代々木ではたらく

これからの働き方を考える

超絶ブラックホールコズミックエクスプロージョン、

こんばんは、よしけです。今日もブログの夜です。夜は静かでいいですね。風も涼しく気持ちいいです。今夜も仕事が全く終わっていませんが、文章を書いて、一息入れようと思います。ここ1週間ほど怒涛のハードワークで朝まで仕事をやっています。徹夜ができる年齢ではありませんので、どのタイミングで、どのくらい睡眠をとるか、どれくらい回復したらその先乗り越えられるか。その駆け引きを楽しんでいます。ゲームみたいなものですね。まぁ、でも人間決まったサイクルがあるようで、朝までコースが確定したら22時くらいに仮眠を入れるのがいいみたいですね。これが25時くらいまで頑張ると、ここで仮眠をとったら最後朝まで寝てしまいます。22時〜24時くらいまで一旦寝て、そこから続きをプレイするのが効率的なようです。

嘘嘘!!。本当に効率的なのは、朝までコースなどバカなことはやらず、普通に22時くらいに寝て、6時くらいに起きてスッキリ超回復することですよ。そんなことは100も承知の助なのですが、朝までコースということは朝までには提出しなければならない。そういうことなのです、それがなぜか毎日あるという超ヤバイ状況なのです。なぜそんなことになっているかといえば、僕が無能だからですね。。調整力や政治力が欠如している結果です。でも、会社自体はそんなにブラックでもないんですよ。定時以降は拘束力ゼロですからね。変な会議も飲み会もやりません。

 

そんな折。

僕の大学時代の後輩のブログを読みました。後輩は僕と同業種の会社に就職し、入った会社がブラック企業だったということでした。その会社を最近やめ、残業代と有給の買取の交渉を行ったという内容の記事でした。結論は残業代は返金されたそうですが、有給は買い取ってもらえなかったようです。僕が今いる業界はブラック企業が多いいです。普通に仕事するだけでブラック風味。この業界でホワイトってあるの?って感じです。そんなわけで、たまにニュースにもなる業界です。ただ、ちょっと難しいなーと思うのは、一定の答えがなく、いくらでも質を追求できちゃうんですよ。そして、個人のスキルによるところが大きく、同じ質の仕事でも、遅いひとと早いひとがいる。何時間働いたから成果がでるというものでもないのです。それこそ、早いけど小さい成果の人もいるし、ちょっと遅いけど莫大な成果をあげる人もいる。これらを一色単に評価できないんですよね。ルールがちゃんと決まっていないのが悪い気もしますが、そんなのを決めたところで、わけわからない仕事大好き天才チートプレイヤーがギャラや休息を無視してスーパークオリティのものを出してきて、市場を破壊し尽くしてしまうんですよ。だから個人個人の裁量を大きくしようとした結果、超ブラックに見えてしまうこともあります。「ことも」ね。これ重要。そこにただのクソ悪い経営者がブラックをしれっと混ぜていたりするからわけわからんことになってるのです。だから、ほんの少しの情報でブラックだーホワイトだーなんていえないなーと思います。

現に、僕は自ら超絶ブラックホールコズミックエクスプロージョンになっていますが、誰にも拘束されていませんし、命令もされませんし、お菓子食べたりラインしたり、なんでもありです。超楽。ストレスなし。休みたいとき休む。そんなわけで僕は自分のことをブラックだと思ったことは1度もありません。でも仕事はめちゃくちゃやってみんなにドン引きされていますが。

つまるところ、ブラック企業というのは残業がーとか、おちんぎんがー。とかではなく、「やりたいようにやれない」というところに核があるのかなと思います。やりたいようにやれる場合、どんな小さいことでも自分の価値のタネとし、発芽させ、すこしずつでも木に育て、森にしていくことができます。が、それができない組織では、やはりやりようがない。評価されない、自分でいられない場所ではぺんぺん草も生えないですね。

 

 

 

 

 

新卒初任給30万円・土日祝休み・定時出退社・社保あり、

どうもこんばんは、仕事おそいマンよしけです。全然仕事が終わりません。終わりが見えません。やることがどんどん増えていきます。せっかくお金を貯めて、会社をつくり、5人の組織を運営しているのにも関わらず、僕のやるべきことはどんどん増えていくばかりです。んーどうしたものでしょうか。時間を重ねるほどに色々うまくやっていけて、だんだんシンプルに、だんだん洗練されていくと思っていたのですが、どんどんこんがらかるばかりです。まぁ、せいぜい頑張りますが、もう少し頭がよければなーと思います。

 

そうそう、アップルウオッチの充電が少なくなると、省電力モードにしてバッテリーをセーブできるのですが、元に戻し方がわかりません。省電力モードは時間表示以外の機能をすべてオフって電力の消耗を抑えることができるのですが、満充電してもこのまま。時計機能しか使えません。どうやってもどすのー?。直感的に使えて、説明書がいらないってのはありがたいのですが、これ直感的につかえてねーですよ。まぁ、アップルウオッチの時計以外の機能を使っていないからこのままでいいかなと思います。電池ももつし。おk。

 

ツイッターでこんな話題をみましたよ。

youpouch.com

 

新入社員さんたちの5、6月の検索ワードです。新しい環境になれることができず、四苦八苦している感じですね。5月病とはよく聞きますが、これはゴールデンウイークが生んだ副産物な気がしてなりませんね。そして5、6月に仕事を辞めたくなるのは今に始まったことでも無いのでしょう。しかし、最近の時代の流れは、お金がなくても幸せは追求できるという感じで、一部のネット民を中心にプロパガンダが行われています。この流れにも乗る感じで、「会社を辞めたい」と考える新入社員さんたちが増えているのではないかなーと思います。評価経済!!シェア!!支援!!お金がなくても好きなことで生きていけるー!。って具合ですね。やりがいはいらねーから金と休日をくれよ!っていうのは一世代前の話になってしまったのでしょうかね?

 

弊社でもその傾向はなんとなくあり、新卒の新入社員さんがこの5月いっぱいで辞めます。新入社員といっても、1年経ったところですので、すぐにやめるという感じでは無いのですが。やめる理由は正直なところよくわかりません。経営者としては本当のことを言って欲しいわけですが、何が本音かというのは強制的に聞くものでも無いと思うので。新卒初任給30万円・土日祝休み・定時出退社・社保あり。「やりがいより金と休み」というのは確実にクリアしていたと思うのですが、、。ただ、うちの会社が継続するに値しない場所であったということは間違いないことです。僕自身も足りないところだらけで、猛反省の域です。いろいろなことを考えるきっかけをくれて本当にありがたいとも思っています。そのままだったら、そのままだったわけですから。人の出入りとともに、会社も成長していきます。辞めてしまう社員さんのことはとても残念です。一生面倒みると覚悟をして入ってもらったのですから。悲しいこと山の如しですが、ここから出ることでひと回りもふた回りも成長してくれることでしょう。また、どこかで再会できることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝亭を食べながら、

おはようございます、よしけです。東京今28日、朝の7時を回ったところです。僕は松屋の朝定食を食べています。店内には男性のお客さんが6、7人、平均年齢は40歳半ばくらいでしょうか、若干僕が引き下げ役です。スーツの人は一人もいません。朝早い時間に松屋さんに来ている人はどんな人なんだろうなと思います。都会はいろいろな人がいますからね。24時間営業の場所にはいろいろな人が来ているのでしょう。

朝早くから働く人、遊びに行く人、ランニングする人、夜勤明けの人。僕はずっと会社にいる人なので、早朝の松屋さんにはとてもお世話になっています。9時頃にはサラリーマン方向の人たちであふれてしまいますから、朝早く行ってすいている時間にゆっくり朝ごはんを食べるのがいいです。

東京の朝は夜勤明けの人もたくさんいると思います。僕や彼ら彼女らにとって、早朝が仕事終わりになります。「朝」が、「夜」になるのです。そんな人たちに提供するサービスがもう少し充実するといいなーと思います。居酒屋さんのように一般的には夜に利用が増えるサービスも、少しだけ時間をずらしてみるだけで競合がいなくなり、ブルーオーシャンの戦いができるかもしれないと思います。日が昇る前に起きて、店を開けて、夜勤明けの人をターゲットにする。なんて店はそんなに多くないんじゃないでしょうかね。みんな朝早く起きたくないですからね。

 

 

そろそろ焼きジャケ定食を食べ終わるので、今日はこのへんで。

今日もお仕事がんばりましょう!

日銭を高速で稼ぎながら、

おはようございます、すっぽかしブロガーのよしけです。1週間おつかれさまでした。週末はいかがお過ごしでしょうか、ゆっくり飲みにでも出られていますか?美味しいものを食べてリセットできるといいですね。

僕は金曜日から土曜日にかけて仕事がバタバタで大変でした。作業量に対して全く時間が足りておりません。よい質を保つためには、取捨選択、今すぐにやらなくてもよい作業は後に回して、締め切りの近いものからがしがしやっていきます。でも、実は今すぐにやらなくていいことの方が長期的に見たら大切なことだったりするのですよね。だから本来はそちらの方が今すぐにやるべきかもしれません。あー、ぐるぐる回ってしまって意味不明ですね。言ってしまえば、最低限で回せる日銭を高速で稼ぎながら、長期的な方向性に少しずつ近づいていくって感じですかねー。なかなかバランスを取るのが難しいですが、まぁ、ぼちぼちやっていきます。

 

毎週金曜日、弊社では週間報告会を開いています。この試みは先月からスタートさせました。今回で6回目の開催になります。各社員がそれぞれ今週あった出来事や、仕事、その内容を事例として紹介し、共有します。その中では僕もプレイヤーとして参加すると同時に、経営者としても参加します。僕の順番の時だけ、2部に分けて発表しています。プレイヤーとしては作業内容や技術面を共有し、経営者としては、運営状況や、運営方針などを共有しています。

 

今回は弊社としてお客さんとの関係性を共有しました。それをここにも簡単に残しておこうと思います。

1、お客さんに喜んでもらう(何を求めているのか、理解する)

2、浅く広い関係を持つ(ゆるいつながりを大切に)

3、対等な関係を保つ(いい仕事をして、いい対価をもらう)

 

そして、今回は2番目の「浅く広い関係を持つ」を少しだけ掘り下げました。弊社はBtoBの仕事を中心に受注していますので、お客さんは法人であることが多いいです。仕事を発注してくれる会社はどこが多いいのか、1社あたりどれくらいの依存度があるのかをピックアップしました。

 

1位 K社  9.95% 

2位 D社  5.94%

3位 A社  4.20%

4位 O社  3.77%

5位 B社  3.61%

 

以上の結果になりました。1位のKという会社に売り上げの10%くらいを依存しています。このお客さんは前年だけではなく、継続してこのくらいの割合になっています。依存率を5%未満にしたいと思っているので、ちょっと大きい数字です。2位以降は、いい数字かなと思いますし、この5位までで、30%ほどなのでそれほど悪い感じではないかなーと思ってはいます。しかしながら、クライアントの9割は東京都内。そして100%日本国内です。今後、これをどうにかしていこうと思っています。地方の仕事、海外の仕事をやっていけるように頑張ろうと思います。

 

 

 

 

 

口頭でのバトルに負けないブログ、

どうもこんにちは、すっぽかしブロガーのよしけです。自分のことをブロガーだと思ったことは一度もありませんが、そう名乗ってみました。ブログの記事を過去の時間で更新できる機能を覚えてからというもの、デイリー更新の過酷な仕打ちから解放されて、悠々自適なブログライフを送っておりますわよ。と僕の大好きな肉級さんをリスペクトした語尾を入れつつ今夜も文章を書いていきたいと思います。

 

冒頭で告白した通り、更新日時は25日夜ですが、実際に書いているのは26日のお昼頃になります。コンビニ弁当をかっ込みながらキーボードをポチポチしていますわよ。文章を書くことはとてもいいなーと思う今日この頃です。僕はブログを書き始めて1年以上が経過しています。毎日書いているので400記事を越えました。最初の頃は本当にひどい文章で、200字くらいしかかけませんでした。小学校の頃から作文は大の苦手でしたからね。1年書き続けると、まぁそれなりに書くことに慣れてきました。少なくとも200字でギブアップすることはありません。でも、うまい文章やお金になる文章は相変わらずかけません。それらは僕が書いているのと同じブログでも、全く性質の違うものだと途中で理解し、僕が目指すところではないと分かりました。お金を稼げるブログというのは、やはりある一定のセオリーがあり、平均点をとるための勉強みたいな形式があるのですね。

 

多くの人は、ブログで稼げなかったりPVが少ないとモチベーションが下がってしまうと思います。そういう人もたくさんみました。もしかしたら、僕も稼ごうと思って始めていたら、心が折れてしたのかもしれません。でも僕は、ブログで1円も稼げなくても、1日のPVが1桁でも全然OKです。(むしろこのようなブログが万が一広く読まれてしまうと恐怖で生活できません。)僕は文章を書きなぐるように出していくことが今とても好きで、とても楽しいと思っています。だから続けられる。というか、続けてしまうという感じで書いています。クオリティのことは度外視です。すみません。

 

で、僕のブログのような無価値の文章でも、「書く」と「書かない」では雲泥の差があるということを最近少しずつ実感するようになってきました。文章を書かない人の喋り方と、文章を書いているひとの喋り方が明らかに違う現場を見てしまったのです。これはおそらく、本を読む人と読まない人の差よりも圧倒的に大きな差があるように思います。

文章を書かない人の喋り方は、時系列に整合性がとれていません。自分で喋っているにもかかわらず、数秒前の自分の言葉を参照できないため、一貫性を保つことがとても難しいのです。一見筋の通ったことを言っているようでも、その喋り言葉を文章に起こしてみると、超意味不明なことを並べてしゃべっています。

それに比べて、日常的に文章を書いている人の喋り方は一貫性があるように感じます。内容ももちろんですが、喋りの構成がしっかりしています。文章を書いていると、一連の流れを目で見て確認して整合性をとることができるます。これを会話でも無意識に行っています。会話の頭で話していたこと、中盤、終盤、で俯瞰して文字として頭に記録して、喋りながらチェックしているのだと思います。

 

多くの人は日常的に文章を書いていません。喋り言葉だけで生活しています。普段の暮らしの中で整合性がとれなくてもほとんど困らないわけですが、しかるべき場所に行ったり、発言したり、交渉する機会のある人は是非日常的に文章を書いてみてはいかがでしょうか。喋り言葉も俯瞰して整合性がとれるようにしておくと、口頭でのバトルは負けなくなると思いますわよ。

 

 

 

 

 

 

みんなの意見を第一優先、

こんばんは、よしけです。今日の東京は本当に気持ちいい天気でしたね。昨日が雨で、今日が晴れだと、ここまで空気が澄んでクリアに見えるのですね。僕は朝早くから東京の街の中をうろうろしていたので、だれもいない東京を朝日がスッキリ抜ける感じがとても美しいと思いました。雨に洗われた、新しい東京を見たような気がしました。

 

僕は今日は朝早くから現場での仕事にでかけました。もういいおじさんになってしまった僕は現場では監督という肩書きになっており、多少ダメなところがあってもみんながフォローしてくれます。なんてありがたいのでしょうか。アシスタントだったら怒られるようなことをやっても全く怒られませんし、はじっこのほうで1人でお弁当を食べていても、みんなの輪の中に呼んでもらえます。なんてありがたいのでしょうか。嬉しい限りです。そんなわけで、スタッフのみんなからいろいろよくしてもらえます。だから僕は今日は「みんなの意見を第一優先に」をテーマにしようと思い、現場に望みました。僕の意見は設計図にまとまり、スタッフみんなにあらかじめ配布してあります。現場ではそれぞれの持ち場のプロフェッショナルが集まっています。その分野に一番詳しい人、僕などでは足下にも及ばない知識を持った人が集まっています。その人たちが僕の設計図を見て、これはこうした方がいいああした方がいい。と意見を言って現場を進めてくれますから、僕はそれ以上の口出しをせず、聞いて、受け入れて、まとめて決断する役に徹することにしました。現場のプロたちの意見ですから、間違いないわけですね。そして、みんなの英知を結集して出した結果を最後に僕がみてOK!と言えばそれでまるく収まり、一番いいものができます。なんという、、なんというラッキーパーソン俺。みんなのおかげでいいものができたよ!。ありがとう!。本当にありがとう!。

 

僕が監督業として今後も生きていける道があるとすれば、現場では「みんなの意見を第一優先」。それを聞いて、受け入れて、まとめて決断。それ以外に方法はない。そう思った1日でした。現場の勇者は現場の最前線で常に戦っているのですから、そこを第一優先にするべきだと思うのです。素晴らしいビジョンを持ったカリスマ的な監督にも憧れますが、僕の役割はそっちじゃないなーと感じる今日この頃です。

 

 

 

今を生きる人間が主役、

こんばんは、よしけです。今日の東京は1日雨が降ったりやんだり、不安定なお天気でしたね。湿度が高く、じめじめ。やる気が全然出ません。弊社のキャットもぐったりしておりました。猫様は湿度が苦手ときいたのですが、本当なのでしょうか?それであれば対策を講じねばと思っているのですが。僕自身も湿度がとても苦手なので、僕は猫ってことになりますね、にゃー。

 

世の中が何やら騒がしいですね。日々いろいろな問題や事件がおこり、ニュースで報じられています。その話題に特に興味が無くても、直接メディアに触れなくても、なんとなく知れてしまうものです。たとえ知りたくなくても、自分にとって全くプラスにならなくても。ネットを使って仕事をしていたり、SNSで友達と遊んでいたりすれば、ネットから情報がしみ出すようにしてあらゆる情報が伝わってきてしまいます。僕は凄惨な事件や、誰かの不倫や、汚い足の引っ張り合いや、個人の恨み辛みなど見たくも聞きたくもないのですが、、。みたいやつが見る。見たくないやつはみなくていい。っていうのは商売が成り立たないのでしょうね。見たくないやつにもいちいち教えて回る。それがメディアってやつですか。まぁ、そうやって自分の欲していない情報を集められるのもネットのいい側面でもあるのかもしれませんが、いらない情報はいらないのです。なぜなら、いらないから。

  

そんなわけで、日々起る事件や事故を知ってしまうのですが、最近の事件で1つだけ書いておきたいことがありました。それは他人に事件を起こさせるのはとてつもなく凶悪だということです。自分では手を下さず、コントロールできる他人に実行させる。直接手を下すよりも数兆倍罪が重いと思います。危害を加えられた人はもちろん傷つきます。それに加え、実行させられた人間も同等かそれ以上に重く傷ついてしまうのではないでしょうか。自分の意志を曲られ、さらに他人を傷つけてしまったという事実は一生消すことができないでしょう。物理的な傷は癒えるかもしれませんが、心の傷はずっと残り続けてしまうかもしれません。どんなことでも、現場で起ったことっていうのは監督の責任なんですよ。どんなことでもね。ポストが赤いのも監督の責任。それが監督の仕事なんですよ。

 

で、この問題はこれだけではないと思っています。良いことと、悪いことの判断ができない状態、もしくは、良いことを良い、悪いことを悪いと言えない状態があるのがとてもまずい気がします。これをSNS上では「とても日本的」と表現する人がいました。それな!。これぞ失敗の本質です。もちろんこれは教育機関だけではなく、社会のなかで今もおき続けていることだと思います。むしろ社会人になってからの方が多いのかもしれません。上の人が言ったからやった、そんなの良い訳ですよ。バカを相手にしてはいけません。自分の足で行って、自分の目で見て、手で触って、その上で自分の頭で考えて下さい。親ガー、先生ガー、上司ガー。とか言っている場合じゃないっすよ。自分より年上や、経験値のある人間は、古い時代を生きてきたのですから、今を見て、今考えて、今やっていきましょうぞ!。時代はいつでも、僕たち今を生きる人間が主役ですから。