代々木ではたらく

これからの働き方を考える

桜はギャップ萌え、

「萌え」って2000年代の死語ですかね?

今日の東京はとてもよく晴れて気持ちがよい日でした。都内の桜は今一番いい状態じゃないないでしょうかね。8分、9分咲きくらいでまだほとんど散ってません。日曜日でしたから、お花見やお散歩にいった人も多いんじゃないでしょうか。近所のカフェが人であふれていて入りづらく、本日のベーグルはあきらめました。僕は朝から打ち合わせで、都内をふらついておりました。ビルの間からチラッと見える桜がいいです。ふんわり柔らかな桜の色と花びら。それに対してビルの硬い質感と直線。それが交差して立体的に通り過ぎて行く感じがなんとも言えない美しさを感じます。それに、黒い幹にあんな繊細な花が直接咲くスタイルですから、そこにも強いコントラストが生まれます。ギャップ萌えですね。美少女がロボットにのってる感じです。

どこか公園とかでどーんと開催するお花見よりも、都会のビルの隙間で咲く、桜の前をさらっと通り過ぎるくらいの方が僕は好きです。君もがんばってるな、僕もがんばるよ。って感じです。春はいいですね。すべてに新しさを感じます。

 

今日は日曜日、週末の大阪行きの日です。いやいや、1週間早すぎですね。今週は一瞬で過ぎ去りました。今週あった出来事は何も覚えていません。水曜日休みだった?それ先週?全く記憶がありません。時間の管理が全然なっていませんね。正気にもどるのは、週末の大阪タイムだけです。毎週どんなに忙しくても大阪の時間は確保しています。

どうやれば時間の管理が上手くなるのでしょうか?だいたい、仕事や、やらなきゃいけないことをやった後の残り時間を睡眠や遊び、自分の時間にあてているかと思います。僕もほとんどそう。でも本当は逆にしなければいけません。やらなきゃいけないことは、何があってもやるので、どうせ、結局、やるのだから、後回しにしてもやります。まず、自分の時間を確保して、予定を立ててから、やらないといけないことをはめていくべきです。そうしないと、全部できません。せっかくならやりたいこと全部やりたいじゃないっすか。それなのに、仕事とかを先に入れてしまうと、無限に膨大になっていきます。時間があればあるだけふくらみます。時間があればあるだけ無限にだらだらします。だから、まず、自分の時間をキープしてから、仕事の時間を決めます。仕事の時間が少なければ少ないほど生産性はあがります。ケツカッチン作戦です。終わりがあれば、終わるものです。クオリティ低くてもいいじゃないっすか。次は同じ時間でも質が高まりますよ。じょじょに短時間でも質が出せるようになります。

 

お金の管理と同じですね。まず、投資とか貯蓄分を確保して残りで生活するってやつです。「あまったら貯蓄」とか言ってたら、一生お金はたまりません。

 

そんなわけで、四月からブログに当てる時間を確保しないで暴力的に活動しようと思います。