬が走る庭。全部いりません。欲しくもありません。本当です。

 

衣食住どうでもいいことになってしまいました。僕、人間として終わってますね。悲しいですが、全く困りません。やりたいようにやってますし、生きたいように生きています。こんな生活ですから貯金は増え続けます。お金にも全く困りません。

 

無能ワード、

お昼頃になると、近所のコンビニとかカフェとかが大学生風の集団で埋め尽くされてしまいます。お花見にきているのだと思います。気づけば学生は今春休みですね。いいなぁ。楽しい時間を過ごしてください。年度末も大詰め。弊社は最後の山場という感じです。新人にも重要な仕事をやってもらう感じになり、結構大変。僕は教えるのがとても苦手なので、結構大変。例の、自分がやった方が早い病に完全にかかっています。でも、任せなければ成長もしてくれないのでやってもらいます。最初のうちはね、、右も左も分からない。僕もそうでしたから。じょじょにできるようになっていって欲しいです。しかし、今は僕が徹夜でまきとりフォローします。結構大変。

 

今日は、仕事の残念な出来事シリーズをお送りいたします。もう散々議論され尽くして、NGってことで決着したはずなのに未だによく聞くやつです。早速いってみましょう。すていちゅーん。

 

「月曜の朝イチでいいんで」

「今日中になんとか」

「汗水たらしてない仕事は楽」

「残業してるやつ偉い」

「徹夜偉い」

「デジタルの処理は安い」

「有給とるやつやる気ない」

「定時退社やる気ない」

「メールの引用残しまくり転送」

「スルー転送」

「とりあえず数パターン」

「なるはやで」

「パラで」

ASAP

「押してますが〆切変わりません」

 「持ち帰って検討します」

「〇〇と聞いています」

 「友達価格」

 

他にももっとある気がしますが。こんなのが指摘しなきゃいけないほど、まだのこっていることに愕然としますよ。2018年でこれはひどい

これ、全部無能だからな。もし自分がこれをやってる自覚あるなら、他人から無能扱いされてるからね。今書いていても指摘自体が時代遅れなほどおかしい。だけど、まだこんな話をたまに聞くし、僕自身もこんな間抜けなオファーを受ける。人口ボリュームの大きい旧世代が全員いなくなったら、解消されるかと思いきや、30代や20代のやつまで、こんな事をいいだしたりするからヤバい。頼むからもうこんなバカなことを言わないで欲しい。君の格が下がるだけでなく、付き合ってる僕の格が下がるから。やめないなら付き合えなくなる。用事があるならお前が来い。

 

です。怒ってますねー。 

相手がこんなこと言ってきたら、「え!?まだそんなこと言ってるの?それ言っちゃうやつアホってことになってるけどいいの?」って思って笑ってしまいます。お前、仕事なくなりますよ。つか、仕事に足とられて沼に沈みますよ。結果仕事なくなりますよ。バーカですね。気をつけましょう。