代々木ではたらく

これからの働き方を考える

本屋さんだいすき2、

こんばんは、よしけです。夜が気持ちい季節ですね。土曜日の夜、みなさんいかがお過ごしでしょうか。昼間が暑くなってきたので、夜の涼しさが気持ちいいです。梅雨前のこの時期、さわやかで過ごしやすい、貴重な時間ですね。

 

僕は今日は事務所の掃除をしてほぼ1日が終わってしまいました。休日の誰もいない事務所が僕は結構好きだったりします。少し仕事をして、夜は新宿の本屋さんに行ってきました。電子書籍の導入も失敗に終わりまして、相変わらず大型書店をリアルスクロールすることに精を出しています。特定の本を探しにいくというよりは書店内を適当に歩いて、面白そうなものを適当に読んで、ちゃんと読みたいなーと思うものがあったら適当に買っています。この適当が許されるリアル書店が僕は大好きです。電子辞書よりも、分厚い辞書や大きくて重たい図鑑とかを適当に眺めるのが好きでそれに似ています。適当に眺めていると、自分の目的以外のものが見つかったりします。

電子はピンポイントで調べるのは向いていますが、新しい発見はありません。インターネットもそうですが、ベースが検索である以上、自分が知ってるものしか見つからないわけですね。

 

そんなわけで、今日も1冊の本を入手しました。この本は、行く前から知っていたわけではありません。適当に書店のフロアをうろついて、適当に立ち読みしまくって見つけました。知らなかった本の中身はやはり知らないことだらけで、本1冊読むだけで新しいことをたくさんしることができます。本屋さんって最高ですよね。

 

さてさて、富士そば食べて、きろにつきますよ。みんな、また明日ね。