代々木ではたらく

これからの働き方を考える

プロフェッショナルの仕事、

今夜は京都にいる。

 

プロフェッショナルの仕事

海外に比べ、日本はサービスがすばらしいとよく話題になる。それは時に、過剰なほど。先日電車が20秒早く発車したことに鉄道会社が謝罪した。それが海外のメディアで取り上げられた。真面目の域を越えている、、と。さすがにこれはやりすぎだと思う。だが、その反面、バカ真面目すぎて愛せる。とも感じる。疑いの余地がないというか、自分の間違いを「間違い」と認識してきちんと謝罪できることはとてもすばらしいことだと思う。これをプロフェッショナルの仕事だというのはちょっと誤解を招きそうだけど、1点の妥協も無いという意味でやはりプロフェッショナルだと感じる。こんな綿密なサービスを日々受けているのだと気づかされた出来事だった。

 

京都の仕事、 

今日は休暇をいただいて、京都に来ている。紅葉シーズン真っ只中。葉の色が緑から黄色、赤まで一本の木のなかでグラデーションしていた。

京都にはプロフェッショナルの仕事をする人たちがたくさんいるというイメージがある。京都には神社やお寺が多く時代を超えてプロフェッショナルの技が受け継がれている。装飾や彫刻、その仕事を参拝させていただいた。中学校の修学旅行以来だ。

 

そして、僕たちが大好きな任天堂がある。任天堂のゲームは本当に細部にわたり気を使ってつくられている。古いゲームであってもその「遊び」は色あせない。いつやっても「楽しい」と感じさせてくれる。古くならない面白さの成分がどのゲームにも乗っている。それは多分、アクションだったり、画面のナビゲートだったり、レスポンスだったり。1つづつの要素はとても細かいものだと思うのだけど、全体に影響を与える要素のため、効果は大きく、最終的な完成度までも決めている。そういう1つ1つの細かな積み重ねが長く楽しめるゲームができているのだろう。

 

お金をいただくこと、

自分は日々の仕事の中で、そんなプロフェッショナルの仕事ができているのだろうか?毎日の忙しさにまぎれて、適当になっているんじゃないか?きちんと俯瞰して見ることができているのだろうか?

旅館の中でもプロフェッショナルとしての細かな仕事を感じた。お客さんが到着したときの挨拶だったり、部屋への案内、料理を出すタイミング、様々な気遣い。1泊するだけで宿泊費は数万円かかる。お客さんに高いお金を出してもらえるサービスを提供することがどれだけ大変なことなのか。また来たいと思えるサービスにするためにはどれだけの努力が必要なのか。旅館の仕事を見せてもらいながら考えていた。自分の仕事はその金額を出してもらうのに値しているのだろうか?

 

京都の旅は、プロフェッショナルとしての立ち振る舞いを改めて感じさせる。

明日も1日京都をまわる。