代々木ではたらく

これからの働き方を考える

東海道新幹線の遅延について、

不測の事態が好き、

 

日曜日は大阪の日です。今日は品川駅から新幹線に乗ることにしました。東京駅から乗るより効率的かもしれなと思ったからです。時刻は17時30分、品川駅で新幹線のチケットを買います。10分後発車、窓際の指定席、いい席が取れました。その時僕はちょっと不思議に思いました。東京始発だし、近い時間でいい席は取れないだろうと思っていたからです。改札まで歩き、その理由が分かりました。

 

東海道新幹線は、静岡あたりで発生した停電により、運転を見合わせていたのです。運転再開予定時刻の目処は立たないまま。新幹線の改札口は人であふれていました。

 

1時間ほど遅延した時点で運休は無しとのアナウンスがあり、上り線が再開しました。そのアナウンスを聞いたとたん、改札前で止まっていた人たちがぱらぱらと移動を始めました。改札内に入って行くひとも多くいました。運休は無いのなら、いつか新幹線に乗れるという見込みがついたのです。明確なアナウンスは人を動かしますね。

インチェックの事件を思い出しました。返金を保証します、と言い切ったらみんな安心しました。どんなアナウンスであれ、明確にすると人を動かすことができますね。

 

僕も動きました。駅の中で食事を済ませて、今夜もビールをいただきました。仕方ないですよね、新幹線動かないんですから。品川駅には美味しいクラフトビールを飲める店があります。TAMEALSというお店です。コンパクトなお店ながらスキレットで熱々の料理が食べられるようです。今日はビールだけ。このお店、クラフトビールの種類がとても充実しています。いいですね!そのなかでひときわ春らしい、「華ほの香 豊香ルビーエール」を発注しました。京都のお酒です。7%とアルコール度数は少し高め。ルビー色のとっても綺麗で味もしっかりした美味しいビールでした。

 

そうこうしているうちに、1時間40分遅れで新幹線の運転が再開したようです。良かったですね。変電所の一部を停止させて復旧作業。事態確認から再開の安全確認まで、1時間あまりって早すぎでしょ。凄まじい優秀さに日本のインフラは支えられておりますね。感謝しかありません。本当にありがとうございます。

まあ、こういう不測の事態が起こった時、一般人はまずビールですね。慌てても泣き叫んでも状況は変わりません。ますばビールで復旧を待ちましょう。クラフトビールがあればなお良しですね。

 

自分で時間をコントロールすると、全てパズルのようにギチギチにつめてしまうので、こういった誰のせいでもない遅延はちょっと嬉しいのです。自由に使える時間をいきなりもらえたような感じです。

 

さて、新幹線の時間まで本屋さんにでも行って待つことにしましょう。