代々木ではたらく

これからの働き方を考える

ネットは僕たちを便利にはしてくれても、豊かにはしてくれない、

こんばんは、よしけです。今日も暑い日でしたね、夜になってもまだ暑いです。今週はずっとこんな感じの毎日のようです。でも少し風が強いみたいですね。ざわざわしますね。

ここ最近ちょっと世間が騒がしく、日々いろいろなことが起っていますね。サッカーの話題はもちろん、地震、立てこもり、引きこもり、よくわからない事件、事故、クジラ来襲などネタには困りません。そんな中、僕が気になるのは与沢さんのダイエットだったりします。いやいやすごいですね。突き抜けている人はやはり違います。やると決めたら問答無用でとことんやる。それしか成功の秘訣はありませんね。与沢さんに比べたら僕などあまちゃんもいいところ、お豆腐メンタルです。ストイックに、自分の決めたことは最後までやる覚悟を決めねば何も始まりませんね。僕はブログを毎日更新しますよ。与沢さんには負けていられません。

そんななか、ここ最近またぐっとネットとリアルの距離が近づいたんじゃないかという感じがしております。スマホが普及して久しい昨今ですが、もうみんなネット民でありリアル民です。もはやそこに垣根はないと思います。ネットは本当に僕たちを豊かにできているのでしょうか。ネットがまだ普及していないころは情報の差や地域の差が大きく、コミュニケーションできる範囲も限られていました。今はそれらの壁がほとんどない状態です。情報の差は小さくなくなり、地域のさも小さく無くなり、コミュニケーションをとろうと思えば誰とでも繋がれる。それはそれはとても便利になりました。でも、僕はそれが素直に喜べるものでもないんじゃないかなーと少し思っています。確かに、知らないことをすぐに知れるし、安いものを探せるし、連絡をとりたい人とすぐに繋がれる。これをプラス100点としましょう。これと反対のこと、マイナス100点のことも常に起っているんじゃないかなと思います。知らなくていいことを知ってしまう、1円でも高いと売れない、連絡してほしくない人と繋がる。これが同じ頻度で起っているということです。ネットは僕たちを便利にはしてくれましたが、豊かにはしてくれないなーと思う今日この頃です。もはや人間が処理しきれる情報量じゃないのかもしれません。

 

ダンバー数というのをご存知でしょうか。

ロビン・ダンバー - Wikipedia

人間は安定した関係を築ける人数に限界があり、だいたい150人くらいが最大になるという説があります。ネットがいくら普及して、コミュニケーションがとりやすくなったとはいえ、この数字が大きく変わることはないと僕は思います。人間が処理できる情報量には限界があり、それより多く処理しようとするとクオリティが落ちていくという感じです。オンラインでの知り合いがいくら多くても、150人以降は関係が薄くなってしまうのではないでしょうか。リアルの知り合いとネットの知り合いが合わせて300人とかになると、もしかしたら全員に対して1/2のパワーしかかけられないということになってしまうかもしれません。ネットだけの知り合いへのパワーは少ないとしても、多少のキャパシティは使ってしまうでしょう。ですからこれが1000人とか、もっと多く、数万単位になってきたとき、人間関係はどうなってしまうのでしょうね。本当に近しい人にかけるパワーもどんどん減ってきてしまうんじゃないかなーと思います。それって本当に豊かですかね?

 

それはさておき、東京湾にクジラ氏が来襲していることが僕は気になっています。与沢さんと同じくらい気になっています。地震心配ですね。そのときどこにいるかが勝負です。 

 

 

 

 

 

1兆円を5000回ください、

こんばんは、よしけです。週明けの東京はよく晴れましたね。気持ちいい天気を通り越して、暑い夏日となりました。今週はずっと天気が良さそうです。梅雨はどこへやら?いったん休戦という感じでしょうか。おやすみはありがたいですね。

 

自分にフィットするものを手に入れるということが、いかに幸せなことか。そう思ってやまない今日このごろです。いくら良いとされるものが手に入っても、身の丈に合わないと気持ち悪さや居心地の悪さを感じたり、どう扱っていいか、どう接していいか分からず、やがて幸せではなくなってしまう気がします。いきなり超大金を得たり、超高待遇のポジションを与えられても、それに見合う器を用意できなければすぐに溢れ、こぼれ落ちてしまいます。受け止められないだけならまだいいですが、その圧力に潰されてしまうかもしれません。

 

私たちは普段、不意に5000兆円欲しいなと思ってしまいますよね。しかし、実際に5000兆円手に入っても適切な使い道が分からないし、とまどってしまうでしょう。せいぜい旅行したり、家とか車を買ったり、高級レストランなど日々の贅沢したり、、。数億円使ったあたりでもうやることがほとんどなくなってしまうんじゃないでしょうか。自分のやりたいこと、想像できることの範囲でしかお金は使えません。ほぼ無限にお金があるという状態では、何に使おうか考えるだけでも頭を悩ませてしまうでしょう(逆にそれを仕事にしている人もいるのですが笑)。仕事を少し頑張って得たお金で、使い道をよく考えて好きなことをする。そこに嬉しさや充実感が発生し、幸せを感じられるのだと思います。「幸せ」っていうのは継続して感じるものではないと僕は思います。幸せの源泉が発生した瞬間だけ感じられるものという気がします。お給料が上がった月は嬉しくても、だんだん当たり前になってきますし、大好きな女の子と付き合えてもしばらくすると「あれ?」と思い始めてしまうわけです。高いレストランに行っても、初めて行ったときの感覚と、2、3回行った時の感覚は違うものです。初めてというのはやはり特別、幸せは一度きりなのですね。上昇する瞬間だけ、新しいものを得た瞬間だけそれを感じることができます。(まぁ、継続する幸せっていうのもあるとは思いますが。それでもその継続の中に新しい要素が何かあるはずです。)だから自分にフィットしないものではその瞬間を得ないまま、トロフィーだけもらうようなものなのです。もし仮に5000兆円もらえるなら、1兆円ずつ5000回に分けてもらったほうがいいかなと思います。それくらいが僕にフィットする金額です。それに、5000回もらえるよとアナウンスしないでほしいですね。先がわからない方が驚きも手伝ってより幸せに感じると思います。よろしくお願いいたします。

ほぼ無限にあるものに価値が生まれないように、5000兆円は砂や空気くらいの価値しか感じられなくなってしまうかもしれません。ちょっと脱線しましたが、自分にフィットしないものはいくら価値が高いとされていても、よい結果にならないのではないかということが言いたかったのです。仕事も同じですよね。いくら給料が高くても、待遇がよくて、ホワイトでも、自分にフィットしていない仕事をやり続けることはとてつもなく退屈で、時間の無駄、人生の無駄を感じてしまうでしょう。自分、こんなところで何やってんだろ、、って。やりがいや手応えがどうしても必要なのです。椅子に座ってるだけで月給50万円の仕事は一見最高ですが、これに耐えられるのは精々3日くらいでしょう。自分にとって意味のない事をやり続けるのは、たとえお金がもらえても苦痛なものです。5000兆円のトロフィーをいきなりもらって脳内麻薬の超新星爆発を被るよりも、仕事においても小さい成功や、小さい評価をたくさん得て、小さい花火を何発も上げるほうがよほど幸せであり、自分の力で、徐々に大きくしていける花火を見続けていたいと感じるものです。

 

 

準備にウエイト、

こんばんは、よしけです。今日の東京は午前中雨模様でぐずぐずの一日を覚悟したのですが、夕方からきれいに晴れて気持ちの良い空が広がりましたね。今日も僕はいつも通りコーヒーを買って事務所に出ておりました。

今シーズンはちょっと遅めの閑散期?という感じで例年より二、三カ月ほどずれて緩めウイークがきています。そんなわけでこの土日もそれほどガツガツ働くわけでなく、次の仕事のテストや準備、資料収集をメインにプレイしておりました。準備だけやっていても1円にもならないわけですが、これがとても重要です。常に仕事に追われてしまうと新しいことなんて全く視界に入らず、下手すると試行錯誤の時間もとれず一発勝負するしかなくなってしまいます。一発勝負となると、失敗できない場合無意識に保守に回ってしまいます。成功するか分からない110点を狙うより、確実な90点を選んでしまう。知ってることの中で勝負してしまいます。そこにはなんの発展も工夫もなく、ただ小銭を拾うだけです。それがずっと続いてしまうと、徐々にパフォーマンスが落ちてしまいます。前回の90パーセントのプレイを毎回やっていたら、いつか限りなくゼロに近いスコアがでるでしょう。その時はもう110点の取り方なんて完全に忘れています。

気持ち的には準備7割、実働2割、改善1割くらいの感覚でいいんじゃないかなーと思います。準備にウエイトを置く。サッカーだって多分そうでしょ。スポーツはもっともっとハイコントラストかもしれません。練習8.5割、本番0.5割、反省1割とか?。もちろん本番が一番大事だと思いますが、当日のパフォーマンスを支えるのは圧倒的な練習でしょう。

今夜はセネガル戦ですね。普段の練習が物を言う戦いになるでしょう。結果が楽しみですね。

働く基準の線を引く、

こんばんは、よしけです。東京は雨の1日でしたね。結構つよめに降っていて外に出るのも一苦労です。雲も厚くどんよりしていましたが夜の19時くらいまでは明るく、日が延びたなーという感じです。遅くまで明るいものだから気がつけば20時、21時とあっという間に時間が過ぎてしまいますね。そんなわけで、今日は事務所にこもり雑務を色々と片付けておりました。

で、日々仕事をやる上で、「どこを基準に、なにを基準にやっていけばいいのか」を考えておりました。これって日々の忙しさにまみれていると忘れてしまうのですよね。ただただ目の前の仕事をこなしていくだけになって、ふと気付いた時に「いったい何と戦っていたんや」ということになってしまいます。僕もそう。きた仕事全部やってやる!稼ぎまくってやる!がむしゃらにやってやってやりまくるぞ!という具合に。。でも、それで?どうしたいの?どうなりたいの?という部分が全然置き去りになっているのです。よくいう目標と目的がごっちゃになっているっていうやつでしょうか。自分の中で何が最も大事なのか?それを見失ってしまうのです。

そこで、いくつかの問いを設けて、それに答えるかたちで「どこを基準に、なにを基準にやっていけばいいのか」ということを再確認していければと思いました。下記に問いを書いたのですが、ちゃんと発表するときはもう少し言葉や内容を整理したいと思っています。まぁ、たたき台ですね。設問Ver,0.6くらいのテスト版です。「会社内で」という条件をつけると、より具体的になると思います。

 

Q1自分のお手本になる人物は誰か、超えるためにはどうすればいいか。

Q2自分が幸せを感じることは何か。

Q3挑戦したいこと、達成したいことは何か。

Q4自分が提供する価値は何か、月にいくら売り上げるか。

Q5誰のため、何のために働くか。

Q6自分がいなくなったら困るのは誰か。

Q7他人からどう見られたいか。

 

これを自分の中で具体的に考えて、「基準」に持っておくという使い方がいいかなと思っています。公表して客観的に指摘されるものでもないと思うので。自分のベースライン、補助線として明確にしておいて、今自分がどこあたりにいるかを確認するイメージです。もう少し考えてアップデートしたいと思います。こういう設問があったほうがいいとか、意見をもらえるととても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業について思うこと、

起業することについての話です。風の噂ならぬ、風の話題でふわっと聞こえたある話題がちょっと気になり、書いてみることにしました。まぁ、チラ裏的な僕の独り言なので、ふわっと読んでもらえたらいいかなと思います。あるブロガーのかたが「税金対策のために開業する」という発言を行いました。これに対し、「違う!起業は社会貢献だ」っていう反応がありました。(ちょっと論点ずれてる感ありますが)そうですね。その通りです。業を起こすことを自己中心的な気持ちでやってはいけませんね。僕もそう思います。まさに理想、教科書通りの回答です。おそらくこの返信を行った人は教科書を読んだことがある優等生でしょう。でもね。教科書を読んだだけでは起業の1%くらいしか理解できないんですよ。実際やってみないと。自分の足で歩いて、その場の空気を吸って、自分の頭で考えて、自分の肌で感じないと。(そんなことを言う僕の方が老害ですね。ごめん。)海図だけを読んだ人間と、実際に航海に出た人間。そこにはとてつもない差が開きます。越えることのできない壁、永遠に理解し合えない溝が生まれます。そして、海図を読んだだけの人間は、航海に出た人間のことを意図しないまま心の中で賞賛し神格化し、憧れてしまいます。「航海に出た人間は何でもできる、神や」と。だから「節税のために起業する」なんて聞きたくないのですよね。そんな小さい目的のために航海に出てほしくない、そう思いたくない。起業することが何かとても素晴らしいことのように考えています。そんなに素晴らしいことでもないっすよ。いいんですよ。まず、自分のために働いて節税しまくればいい。そう僕は思います。節税しまくって金残しまくればいいでしょ。それは誰にも迷惑かけてないしあんたにも関係ないわけです。法律上もおk。社会貢献とか関係ないですよ。個人が幸せになればそれでいいじゃないですか。何のために生きてるんですか。(世界に1人幸せな人間が増えるなら、立派な社会貢献ですけどね)で、その後どうするか決めればいい。そのまま個人の幸せを追求するもよし。でも、人間1人で感じる幸せって限界があって、しかもそれって結構ハードル低いんですよ。その後はやはり人間関係の中でしか幸せを増やしていくことはできないようになっています。1人で遊んでもつまらないですからね。家族を持って養う、社員を雇って仲間を幸せにする、商圏やエコシステムをつくる、コミュニティをつくる、村をつくる、街をつくる、国をつくる。その順番ですよ。いきなり社会貢献とか絶対にできないですからね。小さい規模でやってもインパクト無いし、頑張ってそんなことしたら即死ですよ。まず、自分が幸せになればいい。その後だんだん幸せを広げていけばいいんです。そういうのは教科書には書いてないんですよ。#起業しろ。これでいいですか?

 

 

 

 

早寝早起き、

こんばんは、よしけです。今日の東京は一日曇り模様でした。梅雨の時期らしく今にも雨が降りそうな感じで、湿度も高く不快指数アゲアゲでしたね。天気が悪いのは許せても、じめじめはちょっとご遠慮願いたいものです。

 

6月の中旬くらいに引っ越しを終え、1週間ほどが経過しました。新しい新居は思いのほか快適です。旧居から新居は徒歩5分くらいしか離れていないわけですが、3階住みから8階住みとなりそれだけでも環境はがらりと変わりました。1桁階ではありますが、体感は全然ちがうものなのですね。環境が変わるとやはり人間の活動も変わってきます。というか変わらざるを得ない。それを改めて実感しております。変わろう変わろうなんて努力していても変わらない。人間、自分を変えることはとても苦手ですよね。引っ越して環境を変えるのが一番手っ取り早いと再認識しました。まず、朝早起きになりました。今まで10時とかに起きてたのが7時起きです。これだけでも十分に生活が変わりました。そして、本棚を解体して収納が激減したため、紙の本を1/3に減らしました。紙の本至上主義だった僕ですが、ここでKindleが復活を果たしました。やっぱKindleすげーわ、いいよアレ。収納問題は完全に解決しました。環境が変わると、あんなに嫌いだった電子書籍も素直に受け入れられるようになりますね。笑。もう全部電子でいいかも。物理的な持ち物はなんもいらんです。スマホとパソコン、あとは脳みそがあればほとんど事足りてしまいます。イレギュラーなことに対するリソースは常備する必要はありません。その都度解決で全然OK。その方がトータルのコスパは良くなります。額面で考えずに、自分の持ち時間も加味して考えるべきですね。

 

朝は7時に起きて、軽く朝食を食べて支度をして、9時には会社に出ます。弊社の始業は11時ですから、2時間たっぷり自分の仕事ができます。この2時間は集中して頭の回転をフルに使う仕事を片付けようと思います。午前中は頭を動かす仕事、午後は手を動かす仕事をやるということで割り切って進めていこうという作戦です。午前午後で役割を分担してそれ以外のことはやらない、考えない。そうすればもっと効率は上がるんじゃないかなーと思っています。そして、夜はあまり遅くまで会社にいないですぐに帰ります。明日また7時には起きますからね。

 

と、まぁ引っ越しにより生活が改善しそうな兆しを見せていまして、ありがたい限りです。ちょうど今日、先日受けた健康診断の結果が出まして、そこでも「不摂生を改めなされ、規則正しく、良い食事をとりなされ」という旨指の摘をいただきました。大丈夫!これからはちゃんとするから。来年はCランクからBランクに改善することを目標に日々頑張っていきたいと思います。早寝早起き、大事ですね。

 

 

 

 

 

骨抜きのフリーランス、

こんばんは、よしけです。東京は雨。丸一日雨ですね。完全に梅雨のお天気です。まぁ、今の時期はあきらめるしかないですね。ゆっくりとおちついて仕事でもしましょう。静かに仕事に集中できてなかなか良いものですよ。

 

フリーランス界隈に面白い話題が投下されましたね。クラウドサービスのランサーズが10万円の仕事保証ですって。

www.businessinsider.jp

 

試みは非常に面白いと思います。不安定なフリーランスという職業に最低賃金を設けるようなイメージかと思います。副業を始める人や、今後の仕事をどうしようか悩んでいる人たちの背中を押してくれますね。金額は少なくても、一定の収入があるならやってみてもいいかなーと思うんじゃないでしょうか。名前もベーシックインカムっぽくてナウいですよね。クラウドのサービスを運営している側としてはフリーランスの人が増えれば増えるほど儲かりますからね。フリーの間口を広げにかかっているという感じでしょう。まだこれから開始される仕組みですし、どうなるか分かりませんが、動向を見守りたいと思います。

 

僕はは今まで6年ほどフリーランスの期間がありました。フリーになりたてのころは、右も左も分からず、手探りの状態でした。その当時、すでにランサーズのようなサービスがありました。フリーランスが登録して、仕事をつないでもらうサービスです。僕もこれに登録し、、、、、ようと思ったのですが、いろいろ調べると全然良くない。全然良くないよこれ。って感じで登録するのをやめました。今のクラウド的なサービスがどうなっているのかは分かりませんが、当時のサービスは全然良くなかった。何がって、本当に自分がやりたい、やれるような仕事が来ない、安い、条件悪い、それフリーランスじゃなくて派遣でしょ、自分で金額決められない、内容決められない、自由に動けない、交渉できない。ガチガチ。。そして誰も責任とらない。ありえない。仕事じゃなくて、それ遊び、ままごとでしょ。フリーランスっぽいことして遊んでるだけでしょ。

僕が思うフリーランスっていうのは、自分のできること、やりたいことを自分で見つけて自分で提案して、自分で交渉して、自分でつくって、自分でお賃金を回収する。税金も、事務手続きも自分でやる。全て自分の責任の中で自分がコントロールする。自分のやりたいようにやる。それがフリーランスだと思います。僕が思うフリーランスですよ。あくまでね。だから、何かを制限されたり、縛られたり、他人に決められたり、マージン抜かれたりするなんてまっぴらごめんなんですよ。一定額の保証のあるフリーランスって何なんだよ。そんな骨抜きのフリーランスなんて即撃沈ですよ。まったく。低い目標で満足して欲しくない、常に前向き、少し上向きでいて欲しいのです。