代々木ではたらく

これからの働き方を考える

インセンティブ計算について、

僕がいる業界は、規模を大きくすることが難しい。

 

職人的な感じで、1点づつ受注して、全てオリジナルでつくる。

インターネットで不特定多数にばらまける恩恵があまりないのが痛い。

在庫的なものや、仕入れにあたるものがかなり少ないのがいいところだが、

そのぶん人的なコストが大きい。

個人のスキル、仕事時間が仕上がりに大きく影響するためだ。

発展させるためには、個人の力がとても重要になってくる。

 

個人へのリターンを最適化するために、

うちでは基本給+インセンティブで給料が変わる。

取締役よりも給料が高いことが多々ある。それで良い。

というよりその状況じゃないとまずかったりする。

ある程度稼いでないと、会社的にもいい数字と言えないからだ。

 

細かいことは面倒なので書かないが、

「基本給+インセンティブ」は閑散期には大きめの赤字になる。

そこは繁忙期とのバランスであり、会社に所属するメリットとして提示している。

 

 

インセンティブの中身も、少し考えてある。

内容が「計画+実働」に分かれていて、「計画」の方が少し率がいい。

1人で「計画+実働」すると、総取りで一見良いのだが、

「計画」だけやって「実働」を人に任せると得するようになっている。

 

「計画」は頭が必要だが、それほど時間消費が少ない。

頭をつかえばたくさんの案件をこなすことができ、数字が良くなっていく。

効率的にやればやるほどよい評価になるという形。

会社としては思考の部分を評価し強化していきたい考えだ。

当然、インセンティブ計算のため、案件ごとの収支を社員に全て開示している。