代々木ではたらく

これからの働き方を考える

手元にお金しか残らないとやばい、

こんばんは、よしけです。みなさまお盆休みいかがお過ごしでしょうか?都内はいい天気ですね。なんとなく夏の終わりの雰囲気もで始めた感じがあります。今年の夏は天気に振り回された夏でしたが、ようやく落ち着いてくるのでしょうか。

news.tbs.co.jp

今まさに、帰省ラッシュからのUターンラッシュで高速道路の渋滞に巻き込まれている方もいらっしゃるかと思います。みなさんお気をつけて。僕も子供のころの記憶にあります。夏の終わらない渋滞。でも、あれがなんだか悪くない記憶としてあるんですよね。どこか遠くに行ける、いつもと違った景色、家族みんなでまとまった時間を過ごした思い出として残っています。関越トンネルっていう10Kmあるトンネルがあるのですが、その中で数時間におよぶ渋滞に巻き込まれたときの異世界感は特に強烈なインパクトとして記憶しています。どこまでも続くオレンジのライト。今その10Kmのトンネルに入っても、全然長く感じないんですよね。子供の頃って時間がすごくゆっくりだったんだなーと思います。夏休みの40日ってもう永遠の時間に感じましたからね。自由研究とかやりましたよ。毎日アサガオの花を数えたりね。

 

そんななか、僕は相変わらず誰もいない事務所でひとり働いているわけですが、こんなニュースを拝見いたしましたよ。

www.nikkei.com

期間のある契約で働く期間工や、パートさんの募集で追加金などの特典がつく動きが出ているようですね。どういう背景があるのか定かではありませんが、人口減少による働き手の確保の難しさは1つの理由としてあるでしょう。この問題はまだあまり目に見えてきていない気がしますが、この先確実に発生する事項として備えた施策かと思います。あと、少しでも優秀な人間を確保するためにも必要なことなのでしょうね。

 

働き手としても、より多くのお金を得られることに越したことはないのですが、1つ気をつけなければいけないのは、手元にお金しか残らないのはヤバイということです。いくら給料がよくても、その仕事がなくなった瞬間何もできなくなるのでは意味がありません。とくに設備産業はこの傾向が強いですよね。人間より機械が重要っていう。この期間工も2年11ヶ月が満期とのことですが、これマジですか?その後どうなるんですか?僕にはよくわかりませんが、、正社員になれる人ってどれくらいいるんですかね。手放しに正社員がいいかどうかも、まぁ、本人次第ってことになると思いますが。

正社員がよくて期間工が悪いというわけではなく、その中で次に繋げられるものを得られるかどうかが重要かと思います。他に転用できる技術とか、コネクションに優れた人と友達になるとか、誰とでも一瞬で打ち解けるコミュ力とか。何かお金以外で自分の中に蓄積する能力を得られるように動く必要があります。お金は使ったらなくなりますが、能力はいくらでも使うことができますからね。無限に換金できるわけです。特に若いうちは目先のお金よりも自分のスキルを磨いていくことが大切です。年齢とともに体力は衰えますから、能力が同じならば当然若い人に仕事が行きます。そうなると、どこかのタイミングで詰んでしまいますからね。能力あげることにまずポイントを振って、いい感じに仕上がったところでお賃金を回収していけばいいのかなーと思います。その方がトータルの歩留まりは良くなると思います。その間もすこしづつ能力にポイントを振ることを忘れなければ、どこかで詰むこともありませんね。

 

ここまで書いたところで、弊社の社員に「お金以外の能力」をつけることができているのか?と自問しました。少なくとも弊社は自らの手で新しいものを生み出す必要がある業種なので、1人1人の中に自立する力が蓄積し続ける環境であるとは思います。この要素をさらに伸ばすとともに、自ら考えたことを世間に問える力、その結果を受け取り、次に活かす力が自然とついていく環境を加速させていこうと思います。結果を次に繋げる力があれば、無限のサイクルを回していけることでしょう。

 

 

 

 

〇〇になりたい!、

こんばんは、よしけです。もう全然毎日更新から遠ざかり、まぁ気が向いたら更新となっております。日記はやはり毎日書かないと意味がないなーと思いつつ。一度書かない日ができてしまうと、なかなかデイリー更新んに戻すのが大変ですね。致し方なしです。

さてさて、今日の東京は2、3日前の台風の風もおさまり、よく晴れております。弊社は代々木公園に近い立地のため、セミの声がよく聞こえます。世間様はお盆休みに入った人も多いいとみられ、都内は普段と違う場所や時間で混み具合が変わってなんか街が変な感じがします。タクシーの運転手さんも苦笑いしておりました。なんだか年々メジャーな連休時にちゃんと休む人が多くなっている気がしますね。それはそれでいいことなのですが、ガツガツした人が少なくなっていくのかなーという謎の寂しさもあります。弊社もこの11日(土)から一週間、夏休み進行となっており、社内は静かなものです。僕は仕事ふくめ、事務処理などいろいろやることがあり、ほとんど毎日出社する予定です。まぁ、誰もいない事務所っていうのもいいものですよ。冷静に自分の仕事ができますね。

 

いきなりの話題ですが。自分にあった仕事ってなんなのでしょうかね。よく聞く話で「自分がやりたいこと」と「自分ができること」は違う。というものがあります。この職業がやりたい!と思ってもできないことがあるということなのでしょう。え、でもやりたいと思ったんだよね?なんでできるようにしないの?とも思いますが、向き不向きというものもあるということでしょう。適性がないというか。

例えば、僕がマラソンの選手になりたいと思っても、生まれつき肺活量がめちゃくちゃ低い場合。これは明らかに適性がないです。でも、その状態で僕がマラソン選手になりたいと思うのかなー?と疑問なんですよね。「〇〇になりたい!」っていう気持ちって、その分野で褒められたり、人よりできたり、何かいい思いをしないとそう思えないと思うのですよ。それがない状態で自分から「〇〇になりたい!」って思わないんじゃないかなーと思います。

そんなわけで、「〇〇になりたい!でも自分には適性がない」っていう人って、何か矛盾している気がして、誰かの言葉を無理やり自分に当てはめているとか、努力しないことの言い訳にしか聞こえないんですよね。やりたいんだったら、やればいいじゃんって。だれも邪魔していないからね。まぁ、全然そういう人を批判する文章にしたかったのではなく、自分が楽にやれることをやっていくのがいいんじゃないのー?と思った次第です。適性がない状態でやっていくのってめっちゃ辛いし、エネルギーロスが半端ないので「〇〇になりたい!」なんてもう思えなくなると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

小田原で新幹線缶詰の巻、

こんばんは、よしけです。久しぶりのブログ更新となってしまいました。1年以上毎日書き続けて、書く癖がついたかと思いきや、仕事の忙しさに負けてしまいました。1週間書かないだけで、ブログへの熱量が急激に冷めて書く癖は完全に抜けてしまいました。なかなか続けることが定着するのは難しいものなのですね。でも、ブログや書くことが嫌いになったわけではなく「書くことが好き」という気持ちは定着したと思います。やはりこうしてたらたらと書きなぐっていくのは楽しいものです。まぁ、気が向いたら書くブログとしてやっていきますよ。

 

で、久しぶりにキーボードを叩いたのは、ちょっと時間がとれたからなのですが。今、熱海から横浜あたりに豪雨が来襲していて、小田原で新幹線に缶詰となってしまったからなのです。東京から名古屋まで打ち合せに来ていた帰りで、まさかの立ち往生。でも、いいですね、パソコンとネットがあればどこでも仕事ができる身なので、何とも思いません。むしろ時間がとれてラッキー。ブログの更新に着手もできちゃいます。こういう行動が限定された場所っていうのは何かとはかどるものなのです。

 

で、(で、で繋ぐの好きですね僕)こういう突発的な事態が、これからの日本では頻発するようになると思うのです。災害も増えるだろうし、いろいろな不確定なことが起き、缶詰になる。自分の力ではどうしようもないことが起ります。そのときのことを考え、最低限の準備をすることは必須になるでしょう。そのとき、どこにいるか。今、そうなったらどうするかをたまに思い出すように考えるといいと思います。地下鉄のホームで、会社のデスクで、コンビニで、道路で、とっさにどこに身を寄せればいいか、周りに何があるのか。ちょっとだけ考えてみるといいとおもいます。僕はたまにやります。今、地震が来たらあの影に入ろうとか。柱にくっついたら安全かな?とか。考えます。

 

3.11の地震のとき、僕は半年くらい鞄の中にノコギリを入れていました。(まぁ、ノコギリだけでなくいろいろ入っていたのですが)常時それって結構ヤバいやつだとおもうので、水だけでも常時入れておくといいと思います。水はいろいろ使えますからね。食事はできなくても、水があればしばらく生きていられますし、手を洗ったりもできます。そんなわけで、僕は常時未開封の水を鞄にいれています。きれいな水が手元にある。それだけでも安心感がありますから、有事の際に慌てないですみます。まぁ、水があるくらいではどうにもならないことが発生することがあるかもしれませんけど。その時はその時ですね。

 

 

 

 

 

 

 

今日のこと、

こんばんは、よしけです。ここ二週間ほどとんでもない仕事量になってしまいました。長期的な大型案件が走り、中型案件が複数走り、過去の改定なども何本も走って、それらが全部並走しているという凄まじい状況。さすがにまいりました。また、良かれと思ってやってきたことが裏目に出たりして、なかなか辛さのある日々です。やはり僕は一人なんだな、、と孤独も感じます。最初から孤独ですから。再認識するだけではありますが。これを乗り切ったらいいことがきっとある、そう思いもしますが、もういい大人です。この先のことはちょっと見えてしまったりもします。怖いですね。まぁ、今日はこうやってブログを書いて、みなさんと話ができたので、よかったです。また明日です。

1つ1つ地道にやるのはいいことなのか?、

こんにちは、よしけです。東京はすごい湿気で、南国のような感じになっております。台風が過ぎても雨は残り、そこに8月前の日差し。建物と外を行ったり来たりするだけで、メガネ曇りまくりです。街が洗われて綺麗ではあるのですけどね。なかなか不快指数の高い日曜日です。今回の台風は関東あたりから上陸して、西の方に移動していくという珍しい進路をとっていますね。水害、酷暑、ときて迷走台風。今年の夏は荒れていますね。これからが夏本番ですし、まだまだ何か起こりそうな予感がしますね。みなさんもくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

弊社の夏仕事は、裏方準備で動くことが多いいのでだいぶ落ち着いてきました。裏方は夏の早い段階で完了しなければならないため、7月末くらいでほぼほぼ終わりが見えてくるのですよね。8月にもなれば、わりと平常モードで仕事ができるんじゃないかなーと思います。今年の夏仕事はブログを休むしかなくなるほどの激務となりました。本当は僕が激務になっていてはいけないのですが、、やるしかない。そういうことはたくさんあります。なかなか歯がゆい思いもしますが、1つ1つ地道にやれることを重ねていこうと思います。

 

でもこの「1つ1つ地道にやる」ってあっているの?と思うことがたまにあります。

 

レベル1からレベル10までの仕事の難易度があるとして。基本的には最初はレベル1をやっていきます。そしてレベル2、3、4と徐々に上がっていくのですが、これはレベル1から1つづつあげていくために毎回ものすごい力が必要なのですよね。階段を上がっていくような感じで、毎度負荷がかかる。で、ちょっと違うのは1から2っていうのは比較的簡単なのですが、3から4っていうのはかなり大きな力が必要になったりします。ゲームでもよくある指数関数的に経験値が必要になってくるみたいな感じですね。調べて、交渉して、調整して、調達して、作って、配布して。毎回新しい未知のことが発生して、とてもしんどい思いをするんですよ。

でも、これ、レベル1をクリアした後、いきなりレベル10をやってみるとどうなるかというと、まぁ当然できないわけですね。ただ、そこにつっ立ってることしかできないかもしれません。でも、レベル10の世界を見ることができるわけです。レベル10では何が起こっていて、何が必要なのか。失敗したとしてもその情報が手に入ります。これがとても重要なことだと思います。実は全然失敗していない。超貴重な情報を持って帰ることができます。そのレベル10を10等分して、レベルごとに割り振れば、各レベルでどんなことが起こるか、何が必要か、だいたい想像ができます。分からなくてもいい。なんとなく見当をつけるだけで、それが目盛りの役割をして、今、上か、下か、どこにいるのかわかります。地図を持って旅をするようなものですね。

レベルを1つづつあげて、毎回未知のことが起こって右往左往するより、めちゃくちゃ楽なはずです。だからどんな業界でも、まずレベルの高いものを知ることはとても重要だと思います。1つ1つ地道にやるのも大事ですが、たまには飛んでみるのもいいなーと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

サブウェイがすごい、

こんちは、よしけです。先日久しぶりにサブウェイにいきました。で、ちょっといいなと思った話です。

多分人生で2回目のサブウェイ。サブウェイっていうのはカスタマイズできるサンドイッチがメインのカフェで、ちょっと前にネットで話題になっていたお店です。知っている人も多いかと思いますが、サンドイッチのカスタマイズがバリエーション豊かすぎて超面倒臭いっていうやつです。僕もそのサンドイッチのカスタマイズが面倒で、1回行ってもういいやと思った1人です。あまり長時間いないカフェで細かいカスタムはやりたくありませんし、お店が考えるうまいサンドを出してくれればそれでいいのですよね。カスタマイズあまり覚えていませんが、サンドするパンの種類、野菜、ハムとかそういうのを全部決めていかなければならなかったように思います。面倒です。打ち合せ前の仕事モードの頭に、よけいな情報を入れたくありません。

 

その日も打ち合せ前の時間調整と資料確認のために、街をうろついていました。お昼ちょい過ぎだったためにどこのカフェも満席で、結局サブウェイしか空いていませんでした。仕方なく入店。僕の前には主婦的な女性とその娘。5、6歳でしょうか。カフェによって客層がずいぶん違うものだなーと考えていると僕の順番がきました。店員さんが僕にいきなり「ドリンクだけのご注文でしょうか?」と聞きました。僕はびっくりしました。なんでわかるねん!。サブウェイといえばカスタマイズが面倒なサンドイッチが売りのお店です。ドリンクだけなんて邪道な選択のはず。店員さんは疑いも無く「カスタマイズが面倒なサンドイッチファンの人が来たと思って接客する」と思い込んでいました。が、僕の注文をぴたりと当てたのです。す、すげー!サブウェイ。やるやん!。と思いました。僕の出で立ちを見ただけで、ドリンクの人だと分かったのでしょう。それも、コーヒー系のコールド。長年の経験というやつで、雰囲気だけで客の求めているものを判断する。まさに職人技という感じ。これぞ人のなせる技です。あったかい接客というやつですね。スタバでもこんな接客されたことありません。ありがとうサブウェイ。みなおしました。

が、、ですね。これ、機械でもきっとできるんですよね。その店員さんがどうやって僕がドリンクだけの注文なのか判断したかというと、おそらく、「ビジネス風」「いそいでいる風」「外は炎天下」「汗かいてる」「パソコン持ってる」「昼ちょっと過ぎてる」「一人」とかとかですね。店員さんはこれをいちいち判断しているのではなく、雰囲気的にドリンクだけだなーとなんとなく思っているんですよね。長年の接客で習得するわけです。でもこれらを1つ1つ分解して、判断したらロボットにもできちゃう。しかもロボットには体温や心拍数とか行動履歴とかいろいろ加えてもっと細かい判断もできてしまうでしょう。あったかい接客なんて一瞬で機械にも真似できますなこりゃ。初回から常連さんですよ。

 

 

 

 

気の向くまま、

新幹線の発車ベルが鳴なるのとほとんど同時に、冷たいおにぎりを口に押し込んだ。こうやって「物語の途中からいきなり描き始めるのも一つの手だよ」と、小学校の頃に教えてもらった気がする。終電間近の新幹線に乗って、1人にならなければブログの更新すらできない、スーパー激務の1週間だった。1年以上休みなく続けてきたブログは、少し仕事が重なっただけであっけなく更新が止まってしまった。どんなに苦しくても、時間がなくても、その日にあったことを記したかった。どんなに短い文章でも、稚拙な文章でも、その日の気持ちはその日にしか書くことはできないから。それを大切にしたかった。でも、「書けない」っていう態度もまあそれもブログだよね、って言う思いもあり、甘んじて受け入れることにした。

激務はようやく山を越え、また毎日ブログ更新の日々に戻ろうと思う。やはり、毎日こうやって考えを文字にして吐くのは精神衛生上とてもよい。ブログに何かを書くというのは、理解者と会話するくらい充実した時間になる。開けてしまった1週間の穴は、記念碑的に開けたままにしようと思う反面、埋めてこそ我がブログだという思いもある。まぁ、好き勝手にやるのがここの良さだから。気の向くままにやっていこうと思う。また明日からもよろしくお願いします。

 

明日は地方都市で早朝から仕事。そのために今夜は移動に費やしているというわけだ。移動っていいよな。移動。相対性理論によれば移動することでアンチエイジングが図れるらしい。それにアイデアも浮かびやすい。移動っていいよな。移動好きだわ。