代々木ではたらく

これからの働き方を考える

つぶしがきく職業、

つぶしのきかない職業って何だろうか。

 

調べてみると、

銀行員、保険、警備員、地方公務員、インフラ、出版、、、と出てくる。

これは親が望む、子供に就職してほしい職業なのでは?と思う。

親、大丈夫か?

 

僕が高校生の時、なりたい職業は、

ゲームクリエイター」だった。

親にも相談していたが、とても反対された。

「そんな職業つぶしがきかない」

「40歳、50歳になったときどうするの?」

という反応だった。

 

銀行員にでもなれというのか?

東芝やシャープの正社員になれば喜んでくれるのか?

東電とか、電通もいいんじゃないかな。

 

実際のところ僕は、ゲームクリエイターにもならず、

東芝にもシャープにも入らず。

自分が想像していた未来は全く来なかった。

 

「つぶしのきく」とはどうい状態をいうのか?

親の言う「いい会社」に入っても、そんなものは手に入らない。

 

どこの会社にいようが関係ない。

どんな職業についていても関係ない。

 

常に柔軟に、常に勉強し、

新しいことを受け入れて、変化していく。

そういう考え方こそが、

「つぶしがきく」ということだ。