代々木ではたらく

これからの働き方を考える

ズボラ服プレイヤーが底上げされる、

こんにちは、よしけです。東京は梅雨明けしてからしばらくたちました。相変わらずよい天気がつづいておりますが、なぜかここしばらく風が強い日が多いですね。台風も近づいているということで、それの影響なのでしょうか。ちょっと外が騒がしい日々です。

 

最近なにかと騒がしいZOZOの発表会がありましたね。ここ半年くらいガンガン知名度を上げてきていたのはここに繋げるためだったのかもしれません。これを皮切りに、いろいろ仕掛けてきそうです。楽しみですね。

jp.reuters.com

ゾゾスーツで採寸した自分のサイズぴったりのビジネススーツを展開するとのことです。ゾゾスーツでゾゾのスーツをつくるって、ちょっとややこしいですが。本物の(?)スーツがフルオーダーで発注できるということで、これはとてつもなく人気大爆発する予感がしますね。ゾゾのぴったりスーツを着ている人が増えると、そのなかでサイズがあっていない他社スーツを着ているだけでダメ感がでてしまう気がします。僕はスーツが嫌いですし、スーツを着る仕事でもありませんが、自分のサイズに合うスーツっていうだけでちょっと欲しいですもん。

なんでビジネススーツが嫌いかと言えば、着心地が悪いから、動きづらいから、高いから、何を買えばいいかよくわからないし、お店に行って店員さんとあれこれ話をするのの面倒くさいから、というのが結構大きな理由だったりします。考えただけでだるい。でも、今上げた全てのマイナスポイント全てゾゾのビジネススーツが解消してくれるってことですよね。ゾゾスーツ半端ないって、できひんやん普通。

みんな、自分にぴったりあった服を着られる。そんな世界がこれからの普通になるわけですが、え??今までそうじゃなかったの??って逆に不思議な感じがしますね。みんな適当なサイズの服を着ていたってことですかね。僕もそう。適当に服を買っていました。本当に。「お母さんが買ってきてくれる服」っていうブランドをずっと着ていましたし。さすがに一人暮らし以降はそうじゃなくなりましたが、一人暮らしとなるとさらにひどい衣事情でした。無頓着もいいところ。ゾゾの中の人のおかげで、僕みたいなズボラ服プレイヤーが底上げされ、きちんと服を買える人口は激増することになるんじゃないかなーと思います。お客さんも喜び、ゾゾも喜び、アパレル業界も喜ぶ。三方よしですね。まぁ、しばらくは他のスーツ屋さんはたまったもんじゃないでしょうけど、長期的に見れば業界の間口は大きく広がったことでしょうね。すごい企業です。問題を発見して、解決しつつみんなを喜ばせる。簡単そうで超難しい。それが本当にできている企業ってなかなか無いと思いますね。