代々木ではたらく

これからの働き方を考える

近況雑記、

こんばんは、よしけです。今日の東京はとても暑かったです。本格的に夏が始まった感じがあります。学生さんはもう少しで夏休みですね。羨ましい限りです。

弊社は相変わらず本業のほうがバタバタで、連日打ち合わせが山盛りな状況です。この時期、昼間の打ち合わせは暑くてとてもしんどいので、789月は夕方か夜に打ち合わせをやることにしたらどうでしょうかかね。そのままビールコースに展開すれば消費にも繋がりますよ。

 

西日本の豪雨もようやく収束に向かいそうです。観測史上最強とはいえ、これからはこの規模の災害は常に念頭において雨季対策を考えねばいけないですね。

また、豪雨と並行して報道されていた、タイの洞窟に閉じ込められていた13人ですが、全員無事に救出されましたね。ワールドカップが終わる前に戻れて本当に良かったです。救出はとてつもなく難しいミッションだったとことでしょう。チームの判断、決断がバッチリはまった結果ですね。本当にすごいと思います。早速映画化が噂されているようで、おいおい早くねーか?と思いますが、熱いうちにという感じなんでしょう。もし映画化するなら、災害救出のケーススタディとして後学に役立つような作品になるといいと思います。物語やドラマ、お涙は無限にある他作品に任せて、危機に対する具体的な作戦や判断のプロセスを提示して災害対策映画として1ジャンルの走りとなってほしいなと思います。この奇跡的な経験値、アイデアを広く伝えるような映画ならみたいなーと思います。